【007/シリーズ最強のボンドは?】ショーン・コネリーからダニエル・クレイグまで、歴代ボンドで一番強いのは誰
2016年6月30日 更新

【007/シリーズ最強のボンドは?】ショーン・コネリーからダニエル・クレイグまで、歴代ボンドで一番強いのは誰

金曜ロードショーでも定番でしたよね、「007シリーズ」。いつでもダンディーなジェームズ・ボンド、おまけに強くてインテリで。2015年までに6人のボンドが登場していますが、果たしてもっとも強いボンドは誰なのでしょうか。

88,435 view
第1作 『007 ドクター・ノオ(007は殺しの番号)』(1962年)
第2作 『007 ロシアより愛をこめて(危機一発)』(1963年)
第3作 『007 ゴールドフィンガー』(1964年)
第4作 『007 サンダーボール作戦』(1965年)
第5作 『007は二度死ぬ』(1967年)
第7作 『007 ダイヤモンドは永遠に』(1971年)

ジョ-ジ・レーゼンビー

第6作 『女王陛下の007』(1969年)

ロジャー・ムーア

第8作 『007 死ぬのは奴らだ』(1973年)
第9作 『007 黄金銃を持つ男』(1974年)
第10作 『007 私を愛したスパイ』(1977年)
第11作 『007 ムーンレイカー』(1979年)
第12作 『007 ユア・アイズ・オンリー』(1981年)
第13作 『007 オクトパシー』(1983年)
第14作 『007 美しき獲物たち』(1985年)

ティモシー・ダルトン

第15作 『007 リビング・デイライツ』(1987年)
第16作 『007 消されたライセンス』(1989年)

ピアース・ブロスナン

第17作 『007 ゴールデンアイ』(1995年)
第18作 『007 トゥモロー・ネバー・ダイ』(1997年)
第19作 『007 ワールド・イズ・ノット・イナフ』(1999年)
第20作 『007 ダイ・アナザー・デイ』(2002年)

ダニエル・クレイブ

第21作 『007 カジノ・ロワイヤル』(2006年)
第22作 『007 慰めの報酬』(2008年)
第23作 『007 スカイフォール』(2012年)
第24作 『007 SPECTRE』(2015年)

知名度はショーン・コネリー、歴代最長はロジャー・ムーアか

初代ショーン・コネリー、いまでも知名度は抜群。

初代ショーン・コネリー、いまでも知名度は抜群。

3代目ロジャー・ムーア、金曜ロードショーでお馴染みだっ...

3代目ロジャー・ムーア、金曜ロードショーでお馴染みだったボンドは彼か。

60年代より映画化され、現在までに実に23作が公開されている人気シリーズとなっている。
多くの場合、007といえば、原作小説ではなくこの映画シリーズを指す。

ボンドを演じた俳優はこれまでに6人。ボンドに抜擢された俳優は登板本数ではなく、契約年数、つまり「どれだけの間”ジェームズ・ボンド”だったか」というのが評価の基準となっている(タイアップ商品、スポンサー企業のコマーシャルや宣伝・広告にジェームズ・ボンドとして出演する事なども関係する)。その基準でいえば、3代目ボンドのロジャー・ムーアが歴代最長、次いで初代ボンドのショーン・コネリーとなる。最短は2代目ボンドのジョージ・レーゼンビー。

歴代でキャラ設定やスタイルが異なる

武闘派、知性派、社交派などそれぞれの個性が光る

武闘派、知性派、社交派などそれぞれの個性が光る

演じる俳優ごとに、ボンドのキャラクターはもちろん、作風が大きく異なっており、ファンの間でも好みが分かれている。例えば、あくまでもスパイものを追及するならば初代ボンドのショーン・コネリーやジョージ・レーゼンビー、軽妙で社交的でコメディー的な作品を見るならばロジャー・ムーア、ハードボイルド系で人間臭さが出ている作品はティモシー・ダルトン、ダンディで軽やかなピアース・ブロスナン・・・など、それぞれの個性が出ている事もまたこの作品が長く愛される理由である。上記の通り、ショーン・コネリーとロジャー・ムーアが長い期間ボンド役を務めたので、彼ら以外の歴代ボンドは評価される際、「コネリーと比べて~」「ムーアと比べて~」とファンやマスコミの間で前置きされることもしばしばある。

ただし、これは変わらない

62 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • ふらつく 2021/11/15 19:22

    強いのはダニエルクレイグ。
    好きなのはロジャームーアだけどね。たぶんロジャーは最弱かな。プライベートの話になるけど髭剃りしてて肌を切って出血、その血を見てムーアは気絶したらしい(^_^;)

    ヤノシン 2019/5/9 20:20

    映画、1作目ドクターノーで、ベレッタを取り上げられppkを支給されたボンドは、ヘソを曲げ、劇中、この拳銃を一度も使っていない。

    すべてのコメントを見る (2)

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【007シリーズ】ジェームズ・ボンドを支えた秘密兵器☆憧れのスパイ道具を振り返る!

【007シリーズ】ジェームズ・ボンドを支えた秘密兵器☆憧れのスパイ道具を振り返る!

映画007シリーズに欠かせないものといえば、美しい「ボンド・ガール」・・・と言いたいところだが、それだけじゃない!! 作品ごとに登場する趣向を凝らした“秘密兵器”も大きな見どころだった。
ヤマダゴロー | 62,950 view
【007ジェームズ・ボンド】次のボンドは俺だ!あのジェイソン・ステイサムが名乗りをあげた!!

【007ジェームズ・ボンド】次のボンドは俺だ!あのジェイソン・ステイサムが名乗りをあげた!!

ダニエル・クレイグ演じる戦闘力高いボンドも2015年12月公開の「007 スペクター」で終了(2015/10/03追記:ダニエル・クレイグが007続投「もう1作品分の契約が残っているんだ」。)。次なるボンド候補への注目が高まる中、あのジェイソン・ステイサムが高らかにボンド立候補宣言!!
青春の握り拳 | 25,349 view
西ドイツを舞台に熱い戦いが!ボンドシリーズ13作目!!映画『007 /オクトパシー』

西ドイツを舞台に熱い戦いが!ボンドシリーズ13作目!!映画『007 /オクトパシー』

NATO基地の爆破を企むインドの王族カマルの野望を阻止するためにボンドが活躍します。今回の007も劇中では、スリル満点な派手なアクションをテンポよくみせます。
星ゾラ | 4,617 view
ショーン・コネリーがボンド役として帰って来た!この作品は007の番外編。映画『ネバーセイ・ネバーアゲイン』

ショーン・コネリーがボンド役として帰って来た!この作品は007の番外編。映画『ネバーセイ・ネバーアゲイン』

巨大犯罪組織スペクターにより略奪されたNATOの核弾頭を奪取するため、ジェームズ・ボンドが活躍します。今回もボンドのアクションシーンが盛り沢山です。
星ゾラ | 9,018 view
5代目ジェームズ・ボンド初登場。アクションに迫力があります!!スパイアクション映画『007/ゴールデンアイ』

5代目ジェームズ・ボンド初登場。アクションに迫力があります!!スパイアクション映画『007/ゴールデンアイ』

ボンドは強奪された兵器「ゴールデンアイ」の追跡調査のためロシアに向かいます。そこには世界経済破壊計画を遂行する国際犯罪組織「ヤヌス」の陰謀でした。今回もボンドが大活躍します。
星ゾラ | 7,538 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト