山田花子、12年ぶり吉本新喜劇に復帰し、 持ち前の天然キャラでギャグを披露!!
2016年8月17日 更新

山田花子、12年ぶり吉本新喜劇に復帰し、 持ち前の天然キャラでギャグを披露!!

5月に第2子を出産したお笑いタレントの山田花子が活動拠点を東京から大阪に移し、なんばグランド花月で行われた吉本新喜劇へ12年ぶりに出演した。花子は、持ち前の天然キャラを全開になつかしいギャグを次々に披露した。

1,288 view

山田花子、12年ぶりに吉本新喜劇に復帰!!

5月に第2子を出産したお笑いタレントの山田花子(41)が16日、大阪・なんばグランド花月で行われた内場勝則が座長を務める吉本新喜劇に12年ぶりの出演を果たした。活動拠点を東京から大阪に移し、復帰した。
山田花子、12年ぶりに吉本新喜劇に復帰

山田花子、12年ぶりに吉本新喜劇に復帰

花子は「ホテルNGK」のスタッフに扮して、持ち前の天然キャラ全開になつかしいギャグを次々に披露した。
内場らとダンスも披露し、終演後、内場とともに囲み取材に出席した花子は、「セリフも言えたし、ダンスもできた。出来は91点」。衣装の彩りが「9点減点」だったと評価した。また、東京で出演していたルミネtheよしもとの新喜劇は20分程度の公演時間だったことから、「45分って長いなあと思いました」と手ごたえを感じたようだ。
大阪では上演時間が長く、けいこも本格的。前日は、深夜3時に帰宅した花子。ただ、その時間帯でも長男(4)は起きて待っていてくれたという。
次々とギャグに対応する山田花子

次々とギャグに対応する山田花子

 (1729483)

劇中でダンスを披露!!

劇中でダンスを披露!!

 (1729485)

絡んだことのない若手座員も増え、まだ遠慮しがちな花子だが、内場は「新喜劇は柔軟性があるので、みんなうまくなじんでいける。最初はこんな感じでも、回を重ねるごとに変わっていくと思う」と今後の成長に期待を寄せた。また内場は『歴史は残酷。年とったな~。前は顔がパンパンでバカボンみたいやったのに、今は2児の母!細くなったし!」と感慨深げに語った。
花子の事をよく知る座長の内場勝則。花子の昔からの明るい...

花子の事をよく知る座長の内場勝則。花子の昔からの明るい天然ボケキャラは、今も健全!!

今回、拠点を大阪へ戻したのは、その長男の進学準備のためだと告白。「東京だと子供がバカにされそうで…でも、大阪の人はお笑いが好きだから大丈夫」と慣れ親しんだ地元で子育てをしたいとの思いがあるようだ。
すでにトランペット奏者の夫、福島正紀も快諾しており、東京のマンションを売って新生活をスタートさせている。
一方で、2020年の東京オリンピック開催に向け、東京の不動産価値が高まっていることもあり「今、マンションが高く売れるから早めにと。買った時よりもすごく高く売れました」と喜びを語ると、内場が「金のことばっかりやな。ゲスやな」と呆れた顔をみせた。
コントライブなど共演している明石家さんまからは『今、新喜劇が盛り上がってるから便乗しようとしてるんやろ。勘が鋭いな』と褒められた事を明かした。
子供のために活動根拠を大阪に移した花子。

子供のために活動根拠を大阪に移した花子。

花子の今回の出番は22日までで、この模様は、MBSテレビ(大阪市北区)で、9月10日午後0時54分から放送予定だ。

山田花子

山田花子

山田花子

1975年3月10日生まれ。 大阪府堺市北区出身。
お笑いタレント、喜劇女優。愛称は、花子、花ちゃん。
よしもとクリエイティブ・エージェンシー東京本部所属であったが、2016年より拠点を大阪へ戻し活動する事を発表。既婚者であり二児の母。
「ダウンタウンのごっつええ感じ」レギュラーに抜擢される...

「ダウンタウンのごっつええ感じ」レギュラーに抜擢されるなど活躍していた山田花子

※画像は、「山田花子の愛の告白 めっちゃ好きやねん」 から
山田花子が好きだと公言するつんくへ告白するためレギュラーメンバーから愛の深さを試されるコーナー。

ごっつ 山田花子愛の告白1

出典 youtu.be
プロレスラーを目指して、JWP女子プロレスの練習生とな...

プロレスラーを目指して、JWP女子プロレスの練習生となった。しかし、受け身が出来ず、練習中に頭蓋骨を骨折する重傷を負い断念した。

「カモ〜ン」「汗ばむわぁ〜」などのセクシーな口調のギャ...

「カモ〜ン」「汗ばむわぁ〜」などのセクシーな口調のギャグで有名である。他にも世間一般で美人と言われるタレントに対して暴言を吐いたり、先輩タレントや大御所に対して「しっかりせぇよ!」などとタメ口で応えるギャグも披露していた。

すっかり子供を産んで、母親らしい顔つきになった花子。

すっかり子供を産んで、母親らしい顔つきになった花子。

20 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

「○○じゃあ~りませんか」で大人気だったチャーリー浜の「ごめんくさい」「僕チャーリー」などのギャグ、吉本新喜劇での定番ムーブを振り返る。

「○○じゃあ~りませんか」で大人気だったチャーリー浜の「ごめんくさい」「僕チャーリー」などのギャグ、吉本新喜劇での定番ムーブを振り返る。

「○○じゃあ~りませんか」「ごめんくさい」といえばチャーリー浜を思い出しますよね。90年代初頭に流行語にまでなったこれらのギャグで、一躍全国区の人気者になったチャーリー浜。そんなチャーリー浜について振り返ります。
青春の握り拳 | 22,112 view
野沢直子、芸能活動休止した真相を “しくじり先生”でテレビ初告白!!

野沢直子、芸能活動休止した真相を “しくじり先生”でテレビ初告白!!

10月10日(月)に放送されるテレビ朝日系『しくじり先生 俺みたいになるな!!3時間スペシャル』(後7:00)で、お笑いタレントの野沢直子が“天才を目の当たりにして海外に飛んじゃった先生”として登場。今回、芸能活動休止の真相をテレビ初告白する。
red | 6,873 view
2002年、PRIDE.23で引退した高田延彦の「出てこいや!」は決してギャグでなく、90年代Uインターを知る者の涙を誘う名シーンだった!

2002年、PRIDE.23で引退した高田延彦の「出てこいや!」は決してギャグでなく、90年代Uインターを知る者の涙を誘う名シーンだった!

2002年11月24日、PRIDE.23のリングで引退した高田延彦。このとき引退試合の相手を務めた田村潔司への試合後のマイク「お前、男だ!」、そして大会ラストの「Uインター、上がってこいや!」はどちらも流行語となり、以降の高田は「出てこいや!」を持ちネタにすることとなります。しかし90年代Uインターを観ていた者にとって、この時の「上がってこいや!」はギャグなどでなく胸が熱くなる、そして涙を誘う名シーンであったことを忘れてはなりません。
青春の握り拳 | 19,574 view
プリンセス天功×吉本新喜劇  『NEWイリュージョン新喜劇ツアー』初日を迎える

プリンセス天功×吉本新喜劇 『NEWイリュージョン新喜劇ツアー』初日を迎える

『NEWイリュージョン新喜劇ツアー プリンセス天功×吉本新喜劇 ~横須賀大脱出!~』が横須賀芸術劇場にて初公演を迎えた。プリンセス天功がとにかく明るい安村に高度なイリュージョンを披露する。
red | 418 view
吉本新喜劇は緊張と緩和の連続だ

吉本新喜劇は緊張と緩和の連続だ

吉本新喜劇といえば大衆演劇である。多くの人々に愛されて長い年月が経った。しかしわれわれが本当に吉本新喜劇を知っているのだろうか?知らないことや知っていることそれにおもしろさも今回はお伝えしよう。そして誰がそれを作っているのか、座長についてもここで明らかにしておこう。
moboo | 5,639 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト