放送禁止騒ぎになったなぎら健壱のシングル『悲惨な戦い』
2017年8月7日 更新

放送禁止騒ぎになったなぎら健壱のシングル『悲惨な戦い』

フォークシンガー・なぎら健壱が、1973年に発表したシングル『悲惨な戦い』。この楽曲は、大相撲における架空の取組を歌ったコミックソングであり、そこそこヒットもしたのですが、相撲協会への配慮として自主規制されるという、不当な扱いを長らく受けていました。

4,934 view

昔はアングラフォークシンガーだった、なぎら健壱

今ではすっかり「『タモリ倶楽部』によく出るオッサン」としてのイメージが強いなぎら健壱ですが、そもそも彼の本業はフォークシンガー。今でも、吉祥寺や横浜あたりで精力的にライブ活動を行っているようで、かつて筆者が住んでいた実家近くの公民館にも、よくこんな感じのポスターが貼られていました↓
なぎら健壱 音楽会 ポスター

なぎら健壱 音楽会 ポスター

『およげ!たいやきくん』のB面『いっぽんでもニンジン』の歌唱も担当していた

当然、若かりし頃は今以上に活発な活動を展開しており、楽曲も数多く残しています。特に有名な曲といえば、1975年にリリースされて空前の大ヒットを記録した『およげ!たいやきくん』のB面『いっぽんでもニンジン』でしょう。
およげ!たいやきくん(1975年12月25日リリース)

およげ!たいやきくん(1975年12月25日リリース)

C/Wには、なぎらけんいち歌唱による「いっぽんでもニンジン」を収録
「いっぽんでーも ニンジン♪ にそくでーも サンダル♪ さんそうでーも ヨット♪」というキャッチーなフレーズでお馴染みのこの数え歌は、当時、子供たちの間で大流行。さぞかし、印税でガッポリ儲けたのかというと、実は、そうでもないらしく、歌唱のみの担当で、かつ、買取契約だったために、たった3万円しかもらえなかったのだとか。もっとも、自他共に認める嘘つきのなぎらの言うことなので、“盛っている”可能性も否定できませんが…。
いっぽんでもニンジン

いっぽんでもニンジン

1973年にリリースされた『悲惨な戦い』

さて、そんな歌手・なぎら健壱のソロワークスにおける代表的楽曲の一つに『悲惨な戦い』というシングルがあります。これは、1973年1月25日にエレックレコードからリリースされた楽曲であり、ジャケットのイラストレーションもなぎらが担当しています。
悲惨な戦い

悲惨な戦い

1973年1月25日リリース
実績としては、オリコン最高位38位で、総売り上げ枚数は15万枚。まずまずのセールスです。しかしこの曲、「相撲協会への配慮」との名目により、「放送禁止歌扱い」となってしまいます。歌詞の内容が「問題アリ」とされたのです。

大相撲の架空の取組みで起こった、ある“ハプニング”を歌った

私はかつてあの様な 悲惨な光景を見たことがない♪
それは10年以上も前の 国技館の話です♪
出典 ”悲惨な闘い”歌詞
このような歌い出しから始まる『悲惨な戦い』は、「雷電」と「若秩父」という架空の力士による対戦を描いています。

この空想上の対戦では、巨貫の雷電と地獄の料理人・若秩父が、ガップリ四つに組み合い、接戦を演じた結果、若秩父のマワシが取れてしまうという、いわゆる、「不浄負け」を喫する姿が歌われているのです。
全く全国3万人の相撲ファンの皆様は♪
意外な事実を知ったのだ♪
でかい体にゃ●●●がつき物だと♪
出典 ”悲惨な闘い”歌詞
…と、“悲惨な戦い”の情景をひたすらコミカルに描写しているのですが、相撲協会からのクレームを恐れた各放送局から、オンエア忌避の対象と見なされ、ながらく日の目を浴びずにいたのでした。
実際の取組でも“ギリギリ”なことはよくあるものです…。

実際の取組でも“ギリギリ”なことはよくあるものです…。

歌詞に登場する取組、及び力士にモデルは存在したのか?

この不浄負けですが、なぎらが『悲惨な戦い』をリリースした1973年以前に、一度しか起こっていません。
それは、1917年の5月場所。男嶌-友ノ山の一番で、男嶌の前袋が落ちたのが、唯一、当時の時点で記録されている「不浄負け」です。参考にするとすれば、この戦いくらいなものですが、何せ戦前の取組であるため、資料に乏しく、なぎらがモチーフにしたとは考えにくいでしょう。

※後に、2000年5月場所で行われた「朝ノ霧-千代白鵬」の取組でも、朝ノ霧が実に83年ぶりとなる不浄負けを喫しています。
31 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

音楽配信サイト"AWA"でミドルエッジがお届けする第三弾!「昭和!?コミック・ギャグソング!摩訶不思議 SONG Best」をご紹介!

音楽配信サイト"AWA"でミドルエッジがお届けする第三弾!「昭和!?コミック・ギャグソング!摩訶不思議 SONG Best」をご紹介!

音楽配信サイト"AWA"で公式プレイリスターとして情報提供しているミドルエッジがお届けする「‘70 ‘80 ‘90 Best」シリーズ!今回はその集大成と言える第三弾!(今回は‘60&00もあるよ!)「昭和!?コミック・ギャグソング!摩訶不思議 SONG Best」に収録した45曲の一部をライナーノーツ的に紹介します。あんな曲やこんな曲、そして電波上聴けなくなった曲まで懐かしむどころか、「衝撃」のラインアップをミドルエッジで是非ご堪能ください。
Your&My | 3,592 view
『ベルばら』大相撲とコラボレーション!オスカルの懸賞幕が土俵を回る!!

『ベルばら』大相撲とコラボレーション!オスカルの懸賞幕が土俵を回る!!

1970年代から人気を集めている少女マンガ『ベルサイユのばら』の最新13巻が1月25日に発売することを記念して、22日まで大相撲一月場所にオスカルの懸賞幕が毎日登場する。
red | 954 view
昭和の事件簿、芸能界のロッキード「大原みどり事件」大原未登里の現在

昭和の事件簿、芸能界のロッキード「大原みどり事件」大原未登里の現在

1970年代に芸能界のロッキード事件と話題になった「大原みどり事件」と昭和の巨額賄賂事件簿。あれから42年、現在も歌手活動を続ける大原未登里さんの画像と動画。
【漫画で格闘技】タイガー・ジェット・シンが新宿伊勢丹前で猪木夫妻を襲撃!ヤラセ?リアル?警察が新日本プロレスを厳重注意!

【漫画で格闘技】タイガー・ジェット・シンが新宿伊勢丹前で猪木夫妻を襲撃!ヤラセ?リアル?警察が新日本プロレスを厳重注意!

1973年に新日本プロレスのタイガー・ジェット・シンが、妻である倍賞美津子と新宿にいたアントニオ猪木を襲撃するという『新宿伊勢丹襲撃事件』を起こす。以降、「因縁の対決」となったタイガー・ジェット・シンとアントニオ猪木について、並木モッズのイラストで振り返る。
並木モッズ | 2,810 view
塩の撒き方にも個人差が如実に現れる大相撲力士あれこれ【小量撒き編】

塩の撒き方にも個人差が如実に現れる大相撲力士あれこれ【小量撒き編】

「塩の撒き方にも個人差が如実に現れる大相撲力士あれこれ【大量撒き編】」の続編だ。大相撲中継をテレビで見ているとやはり、大量の塩を豪快に撒く力士たちの方が人気があるし、注目されやすいが、私の記憶の片隅には、その正反対の力士、すなわち葬式の焼香の際に摘む灰の如く、小量の塩で済ます力士たちもいる。今回はそのような力士たちを紹介したい。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト