K-1を3度制したピーター・アーツが引退を正式発表!ベストバウト&引退試合の動画紹介
2016年11月25日 更新

K-1を3度制したピーター・アーツが引退を正式発表!ベストバウト&引退試合の動画紹介

K-1 GPを3度制覇した“20世紀最強のキックボクサー”ピーター・アーツが引退を正式発表。 アーツ自身が選んだベストバウトである1997年7月20日のジェロム・レ・バンナ戦、幻の引退試合と言われる2013年12月21日のリコ・ベホーベン戦と、事実上の引退試合となった2014年5月30日のデューウィー・クーパー戦を動画で紹介。

19,501 view

6月8日、ピーター・アーツが正式に引退を発表!

2015年6月8日、『BLADE.2 JAPAN CUP -55kg』の記者会見でピーター・アーツがビデオレターで引退を発表した。

2013年12月、東京・有明コロシアムにて開催された『GLORY 13 TOKYO』で引退試合を行ったアーツだが、その後、引退を撤回。

数試合を行ったが2014年5月、ドバイの大会に参戦した際に右足を負傷。
2015年8月1日に行われる『BLADE.2 JAPAN CUP -55kg』に参戦表明していたが、怪我が回復せず欠場と引退することを決意したという。
VTRで引退を発表するアーツ

VTRで引退を発表するアーツ

アーツはビデオレターの中で、「ケガの回復が思わしくなく自分は引退することを決めました。もう試合は出来ません。今後は指導者として選手を育てていきます」と語っている。
2013年にはK-1全盛期を振り返り、「あの時代、ともに闘ったアンディやマイク・ベルナルドとは、リングではまるで殺し合いのようなガツガツとしたリアルファイトをやっていたけど、試合後は一緒に飲みに行くような間柄だった。その中で、僕は一番最初にキックを始めて、一番最後まで残っている。古き良き時代は、僕で終わるということなのかな」とコメントしていた。

K-1 GPを3度制覇した 「20世紀最強の暴君」ピーター・アーツ

 「20世紀最強の暴君」ピーター・アーツ

「20世紀最強の暴君」ピーター・アーツ

K-1 GRAND PRIX '94、'95、'98王者であり、K-1史上初のグランプリ2連覇および3度目の優勝を成し遂げたほか、17度の決勝トーナメント最多出場、16年連続の決勝トーナメント最多連続出場、6度の決勝トーナメントファイナル最多出場などの記録を持つ。K-1の第1回大会から参戦し、アンディ・フグとアーネスト・ホースト、マイク・ベルナルドとは「K-1四天王」として並び称された。

アーツ自身がベストバウトに挙げる97年のK-1 ジェロム・レ・バンナ戦

1997年7月20日 K-1 DREAM '97 ジェロム・レ・バンナ戦

K-1 GRAND PRIX '94 決勝戦以来二度目の対戦をし、右ハイキックで2ラウンドKO勝ち。このバンナ戦は後にアーツ自身が選ぶ自身のベストバウトの一つに挙げている。

幻の引退試合となった2013年12月21日【GLORY13】

ピーター・アーツ大引退試合 GLORY 13 TOKYO ピーター・アーツVSリコ・ベホーベン by隼門 - YouTube

『アーツ2世』と呼ばれる現在のヘビー級トップファイター『リコ・ベホーベン』と対戦。
ベホーベンのローキックを被弾し、何度もマットに転がされたがアーツは前進をやめず、最後まで得意技である右ストレートとハイキックを繰り出し続けた。判定は2-1。ベホーベンの勝利となった。
試合後に行われた引退式には、かつてK-1でともに戦った魔裟斗、武蔵、東原亜希らが訪れ、アーツを労った。

アーツは「いいファイトだった。ハードな試合だったけれどベストなハートを見せられたと思う。これで最後になるのは寂しいが、いろんな人たちに感謝したい。特に日本の皆さんに大きな感謝をしたい」と引退の言葉を述べた。

さらに「試合に集中してたから、これからのことは考えてなかったけど…選手を育ててGLORYに出場させたり、自分が持っている知識を伝えていけたらいいね」とコメントしていたが、その後引退を撤回し数試合を行い、『幻の引退試合』となった。

事実上、最後の試合となった2014年5月のデューウィー・クーパー戦

ピーター・アーツ vs デューウィー・クーパー

2014年5月30日、ドバイで行われたGlobal FC 3でデューウィー・クーパーと対戦。44歳とは思えない体のキレで果敢に攻めたが、試合開始早々に右足を痛めたこともあり攻めきれずドローに終わった。

日本でアマチュア大会開催するピーター・アーツ

http://www.boutreview.com/2/media/thumbnail/etc_150305peteraertsspirit-kaiken-3.jpg (402188)

2015年3月5日、日本でキックボクシングのアマチュア大会『PETER AERTS SPIRIT』を開催することを発表。
「私の格闘技人生は日本で生まれたK-1で、そして日本のファンによって作られてきました。そんな私は今でも試合をすることはありますが、今後の自分の役割は、子供たちや若い世代にキックボクシングや格闘技の素晴らしさを伝えていくことだと感じています」と挨拶している。
2013年の引退試合後は引退を撤回して復帰したピーター・アーツ。
今回は本当に引退しちゃうのか?

まだまだ雄姿を見続けたい思いもある…。
だが、1987年のプロデビュー以降、28年もリングに立ち続けたピーター・アーツに今はお疲れ様と言いたい。
17 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

今年復活!!年末はK-1を観てた!かっこよかったでしょ!?

今年復活!!年末はK-1を観てた!かっこよかったでしょ!?

年末と言えばK-1でした。スター選手がたくさんいてかっこよかったんですよね!!キラキラしてた選手たちを振り返ります。
かけつけ3杯 | 1,487 view
石井和義の流儀 月給11万円の指導員は突如クーデターを起こした

石井和義の流儀 月給11万円の指導員は突如クーデターを起こした

「アマチュアは勝利にこだわる。当たり前の事です。アマチュア競技は参加料を払って、競技大会に加わり、勝ち負けを競い、栄光の証としてトロフィーや賞状を授与される。勝利のために努力精進する過程において肉体と精神を鍛える それがオリンピック精神であります。しかし、プロ精神は違います。お客様を感動させ満足させて、いかに勝つか、いかに負けるかです。それが銭が稼げるプロ、プロは稼いでなんぼです」
RAOH | 3,882 view
K-1四天王を覚えていますか?その1人ピーター・アーツも愛用!筋肉づくりサポートサプリ【カラレ】

K-1四天王を覚えていますか?その1人ピーター・アーツも愛用!筋肉づくりサポートサプリ【カラレ】

90年代の格闘技ブームで「K-1四天王」のひとりに数えられたピーター・アーツさんも愛用する「karare」。筋肉づくりサポートサプリで、カルシウムHMBやBCAA、L-カルニチンがカラダづくりを効率的にサポート!
アンディ・フグ【K-1時代~最期の戦い】 We Will Rock You 夢はあきらめるな

アンディ・フグ【K-1時代~最期の戦い】 We Will Rock You 夢はあきらめるな

キックボクサーが有利なK-1で、唯一、王者になった空手家。 30歳を過ぎてK-1のリングに飛び込み、3戦目にチャンピオンだったブランコ・シカティックを撃破! K-1グランプリ 2年連続1回戦KO負けした後、空手家として初の優勝!! 白血病との最期の戦いも、ドクターストップによって終わったが、青い目のサムライはギブアップしなかった。
RAOH | 6,489 view
佐竹雅昭  生涯一空手家 永遠の空手バカ

佐竹雅昭 生涯一空手家 永遠の空手バカ

あくまで最強の男を目指し、「闘志天翔」というテーマと、「1位.夢、2位.健康、3位.お金」という人生価値観を実践し続ける男。 空手を武器に総合格闘技のリングにも立った空手バカ一代男は、90年代の格闘技ブームの立役者となった。 批判されることもあるけど、ほんとうに強いし、ほんとうにナイスガイ。 間違いなく格闘技ヒーローである。
RAOH | 32,122 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト