2016年5月13日 更新

【つくば万博】あなたは行きましたか?1985年の「つくば万博(国際科学技術博覧会、科学万博、つくば '85)」

1985年のつくば万博を憶えていますか。様々な国や企業がパビリオンを連ねた1985年のつくば万博(国際科学技術博覧会、科学万博、つくば '85)はまさに21世紀に対する期待の縮図でした。メインキャラクターだったコスモ星丸も懐かしい、そんなつくば万博について振り返ってみましょう。

42,613 view

つくば万博(国際科学技術博覧会、科学万博、つくば '85)

私たちの世代ですと、「84年のロス五輪⇒85年のつくば万博」は幼いころの印象に残っている方も多いかもしれません。
つくば万博'85マスコットキャラクターのコスモ星丸

つくば万博'85マスコットキャラクターのコスモ星丸

1985年3月17日から同年9月16日までの184日間、主に筑波研究学園都市の茨城県筑波郡谷田部町御幸が丘(現在:つくば市御幸が丘)で行われた国際博覧会。
マスコットキャラクターの「コスモ星丸」は、1981年から1982年にかけて日本全国の小中学生から公募され、当時愛知県一宮市に住んでいた中学一年生の女子生徒がUFOをイメージして描いたものに、選考委員だった和田誠が仕上げを加えたものであるという。

なお当初は「ピコちゃん」という仮称が付けられていたが、アンケート調査などを経て正式名が決定した。

CM 科学万博 つくば博 コスモ星丸 - YouTube

コスモ星丸を使ったつくば万博のCM
1981年4月22日に『「国際博覧会に関する条約」に基づく特別博覧会』として登録され開催が決定し、財団法人国際科学技術博覧会協会が主催となって行われた。

「人間・居住・環境と科学技術」を博覧会のテーマとし、日本を含む48ヵ国と37の国際機関が参加した。

総入場者数は、2033万4727人で、当時の特別博覧会史上最高入場者記録となった。会場面積は101.6ヘクタール。
会場となった筑波研究学園都市

会場となった筑波研究学園都市

開催前年の1984年撮影の会場周辺の空中写真。パビリオン等の施設の多くが確認できる。

つくば万博のシンボルマーク

つくば万博のシンボルマーク

つくば万博のシンボルマーク

「宇宙」「地球」「人間」「科学」「芸術」などの未来像をイメージして作られたという。形は、青地の三角形の中に白丸と2個の輪が描いたものが使用された。

三角形の頂点は「筑波の山々」を表し、みっつの角は、「人間」「居住」「環境」を、白丸は「太陽」を、ふたつの輪は「人間」と「科学」を表す。田中一光作。

つくば万博会場の主なパビリオン

会場内はA~Gブロックに区分され、様々な企業や国のパビリオンが登場しました。

つくば万博ーAブロック

いばらぎパビリオン

いばらぎパビリオン

茨城県のパビリオン。
テーマは「今、新しい未来のために-自然・科学・人間」。
建物は、白くふたつの山型をしている。会場からも見る事ができた茨城県のほぼ中心に位置する山「筑波山」をモチーフに作られた。
EXPO'85日立グループ館

EXPO'85日立グループ館

日立グループのパビリオン。
テーマは「Interface-技術との自由な対話」。
建物は、白い帽子のような形だった。客席は回転式フロアーなので中心は円柱型になっている。
東芝館

東芝館

東芝のパビリオン。
テーマは「ヒューマン エレクトロニクス」。
建物は赤い鉄骨で覆われ、中央に大きくかかれたTOSHIBAの文字が印象的だった。設計は黒川紀章。上から見ると半円柱・直方体・三角柱が一列に並んでいるように見える構造体。
滝の劇場 三井館(Mitsui Water Theater)

滝の劇場 三井館(Mitsui Water Theater)

三井グループのパビリオン。
テーマは「人と科学、人と自然、そのすばらしい関係」。
パビリオンは白い鉄骨で覆われた建物の中心から、青と水色で塗られた二本の円錐が空に向かって突き出ているもので、正面から見るとMラインをイメージしているものだった。Mとは、Mitsui(三井) Mind(心) Mental(精神) Mate(仲間) Man(人間) の5つのMを表しており「感動する心を持ち続けることができるのか。人と科学そして自然は、どこまで素晴らしい関係を作ることができるか」をテーマとしていた。設計は黒川紀章。
住友館 3D-ファンタジアム

住友館 3D-ファンタジアム

住友グループのパビリオン。
テーマは「自然への愛・人間への希望」。
建物は、鏡とハーフミラー張りの壁面に黄色いフレームが突き出ているもので、フレームがまるで浮かんでいるように見え、当時は反響を呼んだ。立体の黄色いフレームは一辺が12.5メートル、幅は1.3メートルで、カーボンファイバーで補強した薄い軽量コンクリート(CFRC)製だった。見えているフレームの本物は4分の3で、残りは135度に向かい合った鏡に映っていた。また、フレームの下の池も鏡の役目を果たしていた。建物の壁面は全てを鏡にすると館内が暗くなってしまうため、半分をハーフミラーとして外光を取り入れることで照明の数を減らし、省エネ化に努めた。また、鏡とハーフミラーをできるだけ同じように見せるためにプラナーマグネトロンスパッター法でハーフミラーを銀色に着色した。設計は福田繁雄。
UCCコーヒー館

UCCコーヒー館

AブロックUCC上島珈琲のパビリオン。
テーマは「Good day! Nice friends!」。科学万博のテーマの一部である「for Man at Home」を受けたかたちで、文化性、対話性、国際性、未来性を出展の基調にし、博覧会場にゆとりと安らぎの場を提供した。
白い大小ふたつのピラミッド型の建物が建ち、間にステージがあった。ピラミッド型はブルーマウンテンの山頂をシンボル化したものだった。
【ガスパビリオン】

日本ガス協会のパビリオン。
テーマは「火・食・くらし」。
正面から見ると白く縁取られた6本の緑、青のシリンダーを模した円からなる建物だった。
炎の樹:高さ25mのシンボルタワーで、頂部には直径1メートルで1800のノズル。地上6メートルには直径1.3メートルで3100のノズルを有した球形バーナーで炎の演出をした。博覧会期間中に使用するガスは26万立方メートル。この時代の家庭で使用する一ヶ月の平均消費量35.4立方メートルの612年分だった。

つくば万博ーBブロック

日本アイ・ビー・エム館

日本アイ・ビー・エム館

日本IBMのパビリオン。
テーマは「科学する心育む-21世紀への遺産」。
建物は、□の上に△が○を囲むような形で建っている。「□△○」がキーワード。配布していたパンフレットにも大きく描かれていた。設計は黒川紀章。
くるま館

くるま館

テーマは「自由なモビリティを求めて」。
建物は高さ36メートルで、直径30メートルの円柱の周りをスパイラル状にチューブ(スペースハイウェイ)が巻き付いている形だった。夜になると円柱をスクリーンに見立てて自動車のシルエットなどが映し出されていた。
富士通パビリオン

富士通パビリオン

富士通のパビリオン。
テーマは「人間・ゆめ・技術」。
建物の壁面には滝が流れ、高さ15メートルに位置する幅5.3メートルのフレームが浮いているような建物だった。これはテンセグリティ構造体を応用して作られたフレームで、設計は当時日本大学理工学部助教授の斉藤公男。長さ5メートル、直径16センチメートルのパイプを一辺とする正三角形のトライアングル4つを組み合わせ、直径2.5センチメートルのワイヤで組み立てて、さらにこれを4段に積み上げた。風速60メートルの風や、マグニチュード7の地震にも耐えられる設計だった。
芙蓉ロボットシアター

芙蓉ロボットシアター

芙蓉グループのパビリオン。
テーマは「人間を大切にあしたの科学」。
建物は、銀河系に浮かぶ地球をイメージしたもの。
世界初のロボットショーが上演され、入館前に選ばれた子どもとフレンドロボット「マルコ」との対話や、ロボット同士の恋物語、ボール型ロボットを使ったサッカーゲームなどで連日観客を楽しませた。ロボットはルイジ・コラーニによる曲線的なデザイン。またアリーナで司会を担当したコンパニオンはローラースケートにワイヤレスマイク内蔵のヘルメット付きコスチュームで登場し、当時としては斬新だった。
TDKふしぎパビリオン

TDKふしぎパビリオン

TDKのパビリオン。
テーマは「科学する心・創造する心」。レーダーや医療機器に使用されている超音波レーダーはコウモリの研究から。赤外線レーダーはガラガラヘビの研究から生まれたもので、人間の感覚を超えた動物の特技は科学的発見に大きな役割を果たして来ていることから、様々な動物の視覚、聴覚、触覚を体験してもらうパビリオン。
50万年後の未来から来た不思議な生物で、象と昆虫と鳥が融合している「象昆虫」をイメージした建物だった。
【でんでんINS館】

日本電信電話公社(電電公社)(会期中の1985年4月1日より民営化され、日本電信電話株式会社(NTT)となった)のパビリオン。
テーマは「INSがひらく夢のある暮らし」。当時、東京の三鷹・武蔵野のモデル地区でしか使えなかった高度情報通信網INSを利用した暮らしを万博会場で体験してもらうのが狙いだった。
立方体の上に、かまぼこ型の屋根が乗っている建物だった。
【講談社ブレインハウス】

講談社のパビリオン。
テーマは「宇宙、人間、未来」。
高さ25メートル、直径22メートルの円筒が垂直に立っている形の建物で、左脳と右脳を表現していた。建物の天井にはLEDや電球、グラスファイバー、スチールワイヤーが張り巡らされ、脳の神経細胞「ニューロン」を表現し、建物全体で人間の脳の100万倍の大きさの脳を表現した。
【三菱未来館】

三菱グループのパビリオン。
テーマは「すばらしい地球・人間」。
建物は、大小ふたつの三角柱を組み合わせた独特の形で、外側に大きくせり出した外壁のミラーが特徴的だった。
【松下館】

松下グループのパビリオン。
テーマは「日本人と日本文化の源流を探る」。
最先端技術で古代の文化を説明する、前方後円墳を模した建物だった。

つくば万博ーCブロック

【国連平和館】

テーマは「開発による平和-行動する国連」。
建物は、青と白に塗り分けられた半球ドーム型。地球儀を形作る紙の形をしたコンクリート片40枚を組み合わせて作られた。

つくば万博ーDブロック

SONYジャンボトロン

SONYジャンボトロン

ソニーが施設参加として万博側に提供。
テーマは「夢は大きい方がいい」。
縦20メートル・横40メートルの2000インチ超巨大テレビの形をした建物。
内容は、各種映像の表示。会場風景、TV番組、ゲーム画面などを写していた。
画面には偏向膜が覆われていて、3D映像を流す事ができた。
同社から発売されていたMSX版「ロードランナー」のゲーム大会も行ったこともある。
1984年のNHKゆく年くる年で、いち早くお披露目された。

つくば万博ーEブロック

【テーマ館】

日本政府出展のパビリオン。
テーマは「人間・居住・環境と科学技術」。
高さ42メートルの透明なシンボルタワーと「我が国土」がテーマのA館と「我が暮らし」がテーマのB館の2棟からなるガラス張りの建物だった。
【歴史館】

日本政府出展のパビリオン。
テーマは「日本の科学技術のあゆみ」。
U字型の白い建物だった。
日本の技術発展の歩みを展示。弥生時代の農機具、明治時代作られた国産の蒸気機関車(国鉄860形蒸気機関車)や発電機、現代のエレクトロニクスまで展示されていた。

つくば万博ーFブロック

テクノコスモス

テクノコスモス

京セラ・泉陽興業・ローランド・文化シヤッター・フジキン・エスペックのパビリオン。
テーマは「超と極の世界」。
85メートルにもおよぶ、当時世界一の大きさの大観覧車がメインの建造物だった。
【ダイエー館 詩人の家】

ダイエーのパビリオン。
テーマは「人みな詩人、物みな光る」。
半地下式板張りのピラミッド型建物で、階段状の屋根は3600名が休める巨大ベンチとなっていた。
直径16mのドームスクリーンで詩が朗読や映像で表現されていた。

つくば万博ーGブロック

49 件

思い出を語ろう

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

マリオやリンクが映画デビュー!?任天堂が映画界への参入を計画中!

マリオやリンクが映画デビュー!?任天堂が映画界への参入を計画中!

1985年発売の「スーパーマリオブラザーズ」を大ヒットさせ、世界的ゲームメーカーにまで成長した任天堂。その任天堂が映画業界へ進出の一報が入ってまいりました!過去にはハリウッドが手掛けて「?」となった実写化、今回はうまくいくのでしょうか!?
【あの頃の流行語を振り返る】1981~1985年に流行った流行語、憶えていますか?時が経つと廃れてしまうけれど、あの頃みんな使っていた流行語を振り返る。

【あの頃の流行語を振り返る】1981~1985年に流行った流行語、憶えていますか?時が経つと廃れてしまうけれど、あの頃みんな使っていた流行語を振り返る。

「流行語」一過性の爆発力を持った言葉から、世相を反映した言葉、今なお使われ続けている言葉など、様々な流行語がありますよね。その語源は音楽だったり漫画だったり、時には事件だったりと様々。そんな流行語を年代別にお届けするこのシリーズ。今回は「1981~1985年」を振り返ります。
青春の握り拳 | 16,078 view
【2015年10月21日午後4時29分】「バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2」が予見した2015年の世界とは?

【2015年10月21日午後4時29分】「バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2」が予見した2015年の世界とは?

バック・トゥ・ザ・フューチャーシリーズ3部作の中で「バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2」は未来が舞台でしたね。そしてその未来、2015年だったんですよね。映画が描いた2015年、現実はどうなっている?をちょっとまとめてみました。
青春の握り拳 | 26,428 view
【シルバニアファミリー30周年】1985年発売開始と同時に女の子に大人気!先行したテディベアストーリーも上回る人気ぶりでした♪

【シルバニアファミリー30周年】1985年発売開始と同時に女の子に大人気!先行したテディベアストーリーも上回る人気ぶりでした♪

「シルバニアファミリー」夢中になって遊んだ女の子は多いのではないでしょうか。1985年の登場以来大ヒット商品となった「シルバニアファミリー」も2015年には20周年を迎えました。そんなシルバニアファミリーについて振り返ってみましょう。
青春の握り拳 | 6,384 view
【社会科の授業で習いませんでした?】石油は20年で枯渇する【枯渇しない説が浮上】

【社会科の授業で習いませんでした?】石油は20年で枯渇する【枯渇しない説が浮上】

私たちが小学生だった1980年頃に、社会科の授業で、「石油はあと20年で枯渇する」って習いませんでしたか。その説だと2000年頃には石油は空っぽになっているはずなのに、2017年になっても石油はあります。最近、石油は枯渇しないという説まで浮上しています。石油って何なのか、調べてみました。
ジバニャンLOVE | 6,565 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト