1990年代を中心とした『癒し系アイドル』ブームの系譜
2020年4月9日 更新

1990年代を中心とした『癒し系アイドル』ブームの系譜

「本上まなみ」さんや「井川遥」さんなど、殺伐とした世の中のオアシス的存在として大活躍した『癒し系アイドル・女優』(癒し系タレント)の歴史を振り返ってみましょう。

3,867 view

「癒し系アイドル」の定義さえなかった80年代以前…癒し系の原点「天然系清純派アイドル」?

「ひなげしの花」 アグネス・チャン(17歳)

1972年、代表曲の一つである「ひなげしの花」で、日本での歌手デビューを果たす。高く澄んだ歌声と愛くるしいルックス、たどたどしいが一生懸命日本語で歌う姿が受けて、一躍人気アイドルとなった。

キャンディーズ あなたに夢中

田中好子(キャンディーズ)は、70年代アイドルの中でも、癒し系アイドルの原点と言えるでしょう。

太田裕美 木綿のハンカチーフ

1975年12月に3作目のアルバム『心が風邪をひいた日』からシングルカットされた「木綿のハンカチーフ」が大ヒット。

菊池桃子 / 80年代に清純派アイドルとして人気を博した癒し系の源流のひとり

菊池桃子 - 卒業 -Graduation-

菊池桃子自身、シングルでは初めてのスロー・バラード曲。同曲でオリコンチャート初の首位を獲得。また40万枚近いセールスを記録し、菊池自身最大のヒット曲となった。
清純派アイドルとして人気を博し、1984年に出した3枚のシングルを大ヒットさせ、初アルバム『OCEAN SIDE』はヒットチャート1位になった。

西村知美 / ほんわかとした天然キャラが売りの癒し系の源流・原点のひとり

西村知美 夢色のメッセージ

1986年3月に映画『ドン松五郎の生活』でデビューし、同時に主題歌「夢色のメッセージ」でアイドル歌手としてもデビュー。
愛称は「知美ちゃん」「トロリン」。トロリンとは、動きが遅く、給食もなかなか食べ終わらないなど動きが遅かったことから「何をするのもトロいから“トロリ”」と言われていたことからによる。ほんわかとした天然キャラが売り。
ほんわかとした天然キャラ=癒し系アイドルの原点。

原田知世 / アイドル映画の金字塔『時をかける少女』で衝撃のデビュー。癒し系の源流のひとり

実写映画デビューとなった原田知世の初々しさ!

実写映画デビューとなった原田知世の初々しさ!

時をかける少女は、筒井康隆原作の傑作ファンタジック小説を、大林宣彦監督が尾道を舞台にして見事に映画化した大ヒット作。原田知代が華々しい映画デビューを飾ったことでも知られている。
最強の癒し系女性芸能人ランキング 11位 原田知世

1位:綾瀬はるか
2位:新垣結衣
3位:深田恭子
4位:石田ゆり子
5位:安めぐみ
6位:有村架純
7位:井川遥
8位:石原さとみ
9位:橋本環奈
10位:宮崎あおい
上位は2000年代の癒し系中心。原田知世と石田ゆり子は、80年代・90年代アイドルとして善戦している。

PV 原田知世 時をかける少女

バブル崩壊後の1990年代半ばに「癒し系アイドル」ブームの到来

癒し系とされるには、「優しい」「のんびりしている」「穏やかである」「人を和ませる」などの癒し要素が必要とされる。これらの要素は、本人の雰囲気に自然に含まれていることが重要で、作為的に形作ったことが露骨に出ている・キャラクターとして演じている事が明白である場合は、癒し系ではなく単なる「ぶりっ子」とみなされる。

癒し系であることと、セクシーであることは対立しない。ただし、セクシーさが嫌味で下品に映る場合は、癒し系とはみなされず、いやらし系とされる。

「癒し系アイドル」というカテゴライズが始まった、明確な時期は不明。 1990年代の中期、癒し系アイドル・癒し系女優として認知された人物として、本上まなみや飯島直子が挙げられる。

殺伐とした世の中のオアシス的存在としてのニーズがあったと考えられる。心を穏やかにし、安らぎを感じさせる癒し要素が、直接的な刺激が求められやすいグラビア界で地位を築いたことは、注目に値する。

本上まなみ / 元祖癒し系女優。癒し系ブームを牽引した。

本上まなみ / 癒し系女優の代名詞的な存在。

本上まなみ / 癒し系女優の代名詞的な存在。

学生時代には大阪ガスの広告など、モデルとして活動していた。

1993年7月、フジテレビ系ドラマ『じゃじゃ馬ならし』秋野リカ役で本格的にデビュー。

1995年、ユニチカ水着キャンペーンモデルに起用され、グラビアアイドルとして本格的に活動を始める。同年、『爽健美茶』『NTT DoCoMo関西』など多数のCMに出演。

本上まなみ - 爽健美茶/日本コカ・コーラ[1996]

79 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

ゴールデン・アロー賞「グラフ賞」の歴代アイドル・女優・グラビアアイドル(1990年から2007年)

ゴールデン・アロー賞「グラフ賞」の歴代アイドル・女優・グラビアアイドル(1990年から2007年)

その年に最も雑誌のグラビアを飾り話題を提供した被写体が受賞者に選出されるゴールデン・アロー賞「グラフ賞」。1998年度(第36回)受賞の優香以降は、グラビアアイドルの登竜門的な賞となっていました。いずれもその時代を反映したフォトジェニックであり、受賞者を改めて見ることで一般大衆が求めるグラビアの傾向やその推移が見て取れます。1990年から2007年までの受賞者を振り返っていきましょう。
ガンモ | 14,857 view
【話題】女優・安達祐実(38)が、自分は「ロリババア」だとついに開き直る!!

【話題】女優・安達祐実(38)が、自分は「ロリババア」だとついに開き直る!!

かつて「家なき子」で強烈な印象を残した女優・安達祐実。38歳となった今でも、当時の面影を残した可愛らしい容姿で話題となっていますよね。そんな安達がこのたび「自分はロリババア」だと開き直ったと、ネット上を中心に大きな話題となっています。
隣人速報 | 9,909 view
意外なタレントの親が芸能活動をしていた!「二世タレントの親」特集!!

意外なタレントの親が芸能活動をしていた!「二世タレントの親」特集!!

芸能界でたびたび話題となる「二世タレント」。近年では木村拓哉と工藤静香の娘などが話題となっていますが、それ以外にも、「実は二世タレント」という人は意外に多く存在します。この記事で何人かピックアップしてご紹介したいと思います。
誰を思い浮かべますか?「ショートカット」が魅力的だった90年代アイドル!

誰を思い浮かべますか?「ショートカット」が魅力的だった90年代アイドル!

アイドルのヘアスタイルの定番の一つである「ショートカット」。失恋で髪を切る、といったイメージもありますが、一般的にはボーイッシュな印象を増幅する効果があります。この記事では、90年代にショートカットで活躍したアイドルや歌手を振り返ります。
こんなにいるの!?宝塚出身の女優

こんなにいるの!?宝塚出身の女優

女性なら誰もが憧れるであろう「宝塚歌劇団」。宝塚で活躍した女性の中には、退団後に芸能界へ転身し、芸能界でも活躍している人が多くいらっしゃいます。この記事では、そんな方々の中から6名をピックアップしてご紹介したいと思います。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト