10月1日新宿区に『草間彌生美術館』が開館!水玉が印象的な外観がお出迎え!チケットは事前に要購入!
2017年9月28日 更新

10月1日新宿区に『草間彌生美術館』が開館!水玉が印象的な外観がお出迎え!チケットは事前に要購入!

10月1日、東京・新宿区弁天町に水玉模様やかぼちゃをモチーフにした作品で知られるアーティスト・草間彌生さんの『草間彌生美術館』が開館する。また、入館は1日4回の入れ替え制で、チケットは事前に購入する必要がある。

309 view

『草間彌生美術館』が10月1日開館!水玉模様の外観が印象的!

10月1日、東京・新宿区弁天町に水玉模様やかぼちゃをモチーフにした作品で知られるアーティスト・草間彌生さんの『草間彌生美術館』が開館する。

地上5階、地下1階の建物で、外観の白い水玉模様が彼女らしい。館内は白い展示室がらせん状に連続した構造となっている。館長は多摩美術大学学長で美術評論家の建畠晢さんが務める。

館内には体験型インスタレーションや草間さんのこれまでの展覧会カタログなどを見る事が出来るブラウジングスペースなどが用意され、草間さんの作品にはじめて触れる方にも親しみ易い空間となっている。

同館の最初の展示として『創造は孤高の営みだ、愛こそはまさに芸術への近づき』が開催される。また、入館は1日4回の入れ替え制で、チケットは事前に購入する必要があるので予定をしっかりと立ててからの来館をお勧めしたい。

【草間彌生美術館ウェブサイト】
http://yayoikusamamuseum.jp/
10月22日の14時半からは、館長の建畠さんによる講演会が開催される。開館記念展の中心的な作品である絵画シリーズ《わが永遠の魂》をはじめとした草間彌生作品と、その制作の実際について語られる貴重な機会となっている。詳しくは同館のウェブサイトをご覧いただきたい。

草間彌生 プロフィール

1929年(昭和4年)3月22日、長野県松本市生まれ。

幼い頃から悩まされていた幻覚や幻聴から逃れるために、それらの幻覚・幻聴を絵にし始めた。1960年代を前に渡米し、絵画や立体作品の制作だけではなくハプニングと称される過激なパフォーマンスを実行し、「前衛の女王」の異名をとった。

カラフルな水玉柄が強烈な印象として残る作品が多く、そのポップさから普段アートに対して距離がある方々にも受け入れられている。”アートの島”である香川県・直島に設置されている『南瓜』(1994年)はフォトジェニックな立体作品で、島を訪れた方々の記念撮影スポットとしても機能している。

また、合わせ鏡を用いて光やオブジェを無限に広がるように見せるインスタレーションや、男根状のオブジェを日用品などに張り付ける立体作品も制作している。
草間彌生(くさま やよい)

草間彌生(くさま やよい)

11 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

MoMA Design Store表参道10周年!奈良美智プロデュースのスケボーやダリを思わせる時計が発売!

MoMA Design Store表参道10周年!奈良美智プロデュースのスケボーやダリを思わせる時計が発売!

2007年11月2日にオープンしたMoMA Design Store 表参道の10周年を記念して、日本を代表するアーティストの一人である、奈良美智氏にNYからプロデュースを依頼したスケートボード等を販売する。
世界で唯一キース・ヘリング財団が認定している「第9回中村キース・ヘリング美術館 国際絵画コンクール」が開催へ!

世界で唯一キース・ヘリング財団が認定している「第9回中村キース・ヘリング美術館 国際絵画コンクール」が開催へ!

2009年より開催され、今回第9回を迎える「中村キース・ヘリング美術館 国際絵画コンクール」が開催される。同コンクールは、毎年世界各国から1000点以上の応募がある国際的なコンクールとなっている。本年のテーマは、調和を意味する「ハーモニー」。
『無印良品と明和電機をくらべた展 ナンセンス計測のこころみ』が6月30日から開催!

『無印良品と明和電機をくらべた展 ナンセンス計測のこころみ』が6月30日から開催!

6月30日(金)から 8月27日(日)まで、ATELIER MUJIが『無印良品と明和電機をくらべた展 ナンセンス計測のこころみ』を、無印良品(有楽町 2F ATELIER MUJI)で開催する。
子どもを描き続けた絵本作家・いわさきちひろの作品展が長野・安曇野ちひろ美術館で開催中

子どもを描き続けた絵本作家・いわさきちひろの作品展が長野・安曇野ちひろ美術館で開催中

長野・安曇野ちひろ美術館で、7月4日(火)まで「走る!跳ねる!ちひろ・子ども百態」展と「ちひろ美術館コレクション 子どもの世界・世界の子ども」展が開催されている。
”取り扱い注意作家”とも称される美術家・会田誠氏が『神戸学校』に登場!「美とは何か――私の考え」をテーマにトーク!

”取り扱い注意作家”とも称される美術家・会田誠氏が『神戸学校』に登場!「美とは何か――私の考え」をテーマにトーク!

毎月1回、各界の第一線で活躍しているゲストを迎えてメッセージライブ『神戸学校』を開催しているフェリシモが、4月のゲストに美術家・会田誠氏を迎える。”取り扱い注意作家”とも称される会田誠氏が”美”について語る。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト