【島田陽子】マルチに活躍した女優!不倫やAV出演など世間を騒がせた半生!
2020年10月5日 更新

【島田陽子】マルチに活躍した女優!不倫やAV出演など世間を騒がせた半生!

その美貌を武器にして、昭和から平成にかけて活躍した女優・島田陽子さん。不倫騒動やAV出演でも話題となったのは、多くのミドルエッジ世代も知るところではないでしょうか。 今回の記事では、そんな彼女に注目して、プロフィールや半生・代表作品を振り返っていきたいと思います。

4,584 view

マルチな活躍ぶりを見せた女優・島田陽子さん

島田陽子さんのプロフィール

島田陽子さんのプロフィール

別名  :島田楊子
生年月日:1953年5月17日
出身地 :熊本県熊本市
血液型 :O型
職業  :女優
活動期間:1970年~

島田陽子さんの半生・エピソード

1953年、熊本県熊本市で生まれた島田陽子さん。幼いころはバレリーナに憧れを抱いて、クラシックバレエを習っていたと言います。8歳のときにご両親の都合で東京に移住して、中学校に通うようになると、劇団『若草』に入団して演技の基礎を学びました。
女優としてのデビューは1970年。当時は高校生ながらも、テレビ東京系列で放送されていたドラマ『おさな妻』への出演を果たしました。その翌年、テレビ朝日系列で放送された人気ドラマ『続・氷点』に出演すると、その最終回での最高視聴率は42.7%の記録を叩き出し、人気女優としての立場を確立するのでした。
以降、1970年代は清純派のイメージが浸透し、幅広い世代からの人気を獲得。1980年にはアメリカのテレビドラマ『将軍SHOGUN』に出演し、ヒロインのまり子を演じると、日本人ながらもゴールデングローブ賞の主演女優賞に輝き、国際女優としても注目される存在となります。
1988年、週刊誌『フライデー』にて、ハワイでロック歌手・内田裕也さんとの不倫密会している様子が報じられます。この時、内田裕也さんは島田陽子さんと結婚するため、妻の樹木希林さんに離婚を申し出て、勝手に役所に離婚届を提出してしまったのだそうです。
しかし、それに気づいた樹木希林さんは離婚無効の訴訟を起こし、結果的には離婚は不成立となりました。こうした経緯があり、島田陽子さんと内田裕也さんとの不倫交際は実を結ぶといった結果に至っていません。
その後、金銭トラブルを抱えるようになり、2億5千万で購入した豪邸のローン返済や税金の支払いが滞り、自家用車の修理費や引っ越し代金の支払いの未払いといったトラブルでも世間を騒がせました。
SM作家として知られる団鬼六さんから100万円の借金をしたそうですが、その返済すらも滞るようになるとと、その債権を引き継いだ会社経営している男性から刑事告訴されるといった事態も招いています。
https://www.kosho.or.jp/products/detail.php?product_id=307584614 (2230113)

1992年にはヘアヌード写真集『Kir Royal』を発売。この写真集は、2003年までの累計販売で55万部のベストセラーとなり、多くの男性ファンを歓喜させました。
1994年にはテレビ照明の技術者だった一般男性と2年間の同棲期間を経て結婚。しかし、当時は相手にも妻子がいたようで、内田裕也さんの時と同じように略奪愛の末に行き着いた結末でした。
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B004Q7CPCY/ref=sr_1_13?ie=UTF8&dchild=1&keywords=%E5%B3%B6%E7%94%B0%E9%99%BD%E5%AD%90&qid=1601030401&redirect=true&sr=8-13 (2230115)

2011年、人妻ながらもAV作品に出演して、再び世間に衝撃を与えます。
2019年には略奪愛の末に結婚した男性とも離婚が成立し、再び独り身の生活を送っているようです。ご自身の死後は、宇宙葬の予約をしているようで、その個性的な終活ぶりにも注目が集まった時期もありました。

島田陽子さんの主な代表作品

映画
『球形の荒野』

『球形の荒野』

公開:1975年
監督:貞永方久
出演:芦田伸介
   島田楊子

内容&あらすじ

故国を亡くし、数奇な運命をたどる男! 死の影におびえる亡命者の帰郷! 許しがたい父、慕い憧れる娘! 父と娘の絆が大和路によみがえる!

野上久美子は、一人大和路を旅していた。そこは、終戦前に欧州の任地で客死した父がこよなく愛した所で、彼女は婚約の報告にやってきていた。ところが、ある寺院の拝観者芳名帳を見て驚愕する。そこには亡父そっくりの筆跡の署名が記されてあった……。戦争末期、国も妻子も捨て、自らの全てをかけて祖国を破滅から救った外交官の運命と、父娘の絆を描いたドラマ。
『犬神家の一族』

『犬神家の一族』

公開:1976年
監督:市川崑
出演:石坂浩二
   島田陽子
   あおい輝彦
   川口晶
   坂口良子

内容&あらすじ

51 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

関連する記事こんな記事も人気です♪

【葉山レイコ】AV作品にも出演した人気女優!エピソード・出演作まとめ

【葉山レイコ】AV作品にも出演した人気女優!エピソード・出演作まとめ

出演したAV作品は一本限りなのに、その圧倒的な存在感は、現在にも語り継がれるほどの葉山レイコさん。そんな彼女に注目して、エピソードや出演作を中心にご紹介していきたいと思います。現在もその美しさは健在ですが、全盛期の葉山レイコさんの魅力をご一緒に振り返っていきましょう。
tsukumo2403 | 25,264 view
ヤンマガの創刊40周年記念!最新号に雛形あきこ、熊田曜子、井上和香、紗綾の伝説のグラビアが再掲載されます!!

ヤンマガの創刊40周年記念!最新号に雛形あきこ、熊田曜子、井上和香、紗綾の伝説のグラビアが再掲載されます!!

漫画雑誌「週刊ヤングマガジン」がこのたび40周年を迎えたのを記念し、7月6日発売の最新号『週刊ヤングマガジン 32号』にて雛形あきこ、熊田曜子、井上和香、紗綾の伝説のグラビアが再掲載されています。
隣人速報 | 4,177 view
90年代の「懐エロ」を特集した電子書籍『懐エロ 魂の取材録から紐解く性風俗・AVの文化史』が好評発売中!

90年代の「懐エロ」を特集した電子書籍『懐エロ 魂の取材録から紐解く性風俗・AVの文化史』が好評発売中!

電子書籍を取り扱う株式会社CLAPより、90年代の「懐エロ」を特集した電子書籍『懐エロ 魂の取材録から紐解く性風俗・AVの文化史』が現在好評発売中です。価格はKindle版で398円。
隣人速報 | 8,964 view
「ムー一族」や「翔んだカップル」でブレイクした『桂木文』が懐かしい!!

「ムー一族」や「翔んだカップル」でブレイクした『桂木文』が懐かしい!!

1970年代後半から1980年代始めにテレビドラマ『ムー一族』や『翔んだカップル』でブレイクした桂木文さん。2002年以降からは活動の形跡がないので気になり調べてみました。
ギャング | 12,021 view
こんなところにも昭和レトロブームの波が!?セクシービデオの撮影現場にあの「ナショナル」製のガスコンロが写り込む!!

こんなところにも昭和レトロブームの波が!?セクシービデオの撮影現場にあの「ナショナル」製のガスコンロが写り込む!!

健全な男子であれば誰もがお世話になっている「セクシービデオ」。このたび、とあるビデオの撮影で映り込んだ「ガスコンロ」が、なんとも懐かしいとSNSを中心に話題となっています。
隣人速報 | 24,524 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト