アラフォーが中学~大学時代に使っていた懐かしの文房具特集
2021年10月11日 更新

アラフォーが中学~大学時代に使っていた懐かしの文房具特集

学校に通っていたころは、様々な文房具を使っていましたよね。大人になるとなかなか使わないアイテムも多いので、中学から大学生頃まで使っている人が多かった懐かしの文房具を振り返ってみましょう。

4,416 view

3つ穴ルーズリーフ

Amazon | オックスフォードフィラーペーパー 8 x 10-1/2インチ幅罫線用紙 3穴パンチ ルーズリーフノートブック用紙 3リングバインダー用 100枚5パック (62330) | ルーズリーフ | 文房具・オフィス用品 (2304726)

いきなり個人的な話で申し訳ないですが、学生時代のノートといえばこれでした。小学生から、ジャポニカ帳、キャンパスノート、A4バインダー、そして最終的に3つ穴バインダーになりました。

A4とはサイズも違いかさばる!輸入ものなので紙も薄い。そして髪はなかなか売っていない!とあまりいいことはなかったのですが、「なんとなくおしゃれ」という理由で高校生から大学生までノートはこれでした。穴が3つしかないので破れやすく、破れた時は補強シールを貼っていましたね。

ちなみに以前はこういう紙のことを「バインダー」と呼んでいましたが、いつしか「ルーズリーフ」と呼ぶのがおしゃれになっていました。意味は同じです。

昔はおしゃれな文房具屋さんやソニープラザなどの雑貨屋さんで売っていたのですが、今ではあまり主流ではないようですね。用紙は販売しているようですが、本体は見つけられませんでした。

十字のブックバンド

ブックバンドは、教科書やノートなどをまとめるバンド。おしゃれなドラマや漫画でも学生が持っていたので憧れていた人も多いのではないでしょうか。

私はこの世代よりちょっとしたなのですが、上の3つ穴バインダーが大きくてカバンを選ぶのでブックバンドを使っていました。でもその当時(90年代後半)でも使っている人は何人かいて、それほど古臭いアイテムではなかったですよ。

昔の物は荷造りのひものように自分で十字にしなくては行けなくて、しっかり結ばないとくずれてきましたね。これは十字になっているので便利そうです。

ですが最近では十字のブックバンドはほとんど製造されていないようです。確かに、電子書籍が普及した時代に持つものではないですね。

また、ゴムのように伸縮する素材でできていて、そのままとめるだけのブックバンドは今でもありますよ。

Dr.グリップのシャープペン

 (2304733)

Dr.グリップは1991年にパイロット社から発売された筆記具のシリーズです。現在も販売されている商品ですが、90年代に大ヒットしました。

一般的なシャープペン、ボールペンに比べグリップが太く、長時間使っても疲れない設計になっています。1日中ノートをとっている学生にとって、疲れにくいというのは魅力的でした。また、振るだけで芯が出るというのも画期的でしたね。

中学生当時、持ちやすさと手の疲れやすさに驚き、クラスの中でも口コミで広まっていきクラスのほとんどが使っていましたね。

写真にあるタイプはシャープペン、ボールペンともに1本700と、他のシャープペンに比べてだいぶ高めでした。学生にとってはボールペンよりシャープペンの方が使うのでシャープペンだけは奮発し、ボールペンは他ので我慢していました。

そして写真のように引っ掛けるところが付いているタイプは700円なのですが、これがないタイプは500円でした。学生には貴重な200円。迷わず、500円のタイプを購入していましたね。

この記事を書いていて気が付いたのですが、私今でもドクターグリップのシャープペンを持っていますよ。一度使うとこの持ちやすさはやめられないですね。

カンペンケース

今はペンケースといえば布製やビニール製が主流ですが、昔はみなカンペンケースを持っていました。

開いたままにして使えるのでペンが取り出しやすいというメリットがありますね。写真のようにさまざまなキャラクターものがあり、デザインも豊富でした。開けるとトレーが入っていて2段になっているタイプもありましたね。トレイの下に見つからないように手紙などを忍ばせていたのを思い出します。

ですがデメリットもたくさんあります。それはうるさいこと!カバンに入っていても歩くたびにカシャカシャ揺れますし、机から落とした時もガッシャーンと音がしてかなり目立ちました。

カンペンケースは今でも購入可能で、新しい商品も出ているようですが、やはりペンケースとして主流ではないですね。

ポスカ

 (2304739)

三菱鉛筆から販売されているカラーサインペンシリーズです。ポスカというのは「ポスターカラーマーカー」の略だそうです。1983年に販売開始され、今でも普通に販売されている商品ですが、社会に出ると(職種にもよりますが)あまり使わないアイテムなので懐かしいですよね。

水性顔料インクを使っているので絵の具の一種のポスターカラーのように鮮やかに発色するのが特徴。他のサインペンとは違い、ポスカじゃなきゃダメ!というときがありますよね。

懐かしい使い方としては、写真に書き込むこと。今はあまり写真をプリントすることがないと思いますが、昔は使い捨てカメラで写真を撮っていたので写真を印刷していました。そしてプリントした写真に落書きをしている女子高生も多かったと思います。

デジカメではないので現像してみて目つぶり写真など失敗写真が出てくることもありましたが、ポスカで落書きすればそれもアリになることもありました。懐かしいですね。

大人になると文房具自体、使うものも限られてくると思います。学生時代に愛用していた文房具を思い出すと懐かしいですね。
15 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

70年代に流行した「ブックバンド」の復刻版『​​テキストブックロック(ロング)』が好評発売中!!

70年代に流行した「ブックバンド」の復刻版『​​テキストブックロック(ロング)』が好評発売中!!

森製紐(もりせいちゅう)株式会社より、70年代に学生の間で流行した、教科書や本などをまとめて持ち運べるブックバンドの復刻版「テキストブックロック(2014年発売)」のロングバージョン『テキストブックロック(ロング)』が現在好評発売中です。
隣人速報 | 554 view
アラフォーが夏になるとカラオケで歌いたくなる定番ソングまとめ!

アラフォーが夏になるとカラオケで歌いたくなる定番ソングまとめ!

毎年夏にカラオケに行くと歌ってしまう定番の夏の歌ってありませんか?青春時代に着いた夏の歌は、何度夏が巡っても歌いたくなり、そして盛り上がりますよね。カラオケにはなかなか生きずらいご時世ではありますが、カラオケで鉄板の夏うたをまとめてみました。
saiko | 4,268 view
懐かしの文具とお菓子がコラボ!「フエキプリントボーロ」が好評発売中!!

懐かしの文具とお菓子がコラボ!「フエキプリントボーロ」が好評発売中!!

株式会社ヘソプロダクションより、『フエキプリントボーロ』が関西の駅構内、土産店舗、バラエティショップ等で現在好評発売中です。価格は600円(税抜)。
隣人速報 | 261 view
昔流行った文房具って何だった?懐かしい文房具から最新の驚き文房具まで

昔流行った文房具って何だった?懐かしい文房具から最新の驚き文房具まで

小学生や中学生のころ、様々な文房具が流行りましたよね。今回は懐かしい文房具で昭和のあの頃を懐かしみます。皆さんが覚えている文房具は何個あるでしょうか?
ゆうなパパ | 2,090 view
象が踏んでも壊れない!?サンスター文具「アーム筆入」にインスパイアされたメガネが登場!!

象が踏んでも壊れない!?サンスター文具「アーム筆入」にインスパイアされたメガネが登場!!

OWNDAYSより新ブランド「Memory Metal(メモリーメタル)」が発売されたのを記念し、「象が踏んでも壊れない」で有名なサンスター文具「アーム筆入」のCMが55年の時を経て復活しました。
隣人速報 | 497 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト