L'Arc-en-CielのHydeが、セルフメイクの動画を公開!目ヂカラメイクを伝授する!!
2017年2月1日 更新

L'Arc-en-CielのHydeが、セルフメイクの動画を公開!目ヂカラメイクを伝授する!!

L'Arc-en-CielやVAMPSで活躍するボーカリストのHydeが、自身のInstagramで素顔にフルメイクを施すまでの過程を動画で公開し、話題を集めている。Hydeは、器用な手つきで目ヂカラメイクを披露している。

2,950 view

L'Arc-en-CielのHydeが、セルフメイクの動画を公開!!

L'Arc-en-CielやVAMPSで活躍するボーカリストのHydeが、自身のInstagramで素顔にフルメイクを施すまでの過程を動画で公開し、ファンを中心に話題を集めている。
Hyde、セルフメイクの動画を公開!!

Hyde、セルフメイクの動画を公開!!

普段はプロのメイクアップアーティストにお願いしているHydeだが、モノクロの動画には、初めから終わりまでメイクの過程を早送りでセルフ紹介している。基礎化粧品を塗るところから開始し、手際よくメイクをしていHyde。

Hydeの特徴ある目ヂカラメイクは、指でとったアイシャドウを丁寧にまぶし、上まぶたの目尻をハネ上げてつり目風にする。次に目の下に色を足し、器用に目のまわりに陰影をいれる。そして、アイラインを瞳を囲むように入れ、再度、指でアイメイクの微調整をして完成する。
目ヂカラメイクも手際よく紹介するHyde。

目ヂカラメイクも手際よく紹介するHyde。

出典 33man.jp
 (1824330)

出典 33man.jp
そして、動画の最後には、Hydeがワックスを手に取り、ツンツンと毛先に束感のあるヘアスタイルを披露する姿が映し出されている。

Make-up Tutorial

A video posted by Hyde (@hydeofficial) on

これまでナチュラルな素顔のオフショットも人気を呼んでいたHydeだが、この動画でもファンから「すご〜い カッコよくメイクしてますね〜」「綺麗すぎる。。」など絶賛の声が上がっている。
Instagramで、素顔のオフショットを公開した時のもの。

Instagramで、素顔のオフショットを公開した時のもの。

【Hydeについて】
本名:寶井 秀人。
シンガーソングライター。L'Arc〜en〜Ciel、VAMPSのボーカリスト。元P'UNK〜EN〜CIELのギタリスト。ソロではHYDE名義で活動。妻はタレントの大石恵。

身長、体重、生年月日などのプロフィールを完全に隠して活動していたが、音楽雑誌『ROCKIN' ON JAPAN』2002年4月号で生年月日(1969年1月29日)および出身地(和歌山県和歌山市)を公表したことから、L'Arc〜en〜Cielのファンクラブ会報である「LE-CIEL」内でも生年月日を公表。

身長については、インターネット上では156cmとの説が流布されていたが、2012年1月29日出版の自伝書『THE HYDE』の中で161cmだと明かしている。

Hydeに関する記事

16 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

安室奈美恵が引退!アムラーを生み出したカリスマ歌姫の伝説をまとめてみました!

安室奈美恵が引退!アムラーを生み出したカリスマ歌姫の伝説をまとめてみました!

あの安室奈美恵が、公式HPにて2018年9月16日をもって引退することを電撃発表しました。今年デビュー25周年を迎え、地元・沖縄で凱旋公演を行ったばかりでの今回の発表。日本中が衝撃に包まれています。
隣人速報 | 9,418 view
【高音ボーカリスト・邦楽男性編】カラオケで高音ボーカルに挑戦して玉砕!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

【高音ボーカリスト・邦楽男性編】カラオケで高音ボーカルに挑戦して玉砕!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

80年代から90年代、日本の音楽シーンでは高音域を歌うアーティストが次々に登場しました。そして楽曲を聴いて、カラオケで挑戦しては玉砕した私たち。あれもこれも原曲キーで歌えたらどんなに気持ちいいか、なんて思いましたね。そんなアーティストたちの表現する高音域を示しているサイトが「音域.com」。こちらのサイトを拝見し、あの頃によく聴いてよく歌ったアーティストたちの平均高音域をみていきましょう。
青春の握り拳 | 121,639 view
【高音ボーカリスト・邦楽女性編】どこまでも続くハイトーンボイス!カラオケで歌える女性に惚れた!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

【高音ボーカリスト・邦楽女性編】どこまでも続くハイトーンボイス!カラオケで歌える女性に惚れた!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

80年代から90年代、日本の音楽シーンでは高音域を歌うアーティストが次々に登場しました。可聴領域の限界に近いんじゃないか?なんて感覚にすらさせられたハイトーンボイスの数々、カラオケで歌える女性には驚嘆したものです。そんなアーティストたちの表現する高音域を示しているサイトが「音域.com」。こちらのサイトを拝見し、あの頃によく聴いてよく歌ったアーティストたちの平均高音域をみていきましょう。
青春の握り拳 | 99,498 view
『SCARECROW(スケアクロウ)』幻想的な和製メロディーを奏でるヴィジアル系ロックバンド!!

『SCARECROW(スケアクロウ)』幻想的な和製メロディーを奏でるヴィジアル系ロックバンド!!

ボーカルの切なく響き渡る歌声にバックサウンドの存在感が凄いバンドでした。出したアルバムは1枚でしたが、すべての曲において完成度が高く、最後までファンを魅了しました。
星ゾラ | 2,538 view
MR.BIGの最新ライヴ盤に付属している日本盤「豪華特典」が時代の最先端を行っていると話題に!!

MR.BIGの最新ライヴ盤に付属している日本盤「豪華特典」が時代の最先端を行っていると話題に!!

現在好評発売中のMR.BIGのライヴ盤「ライブ・フロム・ミラノ+ジャパン2017オフィシャル・ブートレグ」。この商品は今年2月に亡くなった、パット・トーピー(ドラム)の追悼盤として急遽発売されたライヴ盤ですが、この商品の日本盤のみに付く初回封入特典が、時代の最先端を行っていると話題になっています。
隣人速報 | 84 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト