あなたはどれを見てた?スーパー戦隊シリーズ90年代編!
2022年7月17日 更新

あなたはどれを見てた?スーパー戦隊シリーズ90年代編!

1975年のゴレンジャーから始まったスーパー戦隊シリーズ。子供のころ、誰もが一度は見たことがあるのではないでしょうか。今回は90年代のシリーズをご紹介していきます。

456 view

地球戦隊 ファイブマン

 (2408820)

地球戦隊ファイブマンは1990年3月から1991年2月まで放送されました。

こちらは5人が全員きょうだいで教師というのが今までにない設定でした。少子化や教育の崩壊といった問題を考慮してこの設定になっています。とはいえ、主な視聴者は学校に通う前の未就学児なので学校の描写はそれほどありませんでした。きょうだい戦隊ということで今までよりもコンビネーションの技が光っていましたね。

また今までのスーパーヒーローは正体を知られてはいけないのが鉄則でしたが、この作品では教え子や学校関係者など親しい人は正体を知っているというのも新しい試みでした。

その反面、第一回では変身シーンも描かれず謎の戦士のように描かれていて、戦闘も巨大ロボで戦うのみのなっていました。シリーズを通じて異色の始まり方ですね。

1970年代から普遍的に続いているスーパー戦隊シリーズですが、徐々に変化していっているのが分かりますよね。

恐竜戦隊 ジュウレンジャー

 (2408822)

1992年2月から1993年2月まで放送されたのは恐竜戦隊ジュウレンジャー。

前作の鳥人戦隊ジェットマンが、ちょっと変わった設定で大人向けだったため、スーパー戦隊シリーズの王道として作られたのですがこの作品もまたシリーズのターニングポイントになる作品となりました。

ファンタジー性やRPGテイストを前面に押し出していて王道プラスという感じでしたが再びターゲットは子供に戻りました。

また、この作品では6番目の戦士、ドラゴンレンジャーが登場します。今まで5人で1つとして描かれていたシリーズを根本から覆すような形になるため、社内でも秘密裏に進められていたのだとか。6人目の戦士の登場はこの作品のみの予定だったのですが、ドラゴンレンジャーの人気が出たため、この後のシリーズでも登場するようになります。

ドラゴンレンジャー登場から視聴率が上がっていきます。戦隊ファンの大人よりも当時の子供に人気が高かった作品です。

また、アメリカでこの作品をリメイクした『マイティ・モーフィン・パワーレンジャー』という作品が放送されました。

五星戦隊 ダイレンジャー

 (2408824)

バトルレンジャーJを1作目とすると15作目(ゴレンジャーから数えると17作目)となる作品で、記念作品として作られました。

前作のジュウレンジャーはファンタジー要素が強かったのですがこちらはオリエンタルがテーマになっています。ロゴやヒーローのコスチュームからも分かるように中国色が強いです。当時、ウーロン茶が一般家庭に普及するなど中国が身近なものになっていました。

企画段階では「中華戦隊チャイナマン」というタイトルだったのだとか。ダイレンジャーも中国の地名である「大連」から来ているという説もあるようです。技も中国拳法を取り入れたものになっています。

また、今までのシリーズはレッドが絶対的リーダーとして描かれていますがこのシリーズでは5人全員が主役というのが重要視されていて、明確なリーダーはいません。レッドよりもピンクの方が身体能力が高いなど4人を並列に描いています。これも時代を感じますね。

超力戦隊 オーレンジャー

 (2408826)

1995年から1996年まで放送されました。ゴレンジャーから数えて20作目にあたるため、「超世紀全戦隊20周年記念作品」として作られています。この作品も転換期となっていますね。

ダイレンジャーのように5人全員が主役だったり、レッド以外が主役の作品もありましたがこの作品では原点回帰ということで再びレッドが絶対的リーダーになっています。レッドだけが単独で紹介され、他の4人は2人ずつ紹介されるなど差別化を図っていました。時代と逆行しているような感じもしますがこれも特徴的ですね。また、戦士たちはオーレンジャーは神秘的な「超力」を持っています。

モチーフとなったのは古代文明。子供にもわかりやすいモチーフにデザインを落とし込んでいます。

また、スーパー戦隊シリーズではじめてデジタル合成が採用されたシリーズでもあります。

2000年代以降はどうなった?

 (2408828)

スーパー戦隊シリーズはその後も継続し、2022年現在も放送されています。毎年設定も違いますし、これだけのヒーローを生み出し続けるというのはすごいですよね。

ですから普遍的なもののように見えて少しずつ変化しています。2000年代には3人編成+1の4人編成「爆竜戦隊アバレンジャー」が放送されました。6番目の戦士ならぬ4番目の戦士なのでしょうが4人体制は初めてでした。

「海賊戦隊ゴーカイジャー」では石ノ森章太郎さんと八手三郎さんが共同原作という形をとられています。史上最多の10人戦士となる「獣電戦隊キョウリュウジャー」「快盗戦隊
ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」はシリーズ初となるダブル戦隊。「機界戦隊
ゼンカイジャー」は人間1人にロボット4体という構成からスタートするなど様々な変化を遂げています。

すべてのシリーズを見ているという人は少ないと思うので見ていないシリーズを振り返ってみるのも面白いかもしれません。
15 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • ライモン 2022/7/17 21:15

    ここには載って無かったけど、1996年の激走戦隊カーレンジャー、1997年のメガレンジャー、1998年のギンガマンと1999年のゴーゴーファイブ辺りを見てました。カーレンジャーではRVブームとコメディノリ、メガレンジャーはパソコンとかのハイテク化の流れ、ギンガマンは一転しファンタジー物へと変わってゴーゴーファイブはノストラダムスの大予言とレスキュー隊の組み合わせというどれも個性的な作品ばかり。90年代のスーパー戦隊はテーマも多様化しファンタジーやハイテク、シリアスやコメディまでまさにバラエティー豊かになりましたね。

    すべてのコメントを見る (1)

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

ちょっと背伸びして読んでいた!おしゃれでリアルで情緒的な女性漫画家まとめ

ちょっと背伸びして読んでいた!おしゃれでリアルで情緒的な女性漫画家まとめ

最近ではサブカルという言葉も定着してきて、漫画も文化の1つとして捉えられるようになってきました。80年代、90年代から他の漫画とは違う、おしゃれな漫画も増えてきたと思います。漫画のイメージを変える等身大の女の子を描いたおしゃれな漫画家たちをまとめてみました。
saiko | 262 view
90年代『女優のヘアヌードブーム』誰が脱いでいたのか確認しました!

90年代『女優のヘアヌードブーム』誰が脱いでいたのか確認しました!

1991年に始まったとされる女優のヘアヌードブーム。篠山紀信が激写した樋口可南や宮沢りえが火をつけ、数々の名女優がヌードを披露しています。90年代のヘアヌードブームを振り返ります。
とんでもなくカワイイ!90年代アイドルの若い頃の美女っぷり!

とんでもなくカワイイ!90年代アイドルの若い頃の美女っぷり!

女性アイドル好きな方必見!90年代に人気絶頂だった女性アイドルの美女っぷりをご紹介!!宮沢りえや牧瀬里穂、内田有紀、広末涼子らの魅力をとくとご覧あれ!!
【悲劇のナンバー2】全米シングルチャートで1位になれなかった連続2位記録

【悲劇のナンバー2】全米シングルチャートで1位になれなかった連続2位記録

ヒットチャートで、タイミングが悪かったばかりに2位止まりに終わる曲はたくさんあります。しかも、それが何週も連続してとなると、もう不運としか言いようがない。そんな悲劇のナンバー2の中から、今回は、全米シングルチャートで6週以上連続で2位となった曲を、80〜90年代に限定してご紹介します。
izaiza347 | 379 view
平成ギャルに愛された靴下「ルーズソックス」令和で再び流行?芸能人の着用シーンも

平成ギャルに愛された靴下「ルーズソックス」令和で再び流行?芸能人の着用シーンも

1994年ごろから人気に火をつけた「ルーズソックス」は、当時のコギャルたちにとって必需品でした。制服に合わせるのはもちろんのこと、普段着にも取り入れられるほどのアイテム。平成ギャルなら、誰もが着用してたのではないでしょうか。アイスクリームのように可愛いシルエットは、美脚効果もあり、特に女子高生の間では大ブームを巻き起こしました。そんなルーズソックスこと「ルーズ」を、令和の時代で再流行しているとかなんとか。芸能人の方たちも着用して話題になっているようです。では、私たちもギャル時代に戻って「ルーズソックス」を楽しみましょう。
あやおよ | 589 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト