これは見たい♪宮崎駿監督『カリオストロの城』の原点!ジブリ美術館『幽霊塔へようこそ展』
2017年1月20日 更新

これは見たい♪宮崎駿監督『カリオストロの城』の原点!ジブリ美術館『幽霊塔へようこそ展』

東京・三鷹の森ジブリ美術館で5月30日より『幽霊塔へようこそ展-通俗文化の王道-』がスタート!

2,396 view

江戸川乱歩の迷宮の世界をジブリ流に再現-『幽霊塔へようこそ展』

乱歩の迷宮の世界をジブリ流に再現-。
東京都三鷹市の三鷹の森ジブリ美術館で、新企画展示『幽霊塔へようこそ展-通俗文化の王道-』が5月30日より始まった。
『幽霊塔へようこそ展-通俗文化の王道-』

『幽霊塔へようこそ展-通俗文化の王道-』

宮崎駿が企画、構成を務めた展覧会。
中学時代の宮崎が夢中になって読んだという江戸川乱歩の小説『幽霊塔』をテーマに、作品の世界観を造形物やマンガパネルなどを通して紹介する。

宮崎駿監督作『ルパン三世 カリオストロの城』にも影響を与えた『幽霊塔』

『幽霊塔へようこそ展-通俗文化の王道-』は、昨年、宮崎監督がロバート・ウェストールの短編小説集の中に収められていた“時計に魅了された少年の物語(『赤い館の時計』)”を読んだことをきっかけに、自身も中学生のころに夢中になって読んだ江戸川乱歩の『幽霊塔』を思い出したことに始まるという。

実は、乱歩も少年時代に別の『幽霊塔』を夢中になって読んでいた。それは、1899年に黒岩涙香が新聞連載小説として発表したもので、イギリスの作家A・M・ウィリアムスンが1898年に発表した小説『灰色の女』の翻案だった。その後、乱歩は涙香版『幽霊塔』を同題名のままさらに翻案し、1937年より『講談倶楽部』に連載する。

乱歩版を読んだ宮崎監督は、絶世の美女と主人公の青年のロマンスに憧れ、その舞台となる時計塔に強く魅せられたという。それが長じて自身の劇場映画初監督作品『ルパン三世 カリオストロの城』における“時計塔”をはじめとするさまざまなモチーフに結実していったとのこと。

気になる展示内容

展覧会の目玉となるのは、宮崎駿監督がデザインを手がけた高さ12.5mに及ぶ時計塔。
回転するむき出しの歯車や1本しかない針、干支が書かれた時刻版など、乱歩の小説から飛び出してきたような奇怪な外観は見応えたっぷり。館内中央ホールの螺旋階段を包むように建造されており、実際に内部に入ることも可能だ。
http://www.sankei.com/images/news/150529/ent1505290020-p1.jpg (321627)

江戸川乱歩の小説『幽霊塔』をモチーフに、宮崎駿氏がデザインした高さ約12.5メートルの時計塔。
下にはハンドルが設置されており、それを回すと時計の針が動き、鐘が鳴り響くようになっている。

内部のらせん階段を登り切ると、とある階段の途中に抜け、そこからさらに階段を下りることで展示室につながる仕組み。
らせん階段の先には、『幽霊塔』の内部空間を模した迷路(小学生以下のお子さんが対象)や、宮崎駿監督描き下ろしのマンガパネル『ぼくの幽霊塔』などが展示される。
http://img.cinemacafe.net/imgs/articlemain/158634.jpg (321629)

ここから時計塔内部へと続く「機械室」をイメージした地下迷宮への入り口。
http://contents.oricon.co.jp/upimg/news/20150529/2053519_201505290694732001432898786c.jpg (321630)

小学生以下の子どもたち用の迷路。
http://contents.oricon.co.jp/upimg/news/20150529/2053519_201505290694929001432898786c.jpg (321631)

迷路の途中には、ジブリの人気キャラクターがプリントされたカーテンや隠された財宝など、さまざまな仕掛けが待ち構えている。
大人向けには近道が用意されており、そちらの壁には、宮崎駿監督が描き下ろしたマンガパネル『ぼくの幽霊塔』を掲示。この展示のために描き下ろされた16枚のマンガパネルには、宮崎駿監督の想像を交えた、同作の魅力や思い出が生き生きと描き出されている。
http://contents.oricon.co.jp/upimg/news/20150529/2053519_201505290695123001432898786c.jpg (321633)

中学生以上は“ちかみち”へ。
http://contents.oricon.co.jp/upimg/news/20150529/2053519_201505290695320001432898786c.jpg (321634)

宮崎駿監督描き下ろしマンガパネル『ぼくの幽霊塔』。
 (321635)

「映画にするならこれ位がイイと思う」「えいがつくるの?」「えいがはつくりません」といったノリツッコミを自ら描いているコマもあり、ファンをワクワクさせるに違いない。
会場には『幽霊塔』に多大なる影響を受け、時計塔やロマンスの要素が劇中に盛り込まれている『ルパン三世 カリオストロの城』(1979年)の展示も。会場内には同作のジオラマがあり、ルパンやクラリスなどのフィギュアもさりげなく置かれている。
さらに“『ルパン三世 カリオストロの城』は『幽霊塔』の子孫です”と題した3枚のパネルも同時に掲示。

同美術館の中島清文館長は「今年の展示も宮崎監督が企画から監修までかかわり、自ら造形物をデザインしました。らせん階段をくるんで時計塔を作ってしまおうというのは宮崎監督でないと思いつかない。いろんな宮崎作品のモチーフのきっかけとなっているのがこの小説で、宮崎監督の頭の中をのぞいて見てもらえるような展示物になっていると思う」とアピールする。
 (1819557)

カリオストロ城のジオラマ。
http://img.cinemacafe.net/imgs/articlemain/158643.jpg (321639)

 (1819558)

「ワハハハハハ!ルパン!切り札は最後まで取っておくものだ。」
23 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

不朽の名作「ルパン三世 カリオストロの城」が最新技術を使って蘇る!2017年1月に公開!!

不朽の名作「ルパン三世 カリオストロの城」が最新技術を使って蘇る!2017年1月に公開!!

1979年に制作された映画『ルパン三世 カリオストロの城』がMX4D化され、2017年1月からTOHOシネマズ新宿をはじめ、全国の映画館で公開が予定されている。同作は最新技術を使って、新たな魅力を感じる事が出来る作品に仕上げられている。
red | 3,449 view
【懐かしのグルメ15選】子供のころにみたアニメの美味しそうな料理、当時の映像と実際の料理を比較する。

【懐かしのグルメ15選】子供のころにみたアニメの美味しそうな料理、当時の映像と実際の料理を比較する。

子供のころにみたアニメや漫画には、本編とは関係なく心に残った「料理」がありました。多くの人が「あ~美味しそう」なんて思ったことがある、懐かしのグルメ15選を実物との比較でご紹介。
青春の握り拳 | 635,939 view
『ルパン三世』の原作者モンキー・パンチ氏による描き下ろしイラストを初公開!

『ルパン三世』の原作者モンキー・パンチ氏による描き下ろしイラストを初公開!

「ユニバーサル・クールジャパン2019」のイベントのひとつとして『ルパン三世』が登場します。今回、原作者モンキー・パンチ氏が、特別にオリジナルイラストを描き下ろしてくれました。
ホント?ウソ?誰もが知ってるアニメの裏設定・都市伝説をまとめてみました!

ホント?ウソ?誰もが知ってるアニメの裏設定・都市伝説をまとめてみました!

今回は誰もが知ってるアニメの裏設定や都市伝説をまとめてみました!え~!ほんとかよ~!!という内容がわんさか入ってますが、是非ネタとして楽しんで頂ければと思います(^^)/ それではさっそくご紹介しま~す!
つきねこ | 16,385 view
木原浩勝氏がワシントン・ポスト誌に語った日本アニメのこと、宮崎駿監督のこと。

木原浩勝氏がワシントン・ポスト誌に語った日本アニメのこと、宮崎駿監督のこと。

2018年8月、アメリカ合衆国ワシントンD.C.にて開催されたイベント「Otakon」。その際、アメリカで著名なワシントン・ポスト誌からの取材を受けた同氏は、日本アニメや宮崎駿監督のことについて語りました。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト