熱くて痛快、新たな日本神話!『BLUE SEED』
2016年1月14日 更新

熱くて痛快、新たな日本神話!『BLUE SEED』

古事記における「ヤマタノオロチ」、「奇稲田姫」伝説を元にした現代劇です。重火器やコンピュータなどを駆使しながら戦うのもかっこいいのですが、魂(みたま)と呼ばれる勾玉の力を発揮してのアクションシーンは見ごたえあり、アツイ!の一言です。

18,851 view

『BLUE SEED』

 (1549696)

『ヤマタノオロチ』の物語は知っていたのですが、環境破壊その他まで織り交ぜてくるとは恐れ入りました。1話目は見てませんが、毎回楽しみにしてました。
原作というか、漫画版とは微妙に展開が違うようですが、もうアクションとか紅葉と草薙のラブストーリーだとかの方にしか目が行ってませんでした・・・。
やっぱり「勾玉」とかに惹かれるのは日本人だからなんでしょうか?

概要

1994年10月より放送。全26話。
原作は高田裕三の『碧奇魂(あおくしみたま)ブルーシード』。このアニメの制作に、原作者自身も携わっている。原作は未完のままだがアニメは完結。
元々はOVAとして制作される予定だったが、『無責任艦長タイラー』が好調だったため、「タイラーみたいな感じで」とテレビアニメに変更。
日本神話と現代社会、バイオ技術等といったシリアス要素の中に、スパイス的にラブコメなどが織り交ぜられている。

あらすじ

ごく普通の少女、藤宮紅葉。
その正体は、奇稲田姫の末裔であり、「人柱」となることで「荒神」という怪物を封印するための存在であった。
紅葉は「国土管理室」に入り、「人柱」としてではなく、荒神と戦う決意をする。

登場人物

藤宮紅葉(ふじみや もみじ)

藤宮紅葉(ふじみや もみじ)

島根の出身。奇稲田の末裔だが、そのことを知らず、身を清める「儀式」を強制的に行わされていた。
明るく前向きな少女だが、荒神との戦いを経て強さも身に着けていく。
胸には魂(みたま)が埋め込まれていたが、のちに草薙に宿った。
魂が埋め込まれた理由は、「奇稲田の血が絶えれば、荒神も死ぬ」から。
草薙護(くさなぎ まもる)

草薙護(くさなぎ まもる)

荒神の都合でこんなことにされちゃったわけですが・・・まさか名前で選んだんじゃないでしょうね・・・?
幼少期に現れたヤマタノオロチに両親を殺害されたうえ、七つの魂を植え付けられて、半ば強制的に「奇稲田を守る」ことに。
当初は紅葉の双子の姉、楓を守っていた。(好意を寄せていた節がある)
よく紅葉の「パンチラ」を目撃する。
国木田大哲(くにきだ だいてつ)

国木田大哲(くにきだ だいてつ)

国土管理室室長。
紅葉を家に住まわせたり、面倒見がいい。
竹内涼子(たけうち りょうこ)

竹内涼子(たけうち りょうこ)

元は警官だった。
国木田とは相思相愛。
松平梓(まつだいら あずさ)

松平梓(まつだいら あずさ)

生物学者で、研究担当。
別れた夫と子供がいる。
涼子からは「まつねえ」と呼ばれていた。
八重樫良樹(やえがし よしき)

八重樫良樹(やえがし よしき)

情報収集などを行うオペレーター。
紅葉に気が合ったようだが、後に小梅との距離が縮まっていく。
42 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

1972年創業の竹書房ってマジにスゴイっ!麻雀愛にあふれまくっている出版社です!

1972年創業の竹書房ってマジにスゴイっ!麻雀愛にあふれまくっている出版社です!

一般的にはイマイチ馴染みが薄いように思える麻雀。しかし、そこに執念を燃やして雑誌を作り続けている出版社があります。そう竹書房です。麻雀というマイナーともいえる世界から大ヒット作品を生み出しているんですよ。
obladioblada | 973 view
90年代前半にテレ東で放送された『ミュータント・タートルズ』が好きでした!

90年代前半にテレ東で放送された『ミュータント・タートルズ』が好きでした!

1993年~1996年にテレビ東京で放送されていた『ミュータント・タートルズ』。オープニングテーマが英語詞のものはかっこよかったけど、日本語訳のほうはダサかったり、変身式のおもちゃが発売されたり、声優陣のアドリブが凄かったりなどの思い出を振り返ります。
こじへい | 1,873 view
土曜深夜のお楽しみ、「ギルガメッシュないと」について語りたい!

土曜深夜のお楽しみ、「ギルガメッシュないと」について語りたい!

90年代、土曜深夜のお楽しみはテレ東系列の「ギルガメッシュないと」でしたね。大好きだった数々の破廉恥なコーナーやセクシーアイドル。一緒に懐かしみたいものですね。
「YOUは何しに日本へ」で”大貫妙子YOU”がご本人と対面し大興奮!アメリカ人のスティーブさんが日本の音楽を堪能!

「YOUは何しに日本へ」で”大貫妙子YOU”がご本人と対面し大興奮!アメリカ人のスティーブさんが日本の音楽を堪能!

人気バラエティ『YOUは何しに日本へ?』に登場した外国人のスティーブさん。大貫妙子さんが大好きで昨年夏に続いての来日を果たしました。今回は大貫妙子さんのコンサートを鑑賞。その後まさかのご本人との対面を果たしました。
テレビ局出禁者を出した番組『独占!男の時間』とは?

テレビ局出禁者を出した番組『独占!男の時間』とは?

『11PM』や『23時ショー』といった、深夜のお色気番組が隆盛された頃に放送され、こちらもストリップが放送されるといったお色気の強い番組でした。テレビ規制ユルユル時代が懐かし~い。
ギャング | 13,242 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト