サントリー『タコハイ』親しみやすいキャラクターと飲みやすさで愛されたチューハイ
2016年10月1日 更新

サントリー『タコハイ』親しみやすいキャラクターと飲みやすさで愛されたチューハイ

1980~1990年代に人気を博した酎ハイ、サントリーの『タコハイ』。 親しみやすいタコボーイのイラスト、飲みやすいバリエーション豊富な味で愛されたチューハイの誕生秘話や現在も飲めるのかを調査、さらにアニメ『マクロス』登場シーンや懐かしいCM動画を紹介。

12,030 view

懐かしのアルコール飲料(酒)、サントリー『タコハイ』

親しみやすいタコボーイのイラストと、飲みやすい味と価格から大ヒット!
1983年にサントリーから発売されたアルコール飲料『タコハイ』。

『タコハイ』名前の由来や懐かしいCM動画、現在の販売動向。
さらにアニメ『マクロス』ファンならお馴染み『タコハイミサイル』登場シーンもご紹介♪
サントリー『タコハイ』シリーズ

サントリー『タコハイ』シリーズ

1980年代の居酒屋ブーム、酎ハイブームを背景に、サントリーが開発。
最初は180ml缶で販売、のちに容量が上がり200ml缶に替わった。
その後、300mlボトルなど様々なバリエーションで販売されていた。

酎ハイブームから生まれた『タコハイ』

1980年頃、当時は焼酎の製造免許を取得していなかったサントリーは、実際は甲類焼酎の「サントリー樹氷(じゅひょう)」をスピリッツ規格の「マイルド・ウォッカ」と称して販売していた。

そこに、居酒屋ブームと酎ハイブームが到来。
サントリーは、樹氷の消費拡大を狙って『タコハイ』の名称で飲み方を提案し、缶入り飲料『サントリー樹氷 タコハイ』を発売した。
なお、サントリーはのちに焼酎の製造免許を取得し、名称も「サントリータコハイ」に変えている。

なぜ、『タコハイ』の名前になったのか?

1982年に女優の田中裕子を起用して、企画制作されたサントリー樹氷のCM「タコなのよ、タコ。タコが言うのよ。」が放映されて評判を呼んだ。
樹氷をそのまま酎ハイベースにし、『酎ハイ』に対抗し『タコハイ』という名称にした。

「タコ」というフレーズを使った理由として、CMを企画したコピーライターの仲畑貴志は「嫁入り前の年齢になったいいとこの娘さんを持った父親をイメージしていたら、当時の雰囲気と簡潔な表現を求めてゆく内に、結果としてタコに行き着いた」と語っている。

【動画】サントリー樹氷CM 田中裕子(1983年)

田中裕子はタコハイのCMにも出演し、双方ともに大ヒットを記録したこともあり、快進撃を続けたサントリーの1980年代の業績に大きく携わった影の立役者とも言われている。

親しみやすいキャラクターのタコボーイ

『タコハイ』のキャラクター、タコボーイ

『タコハイ』のキャラクター、タコボーイ

缶や瓶に描かれ、CMにも出演していたキャラクター、タコボーイのイラストは「ひこねのりお」作。
一見、人間のような体型をしているが、袖と裾から2本ずつの手足が出ており、計8本とちゃんとタコの手足を再現している。
ひこねの作品は同じくサントリーの「パピプペンギンズ」や「カールおじさん」(明治製菓)など、CMを離れて独立したキャラクターとして支持されるものが多い。
サントリーCANビールのキャラクター、パピプペンギンズ

サントリーCANビールのキャラクター、パピプペンギンズ

松田聖子が歌うCMソング『SWEET MEMORIES』や可愛らしいイラストで話題を呼び、後にペンギンズ・メモリー 幸福物語』として映画化された。

懐かしい『タコハイ』のCM動画

【動画】CM サントリー『樹氷 タコハイ』(1984年)

【動画】CM サントリー『樹氷 タコハイライト』(1984年)

通常7%のアルコールを4%まで下げた『タコハイライト』のCM。
サントリーリザーブウイスキーの後、0:30あたりから。
田中裕子が出演していた時期のCM音楽は、当時まだBOØWYがブレイクする以前だった布袋寅泰が手掛けていたという。

【動画】CM サントリー『タコハイ』(1985年)

レモンライム味を新発売した際に制作された、タコボーイを前面に打ち出したCM。

【動画】CM サントリー『タコハイの素』(1985年)

1985年頃には、あらかじめ味がつけられたエキスに、ソーダを加えるだけでタコハイが楽しめる「タコハイの素」が発売されていた。
味はプラムとレモンライムの2種類。

ライバル、宝酒造の「タカラCanチューハイ」がCMで対抗!

たこ八郎を起用した『タカラcanチューハイ』のCM

たこ八郎を起用した『タカラcanチューハイ』のCM

宝酒造は『タカラcanチューハイ』を手に持ったパンチでボクサー姿のたこ八郎を殴り倒すCMを放送。
『タコハイ』に対する強いライバル意識を表現していた。

『タコハイ』は『チューハイ(酎ハイ)』なのか?

『酎ハイ』とはもともと「焼酎ハイボール」の略。
ハイボールとは日本ではウイスキーをソーダ水で割ったもの(ウイスキー・ソーダ)のことを指すのが一般的であるが、広義ではスピリッツやリキュールをソーダやトニックウォーターなどの炭酸飲料や、フレッシュジュースなどアルコールの含まれていない飲料で割ったものを指す。

前述の通り、『タコハイ』のベースとなる『樹氷』が実際は甲類焼酎の「サントリー樹氷」をスピリッツ規格の「マイルド・ウォッカ」と称して販売していたので焼酎割りと言えるような言えないような微妙な感じである。

また、『チューハイ』という言葉自体が酒税法や業界団体での統一基準がないため、焼酎ベースではなかったり、炭酸水割りではないものもチューハイと称されており、より広範なアルコール飲料を指しているので、この考え方では『タコハイ』も『チューハイ』であると言える。

えっ!アニメ映画『超時空要塞マクロス』にタコハイが登場していた?

テレビアニメ『超時空要塞マクロス』(1982年~1983年放送)の劇場用作品『超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか』に、このサントリー『タコハイ』が登場している。

作画スタッフのお遊びとして、クライマックスで一条輝のバルキリーから一斉発射されるミサイルの中にサントリータコハイとバドワイザービールの缶が混じって飛んでいる(通称「タコハイミサイル」「バドワイザーミサイル」)。
※当時バドワイザーはサントリーがライセンスを取得し、国内で製造販売していた。

このカットの担当者は作画監督補をつとめた飯田史雄。
のちに「やまと」から発売された玩具1/48バルキリーのスーパーパックセットには、これを再現した缶ラベルのシールが付属していた。

「えっ、マクロスの映画見たけど、そんなシーンは無かったよ。」というあなた。
それもそのはず、画面に映るのは一瞬なのだ!

超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか[HD]

5:44~5:45あたりに注目!
それっぽいのが見えたけど、一瞬過ぎてよくわかんなかったという人も多いはず。

そりゃそうですよね。
緊迫したクライマックスのシーンに、バレバレの演出じゃ問題になってしまいますから。
わかる人にはわかるといった匙加減が心憎い♪

では、その「タコハイミサイル」&「バドワイザーミサイル」の登場カットを画像で紹介♪
「タコハイミサイル」

「タコハイミサイル」

缶に描かれたタコボーイのイラストがひょうきんな表情になっている。
「バドワイザーミサイル」

「バドワイザーミサイル」

一瞬すぎて、わかりにくいがこんなにデカかったとは。

未成年による飲酒が話題になったことも…

キャラクター・タコボーイを用いたポップなデザインで、子供がジュースと間違えて飲んでしまう事例を多数引き起こした。
また、そうした事例を悪用して、中高生などによって意図的に購入されることもあった。
購入する店の従業員や警察官から注意を受けた際に、「缶ジュースと間違って…」という言い訳が立ちやすく、実際に味もジュースのようで罪悪感を感じにくかったためである。

それらの結果、『タコハイ』は「これはお酒です」という注意を促す表記が缶に記された最初の製品でもある。
カルピスサワーの記載例

カルピスサワーの記載例

アルコール飲料「カルピスサワー」にもジュースと間違えられないように「これはお酒です」と記載されている。

『タコハイ』はもう販売していないのか?

他社からの競合となる酎ハイ商品が次々と登場したことにより、『タコハイ』は次第にシェアが落ち込み、1999年以降は1000mlボトル『タコハイ1000』のみでの販売となっていた。
最後のタコハイ、『タコハイ1000』

最後のタコハイ、『タコハイ1000』

レモン・赤ぶどう・うめ・グレープフルーツの4種類。
ペットボトルではなく、ガラス瓶容器であった。
さらに、サントリー自身も他の酎ハイ(「-196℃」「カロリ。」「ほろよい」「ストロングゼロ」等)に注力するようになり、『タコハイ』商品は全て製造中止ならびに販売終了となった。

残念ながら、缶でも瓶でも『タコハイ』は現在販売されていない。

タコハイが飲める居酒屋?

サントリーと提携している居酒屋チェーン『やきとり大吉』では、タコハイの名を冠したチューハイが飲み物として提供されている。
スタコ(プレーン)・レモン・ライム・ホワイト・ゆず・りんご酢・いちじく酢の他、赤玉タコハイの8種類。

製法や成分まで当時の『タコハイ』と同じなのかは定かではないが、懐かしい『タコハイ』をもう一度飲みたいという方は是非お試しを。
39 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

お酒人生、出逢いは懐かしの「コークハイ」。

お酒人生、出逢いは懐かしの「コークハイ」。

気温が高くなるとビールが美味しい。といっても、「とりあえずビール」で、1杯くらいしか飲まないけれど、この1杯がうまい! そのあとは今は酎ハイかハイボール。カクテルはほとんど飲みません。最近、お酒人生で初めて飲んだものは何だったかを考えてみましたら、「コークハイ」でした。懐かしい~。ということで、コークハイについて書いてみました。
らびっこ | 1,384 view
【40代の悩み】最近、合コンへ行ってますか?私は…

【40代の悩み】最近、合コンへ行ってますか?私は…

若い頃はあたり前に参加していた「合コン」。既婚未婚に関わらず、40歳を超えてくるとめっきりお声がかからなくなり、最後に合コンへ行った事さえ覚えていないなんて方もいらっしゃるのではないでしょうか。 さて、あなたは「最近、合コンへ行ってますか?」私は…
【傑作CM】「恋は、遠い日の花火ではない。」が中年オヤジの心に染みる <サントリーオールドCM>

【傑作CM】「恋は、遠い日の花火ではない。」が中年オヤジの心に染みる <サントリーオールドCM>

1990年代に放送されていたTV史に残る傑作CM『SUNTORY OLD』の「恋は、遠い日の花火ではない。」。【OLD is NEW】、若かったCM放送当時よりも、中年になった今見ると染みるものがあります。
Mr.Lonely | 16,306 view
飲み会のあとは二次会がセットだったあの頃

飲み会のあとは二次会がセットだったあの頃

昔は、飲み会のあとは必ずといっていいほど二次会がありましたね。というか連れて行かれました(笑)。今は、飲み会自体も減っているようですし、行っても二次会の話しがほとんどでなくなり、カラオケも行かなくなり、寂しいかぎりと思い、書いてみました。
らびっこ | 1,963 view
1982年から1984年ごろ発売された、完全変形の「バルキリー」のおもちゃの完成度の高さに、当時、感嘆した!!

1982年から1984年ごろ発売された、完全変形の「バルキリー」のおもちゃの完成度の高さに、当時、感嘆した!!

1982年~1984年にかけてタカトクトイスから発売された、おもちゃの「バルキリー」。なんと、人型ロボット形態「バトロイド」から、戦闘機形態「ファイター」へ完全変形するのです。当時、その完成度の高さに感嘆しました!!
よっちゃん | 11,790 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト