【80'sアイドル】あなたの好みはアイドル歌手?バラエティータレント?松本明子のすべてに注目!
2016年9月27日 更新

【80'sアイドル】あなたの好みはアイドル歌手?バラエティータレント?松本明子のすべてに注目!

80年代にアイドル歌手としてデビューし、沈黙の2年間経てバラエティータレントとして復活するまでの栄光と挫折に注目!アイドル歌手を志望した16歳の少女があの事件で学んだこととは?松本明子特集スタートです!

3,434 view
セカンドシングルはまだアイドル路線をしっかり走っているように思いますが、3枚目のシングルくらいから松本明子というタレント性が出てきています。アイドルとしてはオープン過ぎるという感じですね。すっかりバラエティー向きアイドル歌手という雰囲気が漂っています。

夏色のギャルソン

1984.06.10リリースの3枚目のシングル曲
スタ誕から出てきたアイドルとして活躍することが約束されていたかのようにデビュー曲をリリースしましたが、オリコンチャート最高位が131位とヒットに繋がりませんでした。
次曲の「キャラメル・ラブ」、3枚目のシングル「夏色のギャルソン」から4枚目のシングル「この恋いけませんか」をリリースするまである事件を巻き起こし時間が空きました。

仕事0からの救世主はあの人

なんとかアイドル歌手として活躍して行きたい松本がアイドルとしてではなく有名になった事件が勃発します。
1984年3月31日放送分でのこと。当日はニッポン放送の深夜番組『笑福亭鶴光のオールナイトニッポン』とのドッキング放送(サイマル放送)となり、『オールナイトニッポン』用のアナブースをフジテレビ第4スタジオ内に設置、オールナイトニッポンはそこから(番組が終了する午前5時まで)放送されていた。
放送禁止用語を言ってしまった瞬間

放送禁止用語を言ってしまった瞬間

放送禁止用語を言えと言われた松本明子はその言葉が言ってはならない言葉だとは知らずに言ってしまったというのが事実なので言ってしまった松本のみが芸能界から干されたという状態になってしまうのは少し可哀そうな気もします。

活動休止を余儀なくされてしまった松本は約2年間仕事がなく路頭に迷う日々が続いていました。その日々から救ってくれたのが、現在は司会業で活躍しているタレントの中山秀征でした。
ABブラザーズ当時の中山秀征

ABブラザーズ当時の中山秀征

「ネエさん、よかったら、俺もいるし、バラエティー班に来ませんか?」
この言葉がなかったら故郷に帰っていたと言っているほど救われた瞬間だったのでしょう。その言葉に動かされバラエティータレントとしての活躍を始めます。

有名なところで準レギュラーとして「オレたちひょうきん族」の後期と言われている1985年以降に出ていたり、ものまね女四天王と呼ばれた「ものまね王座決定戦」、芸能界復帰のチャンスをくれた中山と飯島直子と出ていた「DAISUKI!」、「進め!電波少年」などの電波少年シリーズなどがあります。

バラドルとしての活躍

バラエティータレントとしての活動を開始した松本を一躍有名にしてくれた番組と言えば数々ありますが中でも「ものまね王座決定戦」は有名ではないでしょうか。

同じ時期にアイドルとしてデビューし売れきれなかった山瀬まみや森口博子、井森美幸、松居直美などがバラエティ番組で活躍したくさんの番組などに出るようになっていたこの時期に森口博子、松居直美などが「ものまね王座決定戦」に出演し、その歌唱力に器用さを加算してものまね女四天王と呼ばれるようにもなりました。

ものまね女四天王の1人、森口博子

工藤静香 のものまね

ものまね女四天王の1人、松居直美

アグネス・チャンのものまね

ものまね女四天王の1人、篠塚満由美

欧陽菲菲、テレサテン、桂銀淑のものまね

ものまね女四天王の1人、松本明子

平松愛理、研ナオコのものまね
中でも松本は1989年12月5日に放送された「第6回爆笑!スターものまね王座決定戦」、1990年10月2日に放送された「第22回オールスターものまね王座決定戦スペシャル」で優勝もしています。

実力はあるものの時代の求めるクォリティーに少し何かが足りなかった、もしくはデビューする時期が少しずれていたのならトップアイドルになっていたかもしれないバラドルという新しいジャンルにうまく入った松本の快進撃は止まりませんでした。

冠番組を持つほどの人気

松本明子と言えば飯島直子と吉村明宏の3人でスタートし、後に吉村明宏と入れ替わった中山秀征とた軽快なトークが売りになったバラエティ番組「DAISUKI!」とタレント松村邦洋やチューヤンと顔のみの映像で番組進行をするというスタイルの「電波少年」が広く知られています。
55 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

京都で「特別展 250万りぼんっ子」開始!デビュー作もりぼんだった生粋のりぼんっ子作家は誰?

京都で「特別展 250万りぼんっ子」開始!デビュー作もりぼんだった生粋のりぼんっ子作家は誰?

ミドルエッジ女子必見!集英社が発行する日本を代表する少女漫画誌「りぼん」の展示会「特別展りぼん 250万りぼんっ子 大増刊号」が、京都・高島屋で開催されます。開催日程は、10月30日から11月10日まで。
隣人速報 | 292 view
少女漫画の元祖「キャンディ・キャンディ」の漫画家・いがらしゆみこが期間限定カフェをオープン!!

少女漫画の元祖「キャンディ・キャンディ」の漫画家・いがらしゆみこが期間限定カフェをオープン!!

少女漫画の元祖「キャンディ・キャンディ」の漫画家で知られるいがらしゆみこが、銀座のランドマークのひとつ「GINZA SIX」6Fのプレミアムフードホール「銀座大食堂- GINZA GRAND Premium Food Hall -」にて、期間限定カフェをオープンしました。
隣人速報 | 396 view
バブル期に若者を熱狂させた「学園祭の女王」!!現在彼女たちは何をしているのか?

バブル期に若者を熱狂させた「学園祭の女王」!!現在彼女たちは何をしているのか?

バブル期の学園祭に引っ張りだこだった「学園祭の女王」。現在彼女たちは何をしているのでしょうか?特集してみたいと思います。
「貝殻ビキニ」の武田久美子(51)がセクシー過ぎる水着姿を披露!とてもアラフィフに見えないと話題に!!

「貝殻ビキニ」の武田久美子(51)がセクシー過ぎる水着姿を披露!とてもアラフィフに見えないと話題に!!

80年代に「貝殻ビキニ」で人気を博したタレントの武田久美子(51)が自身のインスタグラムにて、ハワイのビーチで撮影した若々し過ぎる水着姿を披露。とてもアラフィフに見えないと大きな話題となっています。
隣人速報 | 7,084 view
80年代の少女漫画の「ふろく」を特集した「'80s少女漫画ふろくコレクション」が刊行!!

80年代の少女漫画の「ふろく」を特集した「'80s少女漫画ふろくコレクション」が刊行!!

グラフィック社より、80年代の「少女漫画ふろく文化」をビジュアルから一望出来る書籍「'80s少女漫画ふろくコレクション」の刊行が決定しました。発売予定日は2019年10月8日。
隣人速報 | 872 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト