毒舌と言えば有吉?いえいえ、毒舌と言えば世界初の消しゴム版画家「ナンシー関」でしょ!
2015年12月1日 更新

毒舌と言えば有吉?いえいえ、毒舌と言えば世界初の消しゴム版画家「ナンシー関」でしょ!

世界初の消しゴム版画家、史上最強のテレビウォッチャーにしてコラムニスト「ナンシー関」。思わずクスリとさせられる彼女の文章と消しゴム版画は今でも僕らを楽しませてくれる。

7,549 view

ナンシー関

ナンシー関

ナンシー関

ナンシー関(ナンシーせき、本名:関 直美(せき なおみ)、女性、1962年7月7日 - 2002年6月12日)は、青森県青森市生まれの版画家、コラムニストである。法政大学文学部第二部(夜間部)中退。
独特の観察眼による「テレビ批評」とその挿絵に入れた著名人の似顔絵「消しゴム版画」で社会そのものを批評していた[1]。その文章は古びることがなく、今も新たな読者を獲得している[1]。世界初の消しゴム版画家である[2]。

(出典:wikipedia)
テレビ番組をはじめとする様々な媒体における芸能人・有名人の発言や態度を自身のコラムの題材とした。シニカルで軽妙な語り口で書かれる辛辣かつ愛情に満ちた芸能界への視点にはファンも多く、業界関係者にも生前から高く評価されていた[4]。
1987年創刊のテレビ雑誌「テレビブロス」の初期には、各頁の欄外に芸能人へのツッコミ的な内容のミニコラム「ブロス探偵団」があったが、関は無署名でそのすべてを担当していた。
消しゴム版画家として[編集]
自筆コラムの挿絵として(または他の筆者の挿絵担当として)、テーマとなる著名人の似顔絵を消しゴム版画で製作した。シンプルでありながら特徴を掴んだ写実的な絵柄と、どのようなペンとも異なる新鮮なタッチ、いかにも関本人がコメントしそうなネーム(フキダシ内の文字)が独特であった。作成した消しゴム版画は5000個以上にのぼる。
デビュー当時版画に用いたのはステッドラーの一番大きいサイズの消しゴム[5]。のちに文房具メーカーのヒノデワシから消しゴム提供の申し出があり、関本人監修のもと開発された版画専用消しゴムを使用するようになった。この消しゴムは1995年「はんけしくん」の名で発売されている[6]。
カッターはNTカッターD-400[7]を使用していたことのこと[2]。
2002年6月11日深夜、友人と食事後の帰宅途中のタクシーの中で倒れる。気付いた運転手が病院に運んだが、翌6月12日午前0時47分に虚血性心不全で死去した。39歳没[3]。生涯独身であった。

消しゴム版画あつめてみた。。

自画像

自画像

タモさん

タモさん

松っちゃん

松っちゃん

川島なお美

川島なお美

キムタク

キムタク

秋元康

秋元康

古館伊知郎

古館伊知郎

軽部アナ

軽部アナ

タモリ(ニセ)

タモリ(ニセ)

リリー・フランキー

リリー・フランキー

中田ヒデ

中田ヒデ

児玉清

児玉清

さんま

さんま

出典 yaplog.jp
松ちゃん

松ちゃん

43 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

『キン消し(キン肉マン消しゴム)』沼田健のノスタルジーX(エックス) ~昭和あるあるマンガはじめました~vol.99

『キン消し(キン肉マン消しゴム)』沼田健のノスタルジーX(エックス) ~昭和あるあるマンガはじめました~vol.99

イラストレーター沼田健さんによる『昭和あるある』4コマ漫画! 懐かしいエピソードに共感して楽しんでもらうもよし、一人でノシタルジーに浸るもよし、あの頃昭和へプレイバック!!1970年代生まれの小学生たち、その誰もが持っていた「キン消し」。人生初めてのコレクション欲をくすぐられたものだけに色々な想い出がありますね。
沼田健 | 1,078 view
『かみつきばあちゃん消ゴム(三菱鉛筆)』沼田健のノスタルジーX(エックス) ~昭和あるあるマンガはじめました~vol.69

『かみつきばあちゃん消ゴム(三菱鉛筆)』沼田健のノスタルジーX(エックス) ~昭和あるあるマンガはじめました~vol.69

イラストレーター沼田健さんによる『昭和あるある』4コマ漫画! 懐かしいエピソードに共感して楽しんでもらうもよし、一人でノシタルジーに浸るもよし、あの頃昭和へプレイバック!!シャープペンシルのおまけなのに大人気!かみつきばあちゃん消しゴム!
沼田健 | 1,126 view
中山秀征かつて組んでいたお笑いコンビ『ABブラザーズ』とは?

中山秀征かつて組んでいたお笑いコンビ『ABブラザーズ』とは?

今や司会者としてお馴染みの中山秀征ですが、デビュー当時は2人組のお笑い芸人として活動していました。コンビ名は『ABブラザーズ』。一時はアイドル的人気を誇りながらも、ウッチャンナンチャンら「お笑い第3世代」の台頭により、行き場を失い解散していった彼らの軌跡を、振り返っていきたいと思います。
こじへい | 5,041 view
磁石の威力だ!超磁鉄マグジンカー

磁石の威力だ!超磁鉄マグジンカー

スーパーカーブームと言えば【マグジンカー】。スーパーカーブームを語る上で欠かす事の出来ない(?)タケミのマグジンカー・シリーズを紹介
これ覚えてる?『私たちにはあたりまえだったこと』昭和の小学校の授業編2

これ覚えてる?『私たちにはあたりまえだったこと』昭和の小学校の授業編2

昭和の頃、あたりまえのように受けていた授業。今、思い出しても懐かしいですね。前回の体育・理科・音楽・国語に続き、違う教科も振り返ってみたいと思います。
山吹 | 15,552 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト