宮沢りえが貴花田との破局を利用?『すったもんだがありました。』1994年の流行語大賞
2017年2月2日 更新

宮沢りえが貴花田との破局を利用?『すったもんだがありました。』1994年の流行語大賞

宮沢りえと貴花田の婚約・破局会見の翌年、タカラ「カンチューハイ」のテレビCMで宮沢りえが『すったもんだがありました。』のセリフがこの一連の騒動を連想させ、大ブレイク。1994年の新語・流行語大賞を受賞した。

13,794 view

1994年の流行語大賞『すったもんだがありました。』宮沢りえ

芸能界と相撲界を揺るがした宮沢りえと貴花田の婚約・破局騒動。
破局会見の翌年、タカラ「カンチューハイ」のテレビCMに出演した宮沢りえが『すりおろしりんご』とかけ『すったもんだがありました。』とセリフをいうと、視聴者はこの婚約・破局騒動を連想した。

『すったもんだがありました。』は1994年の新語・流行語大賞を受賞した。

宝酒造 『タカラ缶チューハイ』すったもんだがありました 篇

婚約解消という暗く深刻になりがちな事実を逆手に取り、さりげなくサラリと自嘲気味に『すったもんだがありました。』と語る姿は視聴者に好感を与えた。

宮沢りえと貴花田(現 貴乃花親方)との婚約・破局騒動

宮沢りえと貴花田の婚約会見

宮沢りえと貴花田の婚約会見

1992年11月27日、宮沢りえは貴花田と手をつなぎ、幸せいっぱいのツーショット婚約会見を開き、“世紀の結婚”と注目を集めた。
翌1993年1月25日、史上最年少大関を決めた貴花田は貴ノ花に改名した「連絡もとってないし、会ってない」と話し婚約解消を公表。
この時相手を悪く言うことをせず「(彼女への)愛情がなくなりました」とだけ言って泥をかぶった姿は感心もされたが、多くの女性と宮沢ファンを敵に回した。宮沢と最後に会った時に言われた言葉は「強い横綱になってください」だったという。

そして、1月27日、宮沢りえが破局会見を行い「人生最高のパートナーになれなかった。残念です」と破談を認めた。

婚約からわずか2か月での破局公表であった。

宮沢りえ&貴花田 破局の真相

【相撲協会や貴花田の母・憲子と、りえママの対立】

貴花田の父である故・藤島親方と友人であった元テレビ朝日ディレクターは、二人の結婚は「相撲協会主導で」という約束であったが、娘を引退させる気がないりえママ(宮沢光子)は「聞いていない」と無視し、いろいろと無理難題を言い始めたことが要因であったと語っている。

また、酔ったりえママが貴花田に母親の憲子さんの悪口を言い、亀裂が決定的になったとも言われている。
宮沢りえとりえママ(宮沢光子)

宮沢りえとりえママ(宮沢光子)

宮沢光子は肝腫瘍のため2014年9月23日に死去。
りえは母の訃報に「最期に、生きるということの美しさと、凄まじさと、その価値を教えてもらいました。そういった全ての宝物を胸に、私は、役者として、母として、女として、惜しみなく生きようと思います」とコメントしている。

美川憲一が宮沢りえを説得していた。

宮沢りえと美川憲一

宮沢りえと美川憲一

美川憲一は宮沢りえを妹のようにかわいがっており、破局会見の当夜には、りえママ、相談相手だった故・木原光知子さんと共に自宅でりえと深夜まで過ごし、励ましていたという。
2014年10月、バラエティー番組に出演した美川憲一は、貴花田(現貴乃花親方)との婚約を解消するよう、りえに電話で説得したことを告白した。

りえママと仲が良かったという美川は、「婚約したときにりえママから電話があった。『やっぱり、嫁ぐところが相撲の世界だから、りえがおかみさんになれる(おかみさんとしてやっていける)ということはありえないと思うのよ』って。それで頼まれてぶっ壊したのよ」と衝撃の事実を語った。

当時、滞在先のロサンゼルスからりえに電話をかけ1時間ほど話し込み「本当にお嫁に行きたいの?」と聞くと、りえは「行きたい」ときっぱり答えた。

しかし、美川は「あんたは背負ってるものが重すぎる。あんたも母一人子一人。私も2人の母(生みの母と育ての母)を背負ってきた。そういう家庭に生まれたらしょうがない、運命だから。おかみさんになったら、お母さんどうするの?ずっと面倒みていかないといけないのよ」と語りかけると りえは、電話の向こうで泣いていたという。

それでも、美川は「あんたもここで、好きだから、って一緒になるんじゃなくて。もう一回考え直して。女優として大成するんだから」と説得したことを明かしていた。
12 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

飲もう~♫森高千里『気分爽快』はアサヒビール「Z」のCM曲!1994年顎関節症を発症した森高の活動もまとめた!

飲もう~♫森高千里『気分爽快』はアサヒビール「Z」のCM曲!1994年顎関節症を発症した森高の活動もまとめた!

1994年1月に発売された森高千里のシングル『気分爽快』。アサヒ生ビール「Z」のCM曲に起用され、森高千里自身も出演していました。ただ、1994年は森高千里にとって顎関節症に悩まされた年でもありました。
ひで語録 | 954 view
【あなたの心に残るギャグ・セリフクイズ】あのシーンが蘇る!みんながマネした流行言葉たちにクイズで挑戦!!②

【あなたの心に残るギャグ・セリフクイズ】あのシーンが蘇る!みんながマネした流行言葉たちにクイズで挑戦!!②

小学校の休み時間にマネしたギャグ、中学や高校になって口癖のように使ってみたセリフ。テレビを通して観た、様々なギャグやセリフが心に残っている人は多いことでしょう。そんなギャグやセリフを10個ピックアップ、それぞれにまつわるテーマをクイズにしてみました。ぜひ、懐かしみながら挑戦してみて下さい!
【あなたの心に残るギャグ・セリフクイズ】あのシーンが蘇る!みんながマネした流行言葉たちにクイズで挑戦!!①

【あなたの心に残るギャグ・セリフクイズ】あのシーンが蘇る!みんながマネした流行言葉たちにクイズで挑戦!!①

小学校の休み時間にマネしたギャグ、中学や高校になって口癖のように使ってみたセリフ。テレビを通して観た、様々なギャグやセリフが心に残っている人は多いことでしょう。そんなギャグやセリフを10個ピックアップ、それぞれにまつわるテーマをクイズにしてみました。ぜひ、懐かしみながら挑戦してみて下さい!
筋骨隆々・寺尾!18歳の貴花田に敗れ、さがりを花道に叩きつけた!1勝14敗でも貴乃花に勝ちたい!!

筋骨隆々・寺尾!18歳の貴花田に敗れ、さがりを花道に叩きつけた!1勝14敗でも貴乃花に勝ちたい!!

元関脇鶴ヶ嶺を父に持ち、二人の兄も力士で、井筒3兄弟と言われた角界のサラブレッド・寺尾。しかし、親の七光りではなく、努力と情熱で39歳まで現役を続け、鉄人と呼ばれた。貴花田との名勝負や貴闘力や小錦の最後の取組相手にもなった寺尾の足跡を辿る。
ひで語録 | 96,998 view
90年代芸能界熱愛カップル

90年代芸能界熱愛カップル

1990年代初めは、まだバブルの残り香があり、良い意味でも悪い意味でもイケイケだった時代。それだけに、芸能界の熱愛カップルも多く世間を賑わせていました。ワイドショーの主役になっていた1990年代の芸能界熱愛カップルをプレイバックしていきましょう。
yt-united | 39,840 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト