2016年11月25日 更新

2002年、PRIDE.23で引退した高田延彦の「出てこいや!」は決してギャグでなく、90年代Uインターを知る者の涙を誘う名シーンだった!

2002年11月24日、PRIDE.23のリングで引退した高田延彦。このとき引退試合の相手を務めた田村潔司への試合後のマイク「お前、男だ!」、そして大会ラストの「Uインター、上がってこいや!」はどちらも流行語となり、以降の高田は「出てこいや!」を持ちネタにすることとなります。しかし90年代Uインターを観ていた者にとって、この時の「上がってこいや!」はギャグなどでなく胸が熱くなる、そして涙を誘う名シーンであったことを忘れてはなりません。

9,533 view

「Uインター出身の奴ら、ちょっと上がってこいや!」

後に自らデフォルメ化し「出てこいや!」に変わったそのフレーズ、本当は

「Uインター出身の奴ら、ちょっと上がってこいや!」だったんです。

それも「皆さん分からないかもしれないんですけど、Uインターというものが・・・」と観客に向かってきちんと前置きしたうえで。

1996年12月27日、後楽園ホール大会を最後に解散したUWFインターナショナルは良くも悪くもお騒がせなプロレス団体。高田信者と呼ばれるほどの熱狂と混乱を巻き起こし、まさに一世風靡した団体でした。

それから6年経った2002年、しかし当時のファンにとってUインターの興奮は忘れるはずもない出来事。
Uインターの後はヒクソン・グレイシー相手の完敗など、「最強」から一転「弱虫」扱いされた高田延彦。

そんな彼を見続けたファンは、PRIDEのリングで引退する高田からまさかの「Uインター」の言葉、そしてその言葉に呼応してリングに上がって来るUの戦士たちを観て間違いなく胸が熱くなったことでしょう。

「高山!金原!田村!安生!垣原!宮戸!中野!」

これはギャグなどではなく、Uの歴史を知る人間の涙を誘う感動の一幕だったんです。

「Uインター出身の奴ら、ちょっと上がってこいや!」のシーン

髙田伸彦 引退

プロレスラー高田延彦とUWFインターナショナル

1980年、新日本プロレスに入団

1980年に新日本プロレス入団、道場では藤原喜明と前田日明が兄貴分的な存在となり、スパーリングで鍛えられることに。1981年5月9日に保永昇男戦でデビューします。

翌1982年からはアントニオ猪木の付き人を務め、1983年に猪木がカナダ遠征をした際に付き人として同行。
欠場した初代タイガーマスクの代わりにたまたま試合に出場したところ、ジャパニーズレッグロールクラッチで勝ちを収め、高田のテレビ中継デビュー試合でもあり、ポスト・タイガーマスクとして一躍注目を集める存在に。

我が「青春のエスペランサ」髙田延彦はUWFインター解散までが輝いていた!! - Middle Edge(ミドルエッジ)

我が「青春のエスペランサ」髙田延彦はUWFインター解散までが輝いていた!! - Middle Edge(ミドルエッジ)
バラエティで活躍するプロレスラーと言えば、髙田か健介である。そんな髙田延彦が一番輝いていた新日本~UWFインターまでを振り返ってみた。

第1次UWF-新日本プロレス-第2次UWF

1984年に師匠藤原喜明の誘いで新日本プロレスを離脱、UWF(旧UWF、第1次UWF)に移籍して前田日明と合流。
しかしこの団体は崩壊し、UWF所属レスラーは新日へ合流。新日に参戦した期間にはIWGPジュニアヘビー級王座のベルトを争うことに。
当時「ワールドプロレスリング」実況を担当していた古舘伊知郎からは「わがままな膝小僧」の異名を付けられることも(キックを多用するファイトスタイルのため)。

1988年、前田日明、山崎一夫らとともに第2次UWF立ち上げ。第2次UWFでは前田に次ぐナンバー2の序列で、同団体は一世風靡したものの、人間関係の不和から、1991年に前田のリングス、藤原喜明の藤原組、高田のUWFインターナショナルの三団体に分裂してしまうことに。

前田日明 アキラ現れるところ乱あり - Middle Edge(ミドルエッジ)

前田日明 アキラ現れるところ乱あり - Middle Edge(ミドルエッジ)
前田日明をみているとその強さだけではなくなにか訴えかけてくるもの、メッセージ性を感じてしまう前田日明にはスタイルがあり意志がありそして恐らく今も夢がありそれを追い続けていることだろう

藤原喜明 藤原喜明ならヒクソン・グレーシーを極めてしまうかもしれない - Middle Edge(ミドルエッジ)

藤原喜明   藤原喜明ならヒクソン・グレーシーを極めてしまうかもしれない - Middle Edge(ミドルエッジ)
キャリア36年新日本プロレス、UWF、プロフェッショナルレスリング藤原組を渡り歩き胃ガンを乗り越えリング復帰を果たした一見努力人、苦労人と思われがちだが実際は天才的な面を持っている総合格闘技に対して本人は「自分にはテイクダウンの技術がないから」と謙遜だがファンは幻想を抱き続けている「藤原喜明ならヒクソン・グレーシーを極めてしまうかもしれない」と

山崎一夫 「困ったときは山ちゃん」 みんなのために密かにがんばって密かに泣いて、そしてみんなに好かれている山ちゃん - Middle Edge(ミドルエッジ)

山崎一夫 「困ったときは山ちゃん」 みんなのために密かにがんばって密かに泣いて、そしてみんなに好かれている山ちゃん - Middle Edge(ミドルエッジ)
プロレス業界においてちゃんとしていてるイメージもある山崎一夫 「いや常識人というか、ただ周りにそうじゃないひとが多かったんで、新日本の道場に入って寮長が前田(日明)さんなわけで、そこからおかしいじゃないですか(笑)」

UWFインターナショナルの社長として「最強」を肩書きとした絶対的エースへ

ゲーリー・オブライト、北尾光司、スーパー・ベイダー、サルマン・ハシミコフら強豪選手との対戦などで人気を博し、1992年にはプロレス大賞のMVPである年間最優秀選手に。

19921023 UWF 高田延彦 vs 北尾光司

しかし当時は高田以外に知名度のある選手がほとんどおらず、スポンサーやテレビもつかないなかで団体の運営は困窮。
プロレス興行においては一時のカンフル剤的要素が強い、他団体との交流戦などによる話題創出にも動きます。

【一億円トーナメント事件】UWFインターがメジャー5団体のエースに参加を呼びかけた幻のトーナメント! - Middle Edge(ミドルエッジ)

【一億円トーナメント事件】UWFインターがメジャー5団体のエースに参加を呼びかけた幻のトーナメント! - Middle Edge(ミドルエッジ)
キミは幻の一億円トーナメントを知っているか?高田延彦率いるUWFインターがプロレス最強を決めようと主要5団体のエースに声をかけたこのトーナメント、幻に終わったが実現したらどうなっていただろう。
トラブルや相次ぐ選手離脱で団体崩壊が近づいたとき、UWFインターはとうとう新日本プロレスとの対抗戦に踏み切ります。

1995年10月9日「新日本プロレス VS UWFインターナショナル全面戦争」における大将戦・武藤敬司(IWGPヘビー級王者)戦に敗北したことで、最強を標榜してきた高田とUWFインターは決定的なイメージダウン。高田最強伝説、U神話が崩れ去る瞬間でした。

高田延彦 vs 武藤敬司 10・9 入場

1996年1月4日、東京ドームで武藤を破ってリベンジに成功するもの、一度対抗戦の果実に手を出したUWFインターには安定顧客がつかず、結局ネタ切れとなって12月にUWFインターナショナルは解散しました。

総合格闘技興行PRIDEへ、かつての最強看板の名折れ・・・

UWFインター時代の同門の安生洋二がヒクソン・グレイシーに道場破りを仕掛けるも返り討ちにあった因縁の結果、PRIDE創生期に選手として活動、ヒクソン・グレイシーと2度対戦(PRIDE.1、PRIDE.4)するが敗退。特に初戦において、エースクラスの日本人レスラーの総合格闘技での敗北はこれが最初でありプロレスファンの深い失望を招くとともに、A級戦犯としてプロレスマスコミからバッシングを受け、さらにアントニオ猪木からは「よりによって一番弱い奴が出て行った」と酷評される。

「400戦無敗の男」ヒクソン・グレイシーは本当に強いのか? - Middle Edge(ミドルエッジ)

「400戦無敗の男」ヒクソン・グレイシーは本当に強いのか? - Middle Edge(ミドルエッジ)
90年代後半に格闘技やプロレスファンだった者ならば、高田がやられ船木が倒されたこの男を知らないはずもありません。「400戦無敗の男」ヒクソン・グレイシー。彼は本当に400戦無敗だったのでしょうか。

総合格闘家として勝てなかった高田、しかしUインター時代の仲間たちはそれぞれの道で輝く

PRIDE最後の舞台、高田があえてUインターの名前を出し、「高山!金原!田村!安生!垣原!宮戸!中野!」と叫んだ様子を見て、彼の決して楽ではなかったプロレスラー・格闘家人生を想った人間は多かったことでしょう。

そのU戦士たちをみていきましょう。

高山善廣

「帝王」高山善廣

「帝王」高山善廣

U戦士のなかで、もっとも大成したといってもよいでしょう。
メジャー団体を渡り歩いてタイトルを総なめにしただけでなく、PRIDEでのドン・フライの壮絶な殴り合いは後々までの語り草となりました。

プロレス界の帝王にまで上りつめた男、高山 善廣 - Middle Edge(ミドルエッジ)

プロレス界の帝王にまで上りつめた男、高山 善廣 - Middle Edge(ミドルエッジ)
日本人離れした体格でUインター、全日本、フリー(高山堂)と時代を歩み、日本国内3大メジャー団体(新日本・全日本・ノア)のヘビー級シングル、タッグタイトルを奪取したプロレス界の帝王、高山善廣。激しく素晴らしい試合とともに彼のレスラー道を振り返ってみましょう。

金原弘光

「UWFの智将」金原弘光

「UWFの智将」金原弘光

Uインターの後にリングスへ、リングス最後のエースとも。
格闘家として戦い続け、2013年3月9日「U-SPIRITS」にて近藤有己とUWFルールで引退試合。
試合後に「完全燃焼しました」と語り、「毎朝、神棚に手を合わせるんですが、今朝は涙が出ました。それだけ俺は真面目にやってきたんだなって思いました。天才たちがいる中で、才能のない自分がこれだけ出来たのは真面目にやってきたからだし、いろんな人が応援してくれたからです。ありがたかった。本当に皆さん、ありがとうございました」と述べました。
その実直な人柄で、多くの人々から慕われました。

田村潔司

介錯を務めた男、田村潔司

介錯を務めた男、田村潔司

「俺と真剣勝負してください」からの高田延彦との因縁。孤高の天才とも称された田村潔司はUインターの後にリングス、総合格闘技へと進みました。
高田引退戦後のマイクアピールでは、「高田さん、ありがとうございました。そして色々と、暖かい目で見ていただいて、色々とご迷惑をおかけして、すみませんでした。今、正直、何を言っていいか分かりませんが、今日引退される実感がないんですが、最後に22年間、夢と感動を与えていただいて、ありがとうございました。そして、お疲れさまでした。」とコメント。

安生洋二

グレイシー道場破り、「Mr.200%」安生洋二

グレイシー道場破り、「Mr.200%」安生洋二

衝撃的だったグレイシー道場での返り討ちは、高田延彦をPRIDEへと誘う出来事となりました。
一方でMr.200%や、ブレイク前の高山らとゴールデン・カップス結成など、当時より毛色の違った能力を持つ選手で、その能力は後にハッスルで生かされることに。

【Mr.200%】安生洋二率いるゴールデンカップス結成のきっかけは? - Middle Edge(ミドルエッジ)

【Mr.200%】安生洋二率いるゴールデンカップス結成のきっかけは? - Middle Edge(ミドルエッジ)
安生洋二率いるゴールデンカップスは新日本プロレスとの対抗戦で結成されました。そのリーダーであった安生は起伏に満ちた格闘家、レスラー人生を送りました。本記事でデビューから引退までを振り返ってみましょう。

垣原賢人

稲妻伝承、「カッキーカッター」垣原賢人

稲妻伝承、「カッキーカッター」垣原賢人

Uインター後は、全日⇒ノア⇒親日と渡り歩いた垣原賢人。
2014年12月、Facebookで悪性リンパ腫に侵されていることを公表し闘病生活中。
2015年8月18日には垣原を応援する有志主催により大日本プロレスが後楽園ホールの開催日程を提供し運営に協力する形で「Moving On〜カッキーエイド〜」が開催されました。

宮戸優光

52 件

思い出を語ろう

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【垣原賢人】直情一直線、安全策ナシの人生!そしてUの戦士カッキ―はミヤマ☆仮面となる!!

【垣原賢人】直情一直線、安全策ナシの人生!そしてUの戦士カッキ―はミヤマ☆仮面となる!!

垣原賢人は往年のプロレスファンにとってUWFを愛する「Uの戦士」、お子様連れのファミリーにとってはクワガタを愛し”クワレス”を主催する「ミヤマ☆仮面」。悪性リンパ腫と闘いながらも2017年8月14日、後楽園ホールにて「カッキーライド~垣原賢人復帰戦~」を開催する垣原賢人、その安全策ナシに直情一直線な人生をご覧いただきたい。
後に「プロレス界の帝王」に上り詰めた高山善廣!その覇道は全日本プロレス、川田利明との遭遇から始まった!!

後に「プロレス界の帝王」に上り詰めた高山善廣!その覇道は全日本プロレス、川田利明との遭遇から始まった!!

大森隆男とのタッグ「ノーフィアー」で全日本プロレス、プロレスリング・ノアに旋風を巻き起こし、フリー転身後は各団体を渡り歩いてメジャータイトルを総ナメ、PRIDEに出場すればドン・フライと壮絶な殴り合いをやって見せる。いつしか「プロレス界の帝王」として君臨することとなった高山善廣。彼の覇道は、UWFインターナショナルのリングで遭遇した川田利明との一戦から始まりました。
青春の握り拳 | 8,292 view
山崎一夫 「困ったときは山ちゃん」 みんなのために密かにがんばって密かに泣いて、そしてみんなに好かれている山ちゃん

山崎一夫 「困ったときは山ちゃん」 みんなのために密かにがんばって密かに泣いて、そしてみんなに好かれている山ちゃん

プロレス業界において ちゃんとしていてるイメージもある山崎一夫 「いや常識人というか、 ただ周りにそうじゃないひとが多かったんで、 新日本の道場に入って寮長が前田(日明)さんなわけで、 そこからおかしいじゃないですか(笑)」
RAOH | 15,781 view
「Uに捧げた青春! 悪性リンパ腫と戦うレスラー 垣原 賢人」

「Uに捧げた青春! 悪性リンパ腫と戦うレスラー 垣原 賢人」

1980年代後半から1990年代初頭にかけて、日本のプロレス界・格闘技界を華麗に席巻した伝説の団体「UWF(ユニバーサル・レスリング連盟)」 そんなUWF所属選手たちの強烈な個性から芽吹いた若き天才レスラー「垣原 賢人」。 華々しくスポットを浴びた栄光と影が入り混じる格闘人生を振り返る。
taketake | 6,374 view
【一億円トーナメント事件】UWFインターがメジャー5団体のエースに参加を呼びかけた幻のトーナメント!

【一億円トーナメント事件】UWFインターがメジャー5団体のエースに参加を呼びかけた幻のトーナメント!

キミは幻の一億円トーナメントを知っているか?高田延彦率いるUWFインターがプロレス最強を決めようと主要5団体のエースに声をかけたこのトーナメント、幻に終わったが実現したらどうなっていただろう。
青春の握り拳 | 24,787 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト