面白さは折り紙付き!?「ちびまる子ちゃん「はりきり365日」の巻」の面白さと操作性を振り返る
2020年4月9日 更新

面白さは折り紙付き!?「ちびまる子ちゃん「はりきり365日」の巻」の面白さと操作性を振り返る

今や、日本国民が誰でも知っている「ちびまる子ちゃん」を題材にしたゲーム「ちびまる子ちゃん「なりきり365日」の巻」は誰もが簡単に遊べるボードゲームです。しかし面白いかどうかは別物。実際に面白いのかそして誰でも遊べるのか調査しました。

217 view

国民的アニメ!誰もが知る「ちびまる子ちゃん」とは

 (2180173)

一昔前、日曜日の夕方のアニメと言えばこれまで「サザエさん」だったのですが、1990年からアニメ放送が始まり、あっという間にサザエさんと並ぶ日曜日の夕方の顔となったちびまる子ちゃん。
その始まりは1986年から連載が開始された少女マンガ雑誌「リボン」への連載から始まります。
物語は「ちびまる子ちゃん」の作者であるさくらももこ先生の小学生時代をモチーフにした「まるちゃん」が当時、存在していたキャラクターを前面に出した物語で、良き時代の家族や友達との日常を描いた物語です。
これまでの連載期間やアニメの長年にわたる放送、その人気の高さから実写化されたちびまる子ちゃんは、日本を飛び出し世界でもその名を轟かす作品となっています。

ちびまる子ちゃん「はりきり365日」の巻とは

 (2180171)

国民的アニメ「ちびまる子ちゃん」を題材としたスーパーファミコン用ゲーム「ちびまる子ちゃん「はりきり365日」の巻」はちびまる子ちゃんのアニメ放送が始まった1年後の1991年にエポック社から発売されました。
当時のちびまる子ちゃんの人気にあやかり発売されたことは間違いないようです。

ちびまる子ちゃん「はりきり365日」の巻のゲーム内容

 (2180172)

ちびまる子ちゃん「はりきり365日」の説明書によると、プレイヤーは4人まで設定することができて、すべてちびまる子ちゃんがプレイヤーキャラになります。365日とあるだけに、ボードの進行はカレンダーとなっていて、止まったマスごとにイベントが開催されます。
まるちゃんが生活した1年間をボードゲームで進んでいく、そのようなゲームでした。
ですので、ボードのマスを進めていくと、まるちゃんの誕生日があったり、8月にはお祭りのイベントが開催されたり、12月はもちろんクリスマスイベント、1月はまるちゃんが楽しみにしているお年玉のプレゼントもありました。
まさに、1年間まるちゃんに成りきって遊ぶことができます。
このゲームは裏社会と呼ばれる裏面も存在し、クリアが済んだ後でも十分に楽しめるゲームとなっています。
遊べる期間を「一ヶ月」「三ヶ月」「六ヶ月」「十二ヶ月」から選ぶことができます。
十二ヶ月のモードではクリア時間が約120分と2時間でクリアできてしまうので友達が集まった時など良いゲームだった事を覚えています。
最終的に点数が一番高い人が優勝となります。
ミニゲームもそれなりに楽しむことができ、何より365日分のイベントを考えた製作者の方々に敬意を表したいと思います。

ちびまる子ちゃん「はりきり365日」の巻の操作方法

SFC『ちびまる子ちゃん はりきり365日の巻』クリア-497本目【マルカツ!レトロゲーム】

十字ボタン→カレンダー画面など様々な選択画面で使用します。
ミニゲームなどではまるちゃんを操作します。
セレクトボタン→カレンダー画面の時にセレクトボタンを押すとカレンダーのスタートからゴールまでを十字キーを操作することにより見ることができ、Bボタンで元に戻ります。
Aボタン→様々な決定ボタン、文字送りに使います。
Bボタン→様々な取り消しボタンに使います。
Xボタン→アイテム画面が表示されているときに、アイテムの詳細を確認するために使います。
Yボタン→Xボタンと同じ働きをします。
気づいた方もいると思いますが、せっかくスーパーファミコンになってボタンが増えたのに、LボタンRボタンは使わないという斬新さが良いです。
しかし、ボードゲームですので、使うボタンは少ないのは仕方がない事かもしれません。

ちびまる子ちゃんの記録的数字!

【SFC】ちびまる子ちゃん はりきり365日の巻 表彰式&ED

ちびまる子ちゃんの連載が始まったのは1986年、まもなく34年が過ぎようとしています。それだけでも、凄いことなのですが、他にも記録的数字を残しています。
ちびまる子ちゃんのアニメ放送が開始されたのは1990年1月7からでした。
放送開始当初から、まるちゃんが発する「いけずぅ~」のセリフなどが大流行し、さらに同年の10月28日には最高視聴率39.9%という驚異的な数字を記録し、アニメ歴代1位となりました。
1999年には作者のさくらももこ先生の地元である静岡に「ちびまる子ちゃんランド」がオープンし地元にも貢献しています。
映画化された上に、まるちゃん以外のキャラクターが主役を務める漫画が登場したり、「永沢君」に至っては、永沢君が主役のドラマが実写化までされました。

まとめ

いかがでしたか。
1990年からアニメ放送が始まり、あっという間に人気アニメの仲間入りを果たし、その後ゲーム化された「ちびまる子ちゃん「はりきり365日」の巻」の面白さと操作方法を調査してみました。
ボードゲームで誰でも楽しめるゲームであり、最長で120分で終わるのですが、何回でも楽しめるゲームであることがわかりました。
操作性も単純なので、小さい子供でも楽しめるかもしれません。
あなたも、子供のころを思い出し、世代を超えてちびまる子ちゃん「はりきり365日」の巻を楽しんでみませんか。
17 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

遡るシリーズ!【1990年・平成2年】のアレコレを振り返る

遡るシリーズ!【1990年・平成2年】のアレコレを振り返る

バブル経済の終焉を迎え始めるこの年、明るい話題といえば黒澤明監督がアメリカのアカデミー賞を受賞したことや、F1で鈴木亜久里が日本人で初めて入賞したことが挙げられます。それではさっそく、1990年・平成2年を振り返ってみましょう(^^)/
つきねこ | 19,793 view
機動戦士ガンダムをより多くの人に広げたガシャポンから生まれた「SD機動戦士ガンダム V作戦始動」のゲーム内容

機動戦士ガンダムをより多くの人に広げたガシャポンから生まれた「SD機動戦士ガンダム V作戦始動」のゲーム内容

ガシャポンの商品として生まれ、2頭身で愛嬌のあるキャラクターで一気に人気に火が付いたSDガンダムシリーズ。その人気と共に生まれたゲーム「SD機動戦士ガンダム V作戦開始はどのようなゲームだったのか。懐かしさと共に振り返ります
showta14 | 212 view
フライトシューティングゲーム「スカイミッション」なぜわかりにくいゲームなのか調査

フライトシューティングゲーム「スカイミッション」なぜわかりにくいゲームなのか調査

フライトシューティングゲーム「スカイミッション」は、「わかりにくい」「意味不明」という声が聞かれますが、なぜそのようなことになっているのか調査しました。調べてみると基本的な「何」かがされていませんでした
showta14 | 1,570 view
クソゲーではない!これがプロレスの醍醐味だ!「キン肉マン DIRTY CHALLENGER」

クソゲーではない!これがプロレスの醍醐味だ!「キン肉マン DIRTY CHALLENGER」

現在でもキン肉マンのファンは多く、愛されているキャラクターです。そのキン肉マンを題材とした「キン肉マン DIRTY CHALLENGER」の面白さを調査しました。クソゲーと評する意見が多いが、それは本当なのでしょうか。
showta14 | 578 view
北斗の拳6 激闘伝承拳覇王への道の登場キャラクターと必殺技の操作方法を調査

北斗の拳6 激闘伝承拳覇王への道の登場キャラクターと必殺技の操作方法を調査

北斗の拳といえば知らない人はいないのでは、というほど有名なマンガです。有名なマンガを題材にした北斗の拳6 激闘伝承拳覇王への道の登場キャラクターと必殺技を調査しました。格闘ゲーム人気を集め始めていた当時の北斗神拳はあなたにも操れるものでしょうか。
showta14 | 1,955 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト