フランシスコ・フィリォのトレーニング Training of Kyokushin Monster
2016年11月25日 更新

フランシスコ・フィリォのトレーニング Training of Kyokushin Monster

地上最強の極真空手において、外国人初の世界大会優勝、100人組手も達成した。K-1にも参戦し「一撃」旋風を巻き起こした。その肉体、身体能力、技術など外的な強さだけでなく、サムライ的、精神的な強さも際立っている。

10,958 view
 (1716698)

Francisco Filho
フランシスコ・フィリォ
1971年1月10日- ブラジル出身
186cm
108.7kg
一撃の怪物(Ichigeki Monster)
極真の怪物(Kyokushin Monster)
筑波大学スポーツ力学研究所で行なった測定で
パンチ力600kg以上、中段回し蹴り(ミドルキック)1t以上という数字を叩き出した。

Francisco Filho Highlight

出典 youtu.be

Francisco Filho

出典 youtu.be

フランシスコ・フィリォのトレーニング

 (1716875)

出典 youtu.be
フランシスコ・フィリォは
ブラジルで放送されていたアニメ『キックの鬼』(梶原一騎原作)をみて
キックの鬼の主人公:沢村忠に憧れ、強い男になりたいという思いが芽生えた。
11歳のとき、はじめてバーベルを握ってベンチプレスをした。
13歳で極真空手の道場に入門し
18歳のときには、
週に1~2時間、多い時には3~4時間、ウエイトトレーニングをするようになり、186cm92kgの肉体で南米チャンピオンになった。
もちろんフィリォにとってウエイトトレーニングは練習の1つであって
メインの空手の練習、ジョギング、ランニングなどの有酸素・無酸素運動、、その他様々な練習、トレーニングを合わせるとだいたい1日4~5時間。
これを週6日行う。

フランシスコ・フィリオ トレーニング ① Francisco Filho Training

出典 youtu.be

フランシスコ・フィリオ トレーニング ②  Francisco Filho Training

出典 youtu.be

1997年当時のフィリォのウエイトトレーニング

 (1716876)

出典 youtu.be
1997年当時のフィリォのウエイトトレーニングメニューは以下のようなものである。
当時のウエイトトレーニングは週2回。
1日は、重量を軽くして回数を多く行う軽負荷多回数制、
もう1日は、重量を重くして回数を少なくして行っていた高負荷低回数制で行っていた。

軽い重さの日のメニュー

スクワット 

スクワット 

スクワット 
 50kg×20回 
 常に一定の深さまで沈み込むため
 尻の下に小さいイスを置いて
 そのイスに尻がつくまでしゃがみ立ち上がる。
デッドリフト(スタンダードフォーム)

デッドリフト(スタンダードフォーム)

デッドリフト 
 50kg×20回 
 スモウ(ワイドスタンス)デッドリフトではなくスタンダードフォームで行う。
64 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

ピーター・アーツ 20世紀最後の暴君の戦記

ピーター・アーツ 20世紀最後の暴君の戦記

初期のK-1で、まさに暴れ回っていたピーター・アーツは、まだ専門学校生。まさに「怪童」でした。以後、毎年、年末に行われていたK-1グランプリで2連覇を含めて3度優勝。40歳を超えてもリングに上がり続け、本当に多くのファイターと戦い、名勝負、名KOシーンを創出し、6度もK-1グランプリのファイナリスト(決勝戦進出)となりました。その飽くなき闘争心で、総合格闘技戦も行っています。2013年には、そのインタービュー記事が巨大な広告となって渋谷駅に掲出されました。
RAOH | 17,751 view
石井和義の流儀 月給11万円の指導員は突如クーデターを起こした

石井和義の流儀 月給11万円の指導員は突如クーデターを起こした

「アマチュアは勝利にこだわる。当たり前の事です。アマチュア競技は参加料を払って、競技大会に加わり、勝ち負けを競い、栄光の証としてトロフィーや賞状を授与される。勝利のために努力精進する過程において肉体と精神を鍛える それがオリンピック精神であります。しかし、プロ精神は違います。お客様を感動させ満足させて、いかに勝つか、いかに負けるかです。それが銭が稼げるプロ、プロは稼いでなんぼです」
RAOH | 3,697 view
アンディ・フグ【K-1時代~最期の戦い】 We Will Rock You 夢はあきらめるな

アンディ・フグ【K-1時代~最期の戦い】 We Will Rock You 夢はあきらめるな

キックボクサーが有利なK-1で、唯一、王者になった空手家。 30歳を過ぎてK-1のリングに飛び込み、3戦目にチャンピオンだったブランコ・シカティックを撃破! K-1グランプリ 2年連続1回戦KO負けした後、空手家として初の優勝!! 白血病との最期の戦いも、ドクターストップによって終わったが、青い目のサムライはギブアップしなかった。
RAOH | 6,474 view
黒澤浩樹  圧倒的な空手家  驚異の下段回し蹴り 格闘マシン  ニホンオオカミ 反骨の戦士

黒澤浩樹 圧倒的な空手家 驚異の下段回し蹴り 格闘マシン ニホンオオカミ 反骨の戦士

他の一切を拒否し「最強」を目指すことのみに生きた男。 敵の脚と心をへし折る下段回し蹴り(ローキック)。 ルール化された極真空手の試合においても、ポイント稼ぎや体重判定、試割判定で無視し、倒すこと、大きなダメージを与えることを目指す姿は、まさに孤高のニホンオオカミ。 また指が脱臼し,皮だけでぶら下がっている状態になったり、膝の靱帯が断裂しグラグラになっても、絶対に自ら戦いをやめない格闘マシン。 総合格闘技やキックボクシング(K-1)への挑戦し戦い続けた反骨の戦士。 黒澤浩紀は、最期まで退くことを知らず死んでいった。
RAOH | 21,120 view
佐竹雅昭  生涯一空手家 永遠の空手バカ

佐竹雅昭 生涯一空手家 永遠の空手バカ

あくまで最強の男を目指し、「闘志天翔」というテーマと、「1位.夢、2位.健康、3位.お金」という人生価値観を実践し続ける男。 空手を武器に総合格闘技のリングにも立った空手バカ一代男は、90年代の格闘技ブームの立役者となった。 批判されることもあるけど、ほんとうに強いし、ほんとうにナイスガイ。 間違いなく格闘技ヒーローである。
RAOH | 32,030 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト