【青山美恵子】かつてスーパー競馬のアシスタントとして活躍!映画『ミナミの帝王』で披露した官能カットなどもピックアップ!
2022年7月12日 更新

【青山美恵子】かつてスーパー競馬のアシスタントとして活躍!映画『ミナミの帝王』で披露した官能カットなどもピックアップ!

1987年代後半から1990年代後半まで、フジテレビ系列放送『スーパー競馬』のアシスタントとして活躍された青山美恵子さん。その美貌も去ることながら、映画『ミナミの帝王』では大胆にも官能的なカットを披露され、男性ファンを大いに歓喜させました。今回の記事では、そんな彼女の全盛期を振り返っていきたいと思います。

725 view

『スーパー競馬』元アシスタント・青山美恵子さん

青山美恵子さんのプロフィール

青山美恵子さんのプロフィール

本名  :戸津川美恵子
     (旧姓:青山)
生年月日:1962年3月8日
出生地 :神奈川県
職業  :モデル
     女優
活動期間:1981年頃~

青山美恵子さんの経歴

1962年、神奈川県に生まれた青山美恵子さん。小学・中学は地元の公立校に通われ、高校は横須賀学院高等学校を卒業しています。
https://www.irasutoya.com/2018/03/blog-post_770.html (2391954)

芸能活動を始められた時期は定かではありませんが、1981年には雑誌のグラビアページに水着姿で登場し、トップモデルとして紹介されていますね。
1982年には女優としても活動され…

テレビ朝日系列放送のドラマ『ザ・ハングマンⅡ』

こちらの第9話「仮病の悪 大手術いびり出し作戦」にゲスト出演。
まだ20歳前後の若さ溢れる彼女の美貌を堪能することができますよ。
そんな青山美恵子さんの存在を一躍有名にしたのは…

フジテレビ系列放送の番組『スーパー競馬』

こちらですね。
放送が開始された1987年からアシスタントを務め、彼女は競馬ファンを中心に支持を集めるようになります。井崎脩五郎さんとの名コンビぶりは安定感がありましたね。
1995年には卒業されるまで、その間、約8年にも渡って彼女は番組を支え続けました。
映画にも進出され…
1991年公開の映画『泣きぼくろ』

1991年公開の映画『泣きぼくろ』

1992年公開の映画『病は気から 病院へ行こう2』

脇役・端役といったポジションではありますが、これらの作品に出演されていますよ。
1995年公開の映画『難波金融伝 ミナミの帝王 劇場版...

1995年公開の映画『難波金融伝 ミナミの帝王 劇場版PART V』

46 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【逆三冠馬!?】ナリタブライアン三冠の裏の記録がすごかった!サムソンビッグ

【逆三冠馬!?】ナリタブライアン三冠の裏の記録がすごかった!サムソンビッグ

ナリタブライアンのクラシック三冠で盛り上がった1994年。実はその裏で、逆三冠馬(最下位の三冠馬)になれそうだった競走馬がいたことはあまり知られていません。皐月賞ブービー、ダービー最下位、菊花賞最下位。最低人気で重賞を勝ってしまったこともある競走馬。その馬こそサムソンビッグです。
izaiza347 | 41 view
【小さな逃亡者】この馬が出るとレースが面白くなる!人気の大逃げ馬!ツインターボ

【小さな逃亡者】この馬が出るとレースが面白くなる!人気の大逃げ馬!ツインターボ

レースを必ず面白くしてくれるのが大逃げ馬。10馬身以上も差がつくと、後半必ずバテるだろうと思いつつも、いつもハラハラドキドキしてしまうのが常です。その代表格がツインターボ。4コーナーで失速して惨敗はお約束。しかし、重賞を3勝した実績もあります。そんな個性的アイドルホースの足跡を振り返ります。
izaiza347 | 63 view
【JC優勝】去勢して才能が開花!騸馬として初めてGIを勝ったレガシーワールド

【JC優勝】去勢して才能が開花!騸馬として初めてGIを勝ったレガシーワールド

レガシーワールドは、騸馬(せんば)として初めてGIレースを勝った競走馬です。デビュー当初こそ勝てなかったものの、去勢してからは高い競走能力を発揮し、ついにはジャパンカップを勝利しました。同期で同厩のミホノブルボンがクラシック路線を進む中、独自路線で強さを見せたレガシー。そんな実力馬の足跡を振り返ります。
izaiza347 | 56 view
【東京5戦5勝】実は安定して強かったプレクラスニーと江田照男の名コンビ

【東京5戦5勝】実は安定して強かったプレクラスニーと江田照男の名コンビ

メジロマックイーンが降着した時の天皇賞馬、として語られることの多いプレクラスニー。実は、15戦7勝、2着3回、東京コース5戦5勝、GI、GII、GIII各1勝ずつと、安定感抜群の強い馬でした。江田照男が主戦騎手になってからは、特に力を発揮しています。そんな実力馬の足跡を振り返ります。
izaiza347 | 72 view
【GII3勝】最強の兄弟馬にも先着した実力馬マチカネタンホイザ

【GII3勝】最強の兄弟馬にも先着した実力馬マチカネタンホイザ

重賞4勝、うちGII3勝。GIでは一度も連に絡めなかったものの、7度の掲示板を記録。善戦ホースのイメージが強いマチカネタンホイザですが、実は、あのビワハヤヒデ、ナリタブライアン兄弟の両方に先着した、唯一の馬でもあります。そんな実力馬の足跡をたどります。
izaiza347 | 129 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト