伝説の人気番組「大場久美子のコメットさん(当時18歳)」から現代まで、私たちの永遠のアイドルである「1億人の妹」大場久美子さんを振り返ります。
2020年2月28日 更新

伝説の人気番組「大場久美子のコメットさん(当時18歳)」から現代まで、私たちの永遠のアイドルである「1億人の妹」大場久美子さんを振り返ります。

1978年のコメットさんのヒロインを通じて、アイドルとして大ブレイクした大場久美子さん。テレビ特撮ドラマ「コメットさん」およびアイドル時代の活躍やグラビア活動(ヌード含む)を振り返っていきます。

44,241 view

大場久美子

大場 久美子(おおば くみこ)

大場 久美子(おおば くみこ)

大場 久美子(おおば くみこ、1960年1月6日 - )は、日本の女優、歌手、心理カウンセラー。埼玉県川口市出身。三人兄妹の長女(兄一人、弟一人)。オフィスキコ所属。

公称サイズ:身長153cm・バスト80cm・ウエスト58cm・ヒップ83cm・靴サイズ23cm。

1978年 同年6月12日から翌年9月24日まで約1年3ヶ月間放送されたTBS系のテレビ番組「コメットさん」(第2期、全68話)のヒロインを務め、全国的にその名が知れ渡り、ブロマイドが爆発的に売れ、一躍トップアイドルになる。

1999年から、母の死が引き金となり約8年間、パニック障害を患っていたが、パニック障害を克服したことを契機に、認知行動療法を学び、2009年10月、日本推進カウンセラー協会の心理カウンセラーの資格を取得。翌年半ば過ぎ頃から、心理カウンセラーとしての活動も本格的に開始する。
(出典:Wikipedia)

大場久美子のコメットさん 1978年6月12日 - 1979年9月24日

大場久美子のコメットさん 1978年6月12日 - 1...

大場久美子のコメットさん 1978年6月12日 - 1979年9月24日

『コメットさん』は、国際放映による特撮ドラマ作品。または、それを原作とした日本の漫画。横山光輝により「週刊マーガレット」に連載されていた。および、その主人公の魔法使いの名前。

1978年6月12日 - 1979年9月24日にかけて、同じTBS「ブラザー劇場」の時間帯で大場久美子主演でリメイクされた。全68話。このシリーズはキッズステーション、TBSチャンネル、チャンネルNECOおよび第一興商スターカラオケにて再放送された。本作が「ブラザー劇場」の最終作となり、「ブラザーファミリーアワー」枠に引き継がれた(ビデオ等では『大場久美子のコメットさん』と表記)。また、大場版コメットさん放送終了と同時にTBS月曜19時枠からはドラマが現在まで放送されていない。
(出典:Wikipedia)
初代(第一期)コメットさん(1967年7月3日 - 1...

初代(第一期)コメットさん(1967年7月3日 - 1968年12月30日)は九重佑三子さん主演

子供の視点(いたずらや学校の事など)がドラマの中心となっている(コメット自身も、校長からイタズラっ子として扱われている。ベータ星から地球へ追放されたのも、いたずらを戒めるため)。ベータン(第14話より最終話)、コメットの祖母(第35話より第44話)がレギュラーである点も、特徴である。
(出典:Wikipedia)
第二期のコメットさん:大場久美子 当時18歳

第二期のコメットさん:大場久美子 当時18歳

乙女座の女の子コメットは、星の学校の卒業試験として、『地球で一番美しいもの』を探すようにと言われて地球にやって来る。
そして、沢野家の家政婦として働きながら、時にはバトンで魔法を使って、コメットは人間同士の触れ合いの中で『美しいもの』を見つけていく…。
宇宙からやってきたコメットさん(大場久美子)が、地球で...

宇宙からやってきたコメットさん(大場久美子)が、地球で困ったことを魔法で解決していくドラマ

宇宙のかなたからやってきたヒロイン・コメットが地球に降り立って、「地球での困りごとを魔法を使って解決していこう」というコンセプト。アメリカ映画『メリーポピンズ』がヒントとされている。
魔法にはバトンを使用する、お手伝いさんとして住み込んでいる、歌が重視されている点も共通(それぞれ、住み込んでいる家庭の父親または母親が歌う点も共通)。
(出典:Wikipedia)
コメットさんは「美しいもの」を探すために地球を訪れ、魔...

コメットさんは「美しいもの」を探すために地球を訪れ、魔法を使いながら「人と人との心の触れ合い」を求めていく 。コメットの視点(恋愛ドラマ)が多いことが特徴(若くてハンサムなゲスト俳優が多い)。また、特撮に関しては旧作のようなセルアニメ合成や人形アニメの使用などは行われていなく、光学合成による特撮が比較的多い。 コメットが星空に話しかけると母親(演:小山明子)の像が浮かぶ(微笑む、うなずく、首を振って否定する、などの対応をする)。

2012年3月の第4回沖縄国際映画祭にて、特別上映の「...

2012年3月の第4回沖縄国際映画祭にて、特別上映の「リスペクト上映・リスペクトヒーロー&ヒロイン」の上映作品に「ウルトラマンタロウ」・「仮面ライダーV3」と共に選ばれ、第1話・第22話・第43話・第68話が上映された。

その理由として、「1.初代(第1期)をリスペクトし、そのオリジナルの世界観を継承しながらも今なお初代にも負けず劣らぬ支持を集めている事。2.番組放映後、作品にインスパイアされて制作されたテレビシリーズが数多い事」が挙げられた。
(出典:Wikipedia)
http://blog-imgs-42-origin.fc2.com/s/h/o/shoudoutekinews/f2833a8f.jpg (699699)

http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/89/0000313089/57/img30625d2dzikazj.jpeg (699700)

http://ec2.images-amazon.com/images/I/419JuqCAKlL._SX500_CR-1,-1,500,400_.jpg (699701)

http://ecx.images-amazon.com/images/I/419BMlKp-KL.jpg (699702)

http://ec2.images-amazon.com/images/I/41ujYzYhYBL._SX500_CR-1,-1,500,350_.jpg (699703)

http://ecx.images-amazon.com/images/I/51K867KvHuL.jpg (699704)

http://blog-imgs-62.fc2.com/k/i/n/kingojiss/fc2_2013-10-19_20-52-18-657.jpg (699705)

「1億人の妹」懐かしい大場久美子のクラビア

1978年 同年6月12日から翌年9月24日まで約1年...

1978年 同年6月12日から翌年9月24日まで約1年3ヶ月間放送されたTBS系のテレビ番組「コメットさん」(第2期、全68話)のヒロインを務め、全国的にその名が知れ渡り、ブロマイドが爆発的に売れ、一躍トップアイドルになる。

1977年6月5日 東芝EMI(現:ユニバーサルミュー...

1977年6月5日 東芝EMI(現:ユニバーサルミュージック)より『あこがれ』で歌手デビュー。「一億人の妹」というキャッチフレーズの下、その後立て続けにシングル曲を生み出した。

http://livedoor.blogimg.jp/omonet/imgs/6/d/6d872112.jpg (699709)

45 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

奇跡のアラフィフ!かとうれいこ(51)が年齢を感じさせない美貌を公開!過去のグラビアと徹底比較!!

奇跡のアラフィフ!かとうれいこ(51)が年齢を感じさせない美貌を公開!過去のグラビアと徹底比較!!

90年代に巨乳グラビアアイドルとして活躍したタレント・かとうれいこ(51)が、自身のインスタグラムにて最新の自撮りを公開し、そのアラフィフらしからぬ若々しさ溢れる美貌に注目が集まっています。
隣人速報 | 4,194 view
[特撮悪役ヒロイン・ハイライト] 風のシズカ 「ぺぺぺのぺー!」 山崎真実(やまさき まみ)|轟轟戦隊ボウケンジャー

[特撮悪役ヒロイン・ハイライト] 風のシズカ 「ぺぺぺのぺー!」 山崎真実(やまさき まみ)|轟轟戦隊ボウケンジャー

人気の悪役ヒロインの「風のシズカ」を振り返ります。得意技の7変化などの名シーン、風のシズカを演じていた山崎真美さんのグラビア(私服・水着)を通じて風のシズカの魅力を再確認することができます。
ガンモ | 69,297 view
ヤンマガの創刊40周年記念!最新号に雛形あきこ、熊田曜子、井上和香、紗綾の伝説のグラビアが再掲載されます!!

ヤンマガの創刊40周年記念!最新号に雛形あきこ、熊田曜子、井上和香、紗綾の伝説のグラビアが再掲載されます!!

漫画雑誌「週刊ヤングマガジン」がこのたび40周年を迎えたのを記念し、7月6日発売の最新号『週刊ヤングマガジン 32号』にて雛形あきこ、熊田曜子、井上和香、紗綾の伝説のグラビアが再掲載されています。
隣人速報 | 2,800 view
特撮美少女ヒロインの歩み(昭和から現代まで・75名)ウルトラシリーズ・仮面ライダーシリーズ・スーパー戦隊シリーズほか

特撮美少女ヒロインの歩み(昭和から現代まで・75名)ウルトラシリーズ・仮面ライダーシリーズ・スーパー戦隊シリーズほか

1960年代の特撮番組の黎明期においては番組に華を添え、主人公たちを影から支えるような存在であった特撮ヒロインが、徐々にアイドル的存在・番組に不可欠な重要な存在となっていき、視聴率に大きな影響を与えるような存在になっていきます。そして、特撮テレビドラマはすでに知名度があるアイドル、グラビアタレントやモデルが女優デビューする機会にもなっていきました。現在の特撮ヒロインはより多彩で多面的な役割を担ってきています。特撮ヒロインの歩み・歴史をざっくりとおさらいしてみましょう。
トントン | 138,069 view
伝説のグラビアアイドルの古谷芳香(ふるやよしこ)のグラビアまとめ。グラビア活動は1990年前半(1991年中心)のわずか数年だけ。

伝説のグラビアアイドルの古谷芳香(ふるやよしこ)のグラビアまとめ。グラビア活動は1990年前半(1991年中心)のわずか数年だけ。

メリハリのきいたナイスボディと、ワイルドな眼差しを持つ彼女の魅力がいっぱいのグラビア。活動自体は写真集やIVが中心であったため、それ程、知名度はないが、 ほんわかした癒し系の美人顔でありながら、際どい水着やシースルーな衣装を まとって、巨乳と透け乳首を余すことなく見せつけてくれた。
ガンモ | 56,668 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト