【80‘s夏休みの定番】地上波で放送されていた懐かしの映画!今放送できないのには理由があるらしい?
2019年8月6日 更新

【80‘s夏休みの定番】地上波で放送されていた懐かしの映画!今放送できないのには理由があるらしい?

80年代を共に過ごした皆さま、地上波で映画といえば何が記憶に残っていますか?「グーニーズ」「ネバーエンディング・ストーリー」…あの頃はしょっちゅう放送されていた懐かしの映画たち。ある時期からめっきり見なくなりましたよね。そこには色々と事情がありました。意外な理由と共に懐かしの作品をご紹介していきます。

22,535 view

懐かしの映画たち、放送されない理由とは?

ゴールデン洋画劇場オープニング

このオープニングの「さぁ映画が始まるよ!」感は今みても最高。
80年代、地上波でよく放送されていた映画といえば皆さまは何を思い浮かべるでしょうか?夏休みなんかにはちょっと普段より夜更かしをして、そんな映画作品をテレビでみたり。子どもの頃のワクワクした気持ちを思い出します。

そんな懐かしい映画たち、もう一度みたいけどある時期からめっきり放送されなくなりました。気になる理由は次の通りです。

『視聴率をとれないから』

単純に「これだけ映像技術が発達した時代に古い映画は受けないから」のようです。若い世代からすれば、昔の映画はアナログすぎてみていられないのでしょう。せっかく放送しても視聴率がとれなければ意味がありません。

『放送コードが昔より厳しくなったから』

昔はテレビで割となんでもかんでも放送されていましたね。血・エロ・グロ…子どもの頃に見て、いまだにトラウマになっている映像が誰しも一つくらいあるのではないでしょうか。

しかし、時代の流れとともに血や裸や差別表現などに対する規制が厳しくなりました。そういった表現を含む作品は深夜帯で放送するか、いっそ地上波ではNGとなったりしています。

他にも様々な理由があるのですが、大まかに説明すればこの二点が主な原因です。仕方ないとはいえ、気軽にテレビでそういった古い映画がみれないのは寂しいものがありますね。

では、さっそくあの頃は定番だった懐かしの映画作品をみていきましょう!

『グーニーズ』

 (2128953)

まずは1985年に制作された「グーニーズ」。あの頃、夏休みといえばしょっちゅう放送されていました。たしかファミコンのソフトもあったくらいですし、知名度と人気の高さは抜群でした。

伝説の海賊が隠したお宝を探しに、少年たちが冒険に出るというストーリー。同じくお宝を狙うギャング・フラッテリー一家との攻防戦には、毎回結末が分かっていてもドキドキさせられたものです。

そんな「グーニーズ」がある時期からまったく放送されなくなりました。その原因はフラッテリー一家の末っ子、スロースことロトニー・フラッテリーです。

「グーニーズ」といえば彼のことが記憶に強く残っている方も多いでしょう。

スロースがNGで放送されなくなった?

 (2129391)

フラッテリー家の末弟。幼い頃の母親の虐待により顔が崩れていて、左目の位置がおそろしく不自然。また、歯も数本欠けている。現在でも兄弟たちに虐待されており、一家による手錠で繋がれた状態でテレビを見ていた。ずんぐりした体つきで怪力の持ち主だが、優しい性格。一家に捕まって監禁されていたチャンクと仲良くなり、マイキーたちの味方になる。そのためラストでは、フラッテリー家の中で彼だけは逮捕されずに済む。耳が動く。
ひどい状況で虐待・監禁されていたスロース。その外見や家族から虐待を受けているという設定などが、障がい者団体から差別的であると抗議を受けたようです。その為、地上波では放送されなくなったのだとか。

スロース、とても優しいんですよね。グーニーズのメンバーと心を通わせて仲間になって、最後は自由になる所がとても良かったのに残念です。

『ネバーエンディング・ストーリー』

 (2129403)

続いては1984年に制作された「ネバーエンディング・ストーリー」です。ミヒャエル・エンデの小説「果てしない物語」を映像化し、大ヒットしたのがこちら。

いじめられっ子の少年バスチアンが、ある日書店で出会った不思議な本「ネバーエンディング・ストーリー」。書店の主に危険だと止められつつも、この本をこっそり持ち帰って読み始めます。
物語の舞台は異世界「ファンタージェン」。この世界を救うため勇者アトレイユが旅に出るのですが、バスチアンも共に冒険をすることに…というお話。

白いフワフワの犬みたいなドラゴン「ファルコン」に乗って少年が空を飛ぶシーンは有名ですよね。そしてあの主題歌!

ネバーエンディング・ストーリー テーマ曲 The Neverending Story - Limahl

まさに名曲ですね。英語だから何を言っているのかまったく分からないけれど、サビの「ネバエンディンスト~リ~♪haa~♪」だけは自信満々で歌えるのも良い点です。

愛馬が泥沼に沈んでいくシーン、目からビームが出る二対の銅像の前を通るシーンなど、見所もたくさんだった「ネバーエンディング・ストーリー」。まさにファミリー向けの内容で、当時は放送されたら間違いなくどのご家庭もみていたと思われます。

放送されないのは最新作に勝てないから?

41 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • ウマヅラー 2019/8/6 13:33

    ポリアカで言うと、ジェンダー系なネタ(ブルーオイスターとか)や人種系とか、今だと差別的とされる表現もかなりあるからだと思いますが、

    すべてのコメントを見る (1)

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

ハローキティがついに「ハリウッド映画」に進出!サンリオがかつて製作したハローキティのアニメ映画って?

ハローキティがついに「ハリウッド映画」に進出!サンリオがかつて製作したハローキティのアニメ映画って?

株式会社サンリオとワーナー ブラザース ジャパン合同会社は、サンリオキャラクター初のハリウッド映画の脚本家に、脚本家プロダクション「ノウン・ユニバース」のリンジー・ビアの起用を発表しました。
隣人速報 | 283 view
夢だけど、夢じゃなかった!愛知県に「ジブリパーク」を誕生させる大構想が始動!!

夢だけど、夢じゃなかった!愛知県に「ジブリパーク」を誕生させる大構想が始動!!

愛知県長久手市にある愛・地球博記念公園を「ジブリパーク」に――このたび、愛知県とスタジオジブリが愛・地球博記念公園に開業を目指している「ジブリパーク」の基本デザインがまとまり、2022年度に開業を目指すことで一致したことが明らかとなりました。
隣人速報 | 3,964 view
12月1日は映画の日! アンケート《ペットと言って思いつく映画》 1位は「101匹わんちゃん」

12月1日は映画の日! アンケート《ペットと言って思いつく映画》 1位は「101匹わんちゃん」

12月1日《映画の日》にちなんで、アイペット損害保険株式会社はペットが出てくる映画に関する調査を実施しました。対象は犬・猫の飼い主。調査の結果、最も人気だったのは「101匹わんちゃん」。他にもあの映画たちがランクインしています。
80年代を代表するホラー映画「死霊のはらわた」が新作を発表するかも・・・とサム・ライミ監督がほのめかす!

80年代を代表するホラー映画「死霊のはらわた」が新作を発表するかも・・・とサム・ライミ監督がほのめかす!

ホラー映画の中でも、生々しさを重視した“スプラッター映画”の金字塔「死霊のはらわた」。新作映画が製作されるのでは?と話題に!
隣人速報 | 2,717 view
ホラー映画マニア感涙!ジャック・ニコルソンの顔が飛び出す「シャイニング鳩時計」が制作される!!

ホラー映画マニア感涙!ジャック・ニコルソンの顔が飛び出す「シャイニング鳩時計」が制作される!!

ホラー映画ファンであれば誰もがご存知の、スタンリー・キューブリック監督の手掛けた映画「シャイニング」でジャック・ニコルソンがドアから顔を出すシーン。あのシーンを再現した「鳩時計」が制作されたと、現在SNSを中心に話題となっています。
隣人速報 | 4,830 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト