『SCARECROW(スケアクロウ)』幻想的な和製メロディーを奏でるヴィジアル系ロックバンド!!
2016年7月9日 更新

『SCARECROW(スケアクロウ)』幻想的な和製メロディーを奏でるヴィジアル系ロックバンド!!

ボーカルの切なく響き渡る歌声にバックサウンドの存在感が凄いバンドでした。出したアルバムは1枚でしたが、すべての曲において完成度が高く、最後までファンを魅了しました。

3,386 view

SCARECROW(スケアクロウ)

SCARECROW(スケアクロウ)

SCARECROW(スケアクロウ)

活動期間1987年に結成し、1995年11月4日解散。
出典 pp.vk.me
SCARECROWは、ボーカルのいずみとギターの蜂須賀拓未を中心に結成されたバンドで、東京を拠点に活動していました。
「和製JAPAN」です(あくまでもワタクシの中では)。んーでも、音的にはJAPANよりネガティブだと思います。
聴いていて苦にならずそれでいてしっかりと耳に残る、インストでさえも存在感があります。
特にギターの音は一度聴いたら忘れられません。これはもう天性のセンスだとおもいますが...。
そして、ボーカルの透明な声(とワタクシは感じているのですが)水の様に、ある時は風の様に流れる声。それらに絡み合うベースとドラム。
プログレ、アートフォーク、ノイズ、ニューウェイブはたまたジャズの要素も取り入れて独自の音楽に昇華させていました。

メンバー

 (1703568)

・ボーカル:いずみ(acid screenより『阿部カツ』に変名) SCARECROW→いずみ(ソロ活動)→acid screen→CARVE→A-bee
・ギター:蜂須賀拓未
・ベース:野村輝一 Zin
・ドラム:徳永義幸

発表した作品

1992年7月にデモテープ「My home and mother」でバンド初めての曲が発表されました。
 『My home and mother』

 『My home and mother』

ゴシックロック要素が強い曲でした。
 (1703560)

(side A)
He stood in a field where barley grows
蜃気楼
Race Dance

(side B)
Concrete hole
鎖のついた銀のスプーン
No imagination
 (1703559)

(A面)
1曲目 He stood in a field where barley grows
ピアノが織り成す壮大なスケールのインストとなっています。天空の城ラピュタを何故か想起いたしました。

2曲目 蜃気楼
ヴォーカルいずみの伸びのある声を、まるで楽器のように使った秀作です。砂漠をさまよい雨を待ち詫びる旅人をイメージしました。

3曲目 Race Dance
複雑なリズムを刻むミッドテンポ曲です。段々いずみの声と曲調が激しくなります。中盤の虫の羽音のようなギターの音が印象的です。曲の終盤、転調し曲が激しくなります。(まるで別の曲のようです)いずみさんもシャウトしまくりです。

(B面)
1曲目 Concrete hole
立春時からは想像できない、ポップな感じの曲です。唯一ビジュアル系の面影を残した曲でしょうか。ラルクアンシエルに在りそうなほどポップでカッコいい曲です。ギターソロも入っています。

2曲目 鎖のついた銀のスプーン
恐らく作曲は蜂須賀さんかと思われるインスト曲です。切ない感じのピアノが印象的です。子供が遊ぶときの笑い声などが使われており郷愁を感じさせる曲です。

3曲目 No imagination
全編でベースが印象的でカッコいい秀曲です。サビが呪文を唱えているようです。

4曲目 不明
「ワン、ツー、スリー、フォー」といういずみの掛け声から始まる
謎の曲です。歌詞は同じ事をループして歌っています。
その後、限定300本のCLUBGIO市川で行われた時のLIVE VIDEOを発売。
LIVE VIDEO

LIVE VIDEO

(収録内容)
・蜃気楼
・深海2000m翻車魚~Race Dance
・美娼
1994年にアルバム『立春』を発売。
『立春』

『立春』

(収録内容)
・詩戔の上の日本猫
・きいろ結え
・ニダイ
・鳴り行く雨
・籠
・陽時計と日々記
・美娼
出典 yaplog.jp
このバンドの世界観は「和」ですね。
この「立春」というアルバムには、歌詞は掲載されていないのですが、ブックレットに散文詩みたいな詩が載っています。
それを読む限りでは民俗学的?な感じがして、ある意味宗教(神道)がかった感じも受けました。のちに販売されたプロモビデオには「立春」の歌詞がのった冊子が封入されてました。
それを見ると、やはり純和風で、神がかった詩だなと感じました。
1995年2月に「立春」の全曲ビデオクリップが収録されている『如月 し けふの風やと くらむ』発売。
『如月 し けふの風やと くらむ』

『如月 し けふの風やと くらむ』

33 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

カブキロックスが結成30周年!ギタリスト坂川美女丸にイカ天時代から現在までの活動について聞いてみた!

カブキロックスが結成30周年!ギタリスト坂川美女丸にイカ天時代から現在までの活動について聞いてみた!

「イカ天」でのブレイク以来、歌舞伎をモチーフとした奇抜なメイクで人気を博しているカブキロックス。今年で結成30周年を迎えました。ギタリスト坂川美女丸さんにイカ天時代から現在までの活動についてなど、インタビューしてみました!
1999年7月、世間を熱狂の渦に巻き込んだGLAY伝説の「20万人ライブ」!!

1999年7月、世間を熱狂の渦に巻き込んだGLAY伝説の「20万人ライブ」!!

1999年7月31日に開催された「GLAY EXPO(通称:20万人ライブ)」を皆さん覚えていますでしょうか?
30周年記念アルバム「新青年」発売直前!人間椅子・鈴木研一さんにミドルエッジ編集部がインタビューを敢行!

30周年記念アルバム「新青年」発売直前!人間椅子・鈴木研一さんにミドルエッジ編集部がインタビューを敢行!

ハードロックの最前線で活躍を続けるバンド「人間椅子」。6月5日にはアルバム「新青年」のリリースが決定しています。このたびミドルエッジ編集部は、人間椅子でベース・ボーカルを務める鈴木研一さんへのインタビューに成功!ニューアルバムの魅力や30年間の音楽活動の軌跡について語っていただきました。
JUN SKY WALKER(S)のデビュー日である5月21日が「ジュンスカの日」として記念日に認定される!!

JUN SKY WALKER(S)のデビュー日である5月21日が「ジュンスカの日」として記念日に認定される!!

ミドル世代御用達のロックバンド・JUN SKY WALKER(S)のデビュー日である「5月21日」が、このたび日本記念日協会により「JUN SKY WALKER(S)の日」として、正式に認定されたことが明らかとなりました。
隣人速報 | 664 view
30周年を迎えた人間椅子!新作「新青年」リリースを前に、8分越えの新曲「無情のスキャット」のMVを公開!!

30周年を迎えた人間椅子!新作「新青年」リリースを前に、8分越えの新曲「無情のスキャット」のMVを公開!!

30周年を迎えますます勢いに乗るロックバンド「人間椅子」が、6月5日に30周年記念アルバム「新青年」を発売するにあたり、アルバムのリード曲である「無情のスキャット」のミュージックビデオを公開しました。
隣人速報 | 274 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト