紺ブレにライダースジャケット!90年代に流行した「渋カジ」ファッションがなつかしい!
2022年8月13日 更新

紺ブレにライダースジャケット!90年代に流行した「渋カジ」ファッションがなつかしい!

80年代後半から90年代前半に流行したファッション「渋カジ」。みんな1枚は持っていた紺ブレにチノパン。当時のファッションを振り返ってみましょう。

1,547 view

そもそも「渋カジ」とは?

渋カジとは渋谷系カジュアルの略。アメリカンカジュアル、アメカジから派生したファッションのことです。

頭の先からつま先までアメリカにこだわるというのが渋カジでした。シンプルで飽きの来ないファッションを着こなすというのがコンセプト。渋谷なのですが、アメリカのファッションを取り入れているんですね。

渋谷区、港区、世田谷区など山の手線沿線の高校生から発生したファッションなので渋カジと呼ばれるようになりました。渋谷系ミュージックと同じで渋谷界隈で流行っていたので「渋谷」という名前が付いているんですね。雑誌などが仕掛けた流行ではなく、若者たちの間で自然発生していった流行です。渋谷から派生して全国に広がっていきました。

SNSなどが盛んな現代なら、口コミで広がる流行というのも当たり前ですが、当時口コミではやっていくというのはそれだけの熱量がなければ実現しないのではないでしょうか。


その後、きれいめカジュアルの「キレカジ」、それに反するかのような「ハードアメカジ」も登場。その後は渋カジが多用していき、終焉を迎えることになります。

渋カジの定番アイテムといえば!

渋カジの定番アイテムといえばどんなものがあったのか見ていきましょう。

「バンソン(VANSON)」の革ジャン

 (2423231)

ハードアメカジの必須アイテムだったライダースジャケット。ジーンズや黒のボトムと合わせる人が多かったと思います。

バンソンは1974年に創業して、83年に一度倒産しています。ですが84年に復活。日本の若者に注目されたことで経営を立て直したそうです。

本格的なアメリカの革ジャンとして今でも人気がありますね。

高価なアイテムですが当時中高生で手に入れていた人も。やっぱり変えなくてずっと憧れていて大人になって手にしたという人もいますね。それだけ時代を象徴するアイテムなのではないでしょうか。

「ラルフローレン(PALPH LAUREN)」の紺ブレ

渋カジといえば紺ブレ!というひとも多いでしょう。こちらはキレカジと呼ばれるキレイめファッションですね。キレカジは雑誌「ポパイ」が渋カジからステップアップしたきちんとしたスタイルということで提唱し、『BRUTUS[ブルータス]』でも特集されたことで人気に火が付きました。

1991年頃には待ちゆく若者はみんな紺ブレを着ているというくらい流行していました。

当時の紺ブレはダブルの金ボタン。ラルフローレンの物が人気がありました。ラルフローレンは紺ブレだけでなく、ボタンダウンシャツやポロシャツ、バッグなども流行していましたね。

ボトムはチノパンやチェックのパンツでかっちりしすぎないのがトレンドでしたね。紺ブレといえば「東京ラブストーリー」の鈴木保奈美さん演じる赤名リカを思い出します。

「リーバイス(LEVI’S)」の501

 (2423257)

渋カジではジーンズも重要なアイテムです。それより少し前は光GENJIが履いていたケミカルウォッシュのジーンズが流行していました。

ですが渋谷に集まる高校生たちはアメリカの映画などに影響を受け、アメリカ製のリーバイス501をはいていました。現在では高価な商品ですが当時は高校生でもちょっとお小遣いを貯めれば買える金額だったので一気に流行していったんですね。

90年頃からヴィンテージジーンズが流行し、金額も一気に跳ね上がりますが70年代のジーンズはまだまだ手に入れることができました。

その後、渋カジが多用していき、渋カジは終息しますがその頃には、ブラックがグレーに色落ちした古着の501が流行しました。スタイルは違っていてもこの時代のジーンズといえば501だったんですね。

「ティンバーランド(TIMBERLAND)」のモカシン

 (2423267)

渋カジはキレカジであってもあくまでカジュアルなので重くならないようスニーカーを合わせる人も多かったです。

デッキシューズも流行しました。その1つが「ティンバーランド(TIMBERLAND)」のモカシンですね。モカシンというのは1枚の布を使って足を包む混むように作った靴のことです。インナーにファー素材を使ったものが流行していたので秋冬の靴というイメージがあるかもしれません。

ちなみに他には「レッドウィング(RED WING)」のエンジニアブーツや、ニューバランスのスニーカーなども流行していましたね。

「レスポートサック(LESPORTSAC)」のナイロンバッグ

 (2423274)

この時代の流行したバッグには「レスポートサック(LESPORTSAC)」のナイロンのショルダーバッグがありますね。レスポートサックは1991年に日本に入ってきたブランドなので渋カジの後半に流行したアイテムになります。

いろんな柄のアイテムがありますが、この頃は無地が流行していました。紺やベージュなどのシンプルな色も流行していましたが差し色に赤やピンクを持っている人も多かったです。バッグだけでなくセットになっているポーチもいいですよね。両方使いこなすのがステイタスという感じでした。


こうして渋カジのアイテムを振り返ってみると1つ1つは今でも使えるアイテムばかりですよね。90年代ファッションのリバイバルともいわれていますが、シンプルなファッションがテーマだっただけあり定番化しているアイテムで時代に左右されていないアイテムが多く感じます。

すべて組み合わせて着ていても、原題でもそれほど浮かないのではないでしょうか。渋カジは現代のファッションのルーツというひともいますが、それも納得です。
19 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

ルーズソックス、ブランドショッパー、折りたたみミラー…90年代のコギャル文化が再流行の兆し!?

ルーズソックス、ブランドショッパー、折りたたみミラー…90年代のコギャル文化が再流行の兆し!?

90年代に女子高生を中心に流行した「コギャル文化」が、近年になって再流行の兆しがあるとテレビ番組などで定期的に特集されています。
隣人速報 | 3,691 view
現在も再ブレイク中?90年代のメンズストリートファッションを振り返ろう!

現在も再ブレイク中?90年代のメンズストリートファッションを振り返ろう!

ファッションの流行は輪廻するともいわれますが、今90年代のストリートファッションが再び注目されているそうです。あの頃はやった懐かしのアイテムを振り返ってみましょう。
saiko | 1,461 view
ビニ本、エロ劇画、トルコ風呂、ノーパン喫茶…昭和エロスの足跡をたどる『懐かしエロカルチャー大全』が発売決定!!

ビニ本、エロ劇画、トルコ風呂、ノーパン喫茶…昭和エロスの足跡をたどる『懐かしエロカルチャー大全』が発売決定!!

ジーウォークより、昭和を彩ったエロ産業の数々にスポットを当てたムック『懐かしエロカルチャー大全』の発売が決定しました。
隣人速報 | 9,207 view
「ANGEL」「校内写生」などで人気を博した漫画家・遊人の限定コラボグッズが発売!!

「ANGEL」「校内写生」などで人気を博した漫画家・遊人の限定コラボグッズが発売!!

80年代を中心に、「ANGEL」「校内写生」などで人気を博した漫画家・遊人とヴィレッジヴァンガードの限定コラボグッズの予約販売がスタートしました。
隣人速報 | 1,929 view
【歴代ベストジーニスト】一般選出部門にはその年の美男美女が!【2015年は藤ヶ谷太輔&ローラ】

【歴代ベストジーニスト】一般選出部門にはその年の美男美女が!【2015年は藤ヶ谷太輔&ローラ】

ジーンズ好きには毎年気になるベストジーニスト。2000年以降は連続受賞も増えましたが、80年代や90年代は毎年違うタレントが選ばれ、誰が受賞するのか、その着こなしも気になったものです。過去30年の歴代ベストジーニスト(一般選出部門)を振り返っていきます。
青春の握り拳 | 20,810 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト