1970年代の特撮ヒロイン:好き! すき!! 魔女先生・超人バロム1・イナズマン・怪傑Zバット・超神ビビューン・キョーダイン他
2015年11月10日 更新

1970年代の特撮ヒロイン:好き! すき!! 魔女先生・超人バロム1・イナズマン・怪傑Zバット・超神ビビューン・キョーダイン他

イナズマン・超人バロム1・好き! すき!! 魔女先生・アクマイザー3・宇宙鉄人キョーダイン・怪傑Zバット・ロボット刑事・正義のシンボル コンドールマン・超神ビビューン・鉄人タイガーセブン・ザ・カゲスターの総勢11タイトルの特撮等身大ヒーローがここに集結!各タイトルごとのヒロインが勢ぞろいです。

35,999 view
https://encrypted-tbn3.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQMlfmykjDx33JeQk5lyB4vvJ8MjW6GHvZ4h59dR0d72KcAadUEoA (313660)

1973年 鉄人タイガーセブン(てつじんタイガーセブン)

鉄人タイガーセブン(てつじんタイガーセブン)

鉄人タイガーセブン(てつじんタイガーセブン)

『鉄人タイガーセブン』(てつじんタイガーセブン)は、1973年(昭和48年)10月6日から1974年(昭和49年)3月30日までフジテレビ系で毎週土曜日19:00 - 19:30に全26話が放送された、ピー・プロダクション製作の特撮テレビ番組。および作品内に登場するヒーローの名称。
本作品は「怪獣の次は妖怪がブームになる」というピー・プロ社長うしおそうじの企画意図が色濃く反映され、第1話から古代遺跡に巣食う脳だけのムー大帝、ツタンカーメンのようなマスクの下に醜悪な素顔を隠すギル太子、人間の心臓をえぐり取って殺害する砂原人、棺の中に人間を引きずり込むミイラ原人などが登場する、怪奇ムードの高い作品となった。
(出典:Wikipedia)
タイガーセブンのストーリー

タイガーセブンのストーリー

サハラ砂漠の考古学調査を行っていた滝川博士率いる調査隊を追って来た息子の剛は、砂原人スナウラミによって殺害されてしまう。
博士は剛に生き返ってほしい一心で、ミイラ蘇生用の人工心臓SPを移植した。蘇生した剛は、父からお守りとして虎のデザインが施された古代のペンダントを託される。
(出典:Wikipedia)
http://c2.atwiki.asia/livia/2/2014/0209/9d468cccf2af9a46be20.jpg (313664)

14,000年前に封印されたムー一族の封印を解いた博士以下探検隊は、復活したムー原人によって全員が殺され、後を追ってきた剛も命を狙われたが、ペンダントの力で辛くも切り抜けると同時に、鉄人タイガーセブンに変身する力を身につけた。
鉄人タイガーセブンとなった剛は父の仇を討つべく、自分たちを封印した人類への復讐と地上制覇を狙うムー原人たちと戦うことを決意する。しかし、そんな彼を待ち受けていたのは、孤独な戦いと次々と押し寄せる過酷な現実であった。
(出典:Wikipedia)

青木 ジュン - 久万里由香

久万里由香(くまり ゆか)

久万里由香(くまり ゆか)

久万里由香(くまり ゆか、1953年3月2日 - )は、日本の女優、タレント。東京都文京区生まれ。本名・豊田くまり(旧姓・スリャクマリ・シェス)。
インド人の父とインド国籍の日本人である母との間に生れる。三姉妹の三女で、長姉は真理アンヌ。次姉はモデルのプラバー・シェス。
(出典:Wikipedia)
イナズマンFにも村野ユキ役でゲスト出演

イナズマンFにも村野ユキ役でゲスト出演

http://image.space.rakuten.co.jp/d/strg/ctrl/2/437d385eea09a979cf9419a35b58939f43bdb3b8.40.2.2.2.jpg?thum=53 (313668)

1973年 イナズマン(25話まで)・イナズマンF(26話以降)

イナズマン

イナズマン

『イナズマン』は、1973年(昭和48年)10月2日から1974年(昭和49年)3月26日までNET系で毎週火曜日19時30分から20時00分に全25話が放送された、石森章太郎原作東映製作の特撮テレビ番組。また、それに登場する架空のヒーロー。
本作が放映された当時は超能力やUFOなどのオカルトものが一大ブームを起こしており、主人公が超能力者、主人公に協力する「少年同盟」も超能力を持つ少年少女によって構成されている、など本作にも随所にそれらの要素が盛り込まれている。
(出典:Wikipedia)

「ゴーリキショーライ(剛力招来)!」でサナギマンへ変身

「チョーリキショーライ(超力招来)!」でサナギマンからイナズマンへ転身

渡五郎→サナギマン→イナズマンへの変身

渡五郎→サナギマン→イナズマンへの変身

サナギマンは渡五郎が「ゴーリキショーライ(剛力招来)]!」のコールで変身した超人。まるで岩石のような風体で防御力に優れた肉体と怪力を武器にしているが、実際は「サナギ」というその名の通り、五郎の持つ能力ではいきなりイナズマンには変身できないため、そのエネルギーを充填するための中間形態でしかない。イナズマンは、ベルトのゲージが頂点に達してエネルギー充填を完了したサナギマンが「チョーリキショーライ(超力招来)!」のコールで二段変身した超人。サナギマンの表皮が弾け飛んでイナズマンの姿になる。青を基調としたデザインで、原作漫画よりもヒーロー然としている。
(出典:Wikipedia)
イナズマン(左)・サナギマン(右)

イナズマン(左)・サナギマン(右)

イナズマンのストーリー

イナズマンのストーリー

東南大学三年生・渡五郎(わたり ごろう)はある夜、友人の丸目豪作とともに女性と少年が怪人に襲われる現場を目撃する。彼らはそこに助けに入るが怪人に攻撃を受け、五郎は海中に落下してしまう。
気がついた五郎は別の場所におり、その前には先ほどの女性と少年、数人の少年少女たちがいた。彼らは事情を説明する。「自分たちは超能力を持つミュータント・少年同盟であり、帝王バンバの率いる新人類帝国と戦っている」と。
(出典:Wikipedia)
http://livedoor.blogimg.jp/metalorder-card/imgs/6/1/61dca8fd.jpg (313676)

さらに五郎の前に少年同盟の盟主・キャプテンサラーが現れる。彼は「五郎も超能力を持っている」と言い、それを覚醒させる。五郎の超能力とは2つのスタイルを持つ超人への変身能力、すなわちサナギマン、そしてイナズマンに2段変身するというものだった。五郎は少年同盟と共に新人類帝国のミュータンロボットと戦うことを決意する。
第24話・第25話(最終話)はファントム軍団との最終決戦であると同時に新たな敵・デスパー軍団の登場編でもあり、物語はそのまま『イナズマンF』へと続く。
(出典:Wikipedia)
イナズマンFのストーリー

イナズマンFのストーリー

イナズマン・渡五郎は壮絶な死闘の末、帝王バンバを倒しファントム軍団は壊滅した。しかしその直後ファントム軍団を遥かに凌ぐ新組織・デスパー軍団が現れた。その尖兵・ウデスパーは、ファントム軍団を内部分裂させたあのロボット戦士だった。ウデスパーの猛攻の前に、エネルギーの回復していない五郎は退却するが、彼を助けた男女は殺され、偶然近くにいた作業員も巻き添えを食って襲われてしまう。
と、そこにライフルを持った男が現れ、銃声一閃、五郎を助けた。男は五郎を自らの地下アジトに連れて行く。
男はインターポールの秘密捜査官・荒井誠と名乗り、この地下アジトに潜伏して戦うことを申し出る。そして、たった2人の辛く厳しい戦いの日々が始まる。
(出典:Wikipedia)

K麻耶 - 山科ゆり

山科 ゆり(やましな ゆり)

山科 ゆり(やましな ゆり)

山科 ゆり(やましな ゆり、1953年10月26日 - )は秋田県秋田市出身の元女優。本名:嵯峨 正子(さが まさこ)、身長157cm、B80-W58-H85cm、血液型A型。
(出典:Wikipedia)
139 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

懐かしい特撮・アニメ・漫画の傑作エピソードvol.8(想定外の衝撃的な展開・みんなのトラウマ)

懐かしい特撮・アニメ・漫画の傑作エピソードvol.8(想定外の衝撃的な展開・みんなのトラウマ)

懐かしい昭和の特撮やアニメにドラマの衝撃的な傑作エピソードやバッドエンドな特撮作品を振り返ってみましょう。いずれの作品も色々な意味で衝撃的かつトンデモない面白いネタが勢ぞろいです。
トントン | 93,243 view
特撮ヒロイン・ヒーローについて語ろう!

特撮ヒロイン・ヒーローについて語ろう!

少年・少女時代に憧れた!ときめいた!特撮映画や戦隊シリーズなどのヒロイン・ヒーローについて語りましょう!
懐かしい特撮・アニメ・漫画の傑作エピソードvol.12(想定外の衝撃的な展開・みんなのトラウマ)

懐かしい特撮・アニメ・漫画の傑作エピソードvol.12(想定外の衝撃的な展開・みんなのトラウマ)

懐かしい1970年代と80年代の昭和の特撮ドラマを中心に衝撃的な傑作エピソードやアニメや特撮のトラウマ作品も振り返ってみましょう。いずれの作品も色々な意味で衝撃的かつトンデモない面白いネタが勢ぞろいです。
トントン | 49,143 view
懐かしい特撮・アニメ・漫画の傑作エピソードvol.9(想定外の衝撃的な展開・みんなのトラウマ)

懐かしい特撮・アニメ・漫画の傑作エピソードvol.9(想定外の衝撃的な展開・みんなのトラウマ)

懐かしい1970年代の昭和の特撮ドラマを中心に衝撃的な傑作エピソードやバッドエンドな特撮作品を振り返ってみましょう。いずれの作品も色々な意味で衝撃的かつトンデモない面白いネタが勢ぞろいです。
トントン | 57,766 view
悲劇の特撮ヒロイン(20名):ヒロイン降板劇・オイルショックの影響・ヒロインの幸せを踏みにじる悪党ほか

悲劇の特撮ヒロイン(20名):ヒロイン降板劇・オイルショックの影響・ヒロインの幸せを踏みにじる悪党ほか

昭和ウルトラマンや仮面ライダーシリーズを中心に悲劇の特撮ヒロインを振り返ってみましょう。悪党に人生を踏みにじられる悲劇のヒロイン。ウルトラマンレオではヒロインを含め数多くの仲間が亡くなりますが、大幅に製作コストを削減しないと運営できない・・・大勢の俳優に出演料を支払う金がなくなったのか・・・恐るべき大人の事情が透けて見えます。大人の事情が悲劇のヒロインを生み出すパタンが結構多いですよね。
トントン | 72,653 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト