タモリがNHK紅白歌合戦の総合司会に復活か!?32年前の司会ぶりを動画で確認。
2015年10月6日 更新

タモリがNHK紅白歌合戦の総合司会に復活か!?32年前の司会ぶりを動画で確認。

タモリ(70)が、今年のNHK紅白歌合戦総合司会に起用されることが5日、濃厚になったと報じられた。1983(昭和58)年に総合司会を行なった32年前の司会ぶりを動画と画像で振り返る。

1,591 view

タモリ、今年のNHK紅白歌合戦総合司会に起用されること濃厚!

2015年10月5日、タモリ(70)が、今年のNHK紅白歌合戦総合司会に起用されることが濃厚になったとスポーツ誌に報じられた。

1983年(昭和58)年にもタモリは総合司会を務めており、実現すれば32年ぶり2度目となる。
なお、白組司会をV6の井ノ原快彦(39)、紅組司会を有働由美子アナウンサー(46)が務めることも有力になった。

記事によると、紅白歌合戦の司会は例年、10月中旬に発表されるが、NHK局内では「司会がタモリさんならいいよね」と期待する声が多数聞こえるようになったという。

タモリなら冠番組「ブラタモリ」が好評放送中でNHKへの貢献度も十分。
長年、テレビ朝日系音楽番組「ミュージックステーション」の司会をつとめ、ミュージシャンたちとのつながりも深い。

さらに、紅白の司会を任せられるだけの安定感と実力を備え、話題性も十分とあって、目玉となるのは間違いないと考えているとのこと。
タモリ(森田 一義)

タモリ(森田 一義)

NHK総合テレビで2008年から断続的に放送されている日本の紀行・バラエティ番組『ブラタモリ』が好評でNHKからの信頼も厚い。

1983年「第34回NHK紅白歌合戦」で総合司会だったタモリ

第34回NHK紅白歌合戦オープニング&エンディング

1983(昭和58)年12月31日・NHKホール

総合司会 タモリ
紅組司会 黒柳徹子
白組司会 鈴木健二(NHK)

視聴率(後9:00~11:45) 74.2%
前年(1982年)、その年のヒット曲に限定せず、歌手本人が歌いたい歌を披露するという趣向を取り入れた結果、「懐メロ大会」を揶揄され、視聴率70%割れ(69.9%)に。

「視聴率を復活させよう」とNHK・各レコード会社が躍起し番組作りが行われた。
総合司会には前年開始のフジテレビ系列『森田一義アワー 笑っていいとも!』で大ブレイクしていたタモリを起用。初めてNHKアナウンサー以外の人物が総合司会を務めた。

そのタモリは、独特の笑みを浮かべながら「すごいメンバーで、これぞ芸能界という感じで多少気持ちの悪い面もございますけれども」と司会中にコメント。

さらに、民放ネタをやるのがご法度のNHKで「選手宣誓、そろそろいってもいいかな!」「いいとも~!」と紅白で「笑っていいとも!」ノリを打ち出したのだった。
タモリがトランペット演奏

タモリがトランペット演奏

出場歌手全員によるアトラクション・コーナーでは、タモリさんがトランペットの演奏も披露した。

昨年「第65回NHK紅白歌合戦」では審査員として参加。

黒柳徹子と31年ぶりに紅白でコンビを組んだ。

黒柳徹子と31年ぶりに紅白でコンビを組んだ。

「第65回NHK紅白歌合戦」が2014年12月31日、東京・渋谷のNHKホールで行われた。
オープニングでタモリは31年前の紅組司会で審査員の黒柳徹子(81)と今年の嵐、吉高と並んで登場し「お久しぶりです。31年前に総合司会をしました」とあいさつ。
白組の嵐に優勝旗を渡す大役も務め、「出演者が全部知り合い。恥ずかしかったけど、本当に楽しかった」と振り返った。

タモリが総合司会に決定すれば、井上陽水が遂に紅白初参加か?

タモリが総合司会に就くことで、シンガー・ソングライター井上陽水(67)の初出場に現実味が出てきた。
井上陽水はタモリと同じ福岡出身の親友で、「ブラタモリ」のオープニングテーマ曲「女神」とエンディング曲「瞬き」を歌っている。
NHKは長年、紅白出場オファーをし続けているが未だ実現していない。

井上陽水は、1993年には連続テレビ小説「かりん」の主題歌「カナディアンアコーデオン」を担当し、紅白への期待感が高まったが、「あの場はあまりにもハデ。恥ずかしいから」と断った。
2006年には「今年は出る気がない。今後の紅白の出演を検討する」とコメント。
NHKの音楽番組「SONGS」で4夜連続特集された2009年も出場を断っていた。

しかし、今年に限っては、井上がタモリとの共演で前向きになる可能性も考えられている。

井上陽水×タモリ - コーヒールンバ - YouTube

笑っていいとも!に出演した際の井上陽水。
同じ福岡県出身の親友同士で軽妙なトークを繰り広げた。
12 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

黒柳徹子のふしぎ発見!  38歳でタマネギ頭、そしてノーブラになるまで

黒柳徹子のふしぎ発見! 38歳でタマネギ頭、そしてノーブラになるまで

6歳のとき、演劇でキリストを演じ、羊役の子にティッシュペーパーを突きつけ「アナタ、羊でしょ。食べなさい」といってから、38歳でニューヨークへ演劇留学し、タマネギ頭、ノーブラになるまで。
RAOH | 3,003 view
「ハナモゲラ語」で知られるインチキ外国語を調べてみました!

「ハナモゲラ語」で知られるインチキ外国語を調べてみました!

日本語を使って外国語に似せた言葉をインチキ外国語と言いますが、芸能人のタモリの「ハナモゲラ語」は有名ですよね。
明石家さんま 西の郷ひろみ時代

明石家さんま 西の郷ひろみ時代

東京進出、ドラマ出演、レコードリリース、おまけに芸能人運動会で田原俊彦に勝ってしまうという吉本芸人にあるまじき活躍の数々。
RAOH | 953 view
「天下とったる」横山やすし vs 「小さなことからコツコツと」西川きよし 怒るでしかし!!

「天下とったる」横山やすし vs 「小さなことからコツコツと」西川きよし 怒るでしかし!!

1980年代に起こった漫才ブームの中で横山やすし・西川きよし、通称「やすきよ」は不動の王者だった 。実力派若手との共演、対決も多かったが「ライバルは?」と聞かれた横山やすしは「相方」と答えた。そして西川きよしは猛獣使いか調教師のごとき見事なムチさばきで荒ぶる相方と対峙した。
RAOH | 1,963 view
お昼の顔「笑っていいとも!」で好きだったコーナーは?

お昼の顔「笑っていいとも!」で好きだったコーナーは?

平日に家にいるなら必ずと言ってもいいほど見ていた番組「笑っていいとも」。曜日によって変わる日替わりコーナーも楽しかったですよね。1回で終わってしまうものもあれば、何年も続くものも・・・笑っていいとものコーナーで人気の高いものをまとめてみました!
saiko | 1,105 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト