小学生には衝撃的すぎた「さらば桑田真澄、さらばプロ野球」著作・中牧昭二
2016年9月22日 更新

小学生には衝撃的すぎた「さらば桑田真澄、さらばプロ野球」著作・中牧昭二

PL学園が甲子園を盛り上げていた時代。小学生だった私にはKKコンビが憧れの存在でした。 そんなKKコンビのプロ野球入団の裏側を知らされた衝撃作をプレイバック!

24,399 view
桑田と清原。
PL学園の2人は甲子園が生んだスターだった。

運命の1985年のドラフト。

「巨人、選択希望選手。桑田真澄、投手、PL学園。」

このアナウンスは日本全国に衝撃を与えた。あるメーカーの営業を除いて。

「さらば桑田真澄、さらばプロ野球」ってどんな本?

さらば桑田真澄、さらばプロ野球

さらば桑田真澄、さらばプロ野球

『さらば桑田真澄、さらばプロ野球』(さらばくわたますみ、さらばプロやきゅう)は、1990年リム出版から発行された中牧昭二の著作。桑田真澄を中心としたプロ野球の裏金問題について書いた内容である。「中小メーカーが大手に対抗するために裏金を中心にしたあらゆる手段をとらねばならなかった業界の実態も暴露した」と評されることとなった。本の内容が国会でも採り上げられるなど社会問題化し、年間の売上げでは19位、ノンフィクション部門では8位を記録した。
当時、野球少年だった私はこの本を親にねだって買ってもらった記憶がある。中身が衝撃的過ぎて、母親にはあまり良い印象を与えなかったことを鮮明に覚えている。

書籍の概要

当時、スポーツ用品メーカーカドヤスポーツで販売促進課長であった著者が、読売ジャイアンツの桑田真澄と関わった際に、スポーツ用品のアドバイザリー契約を結ぶ見返りに、同選手に多額の裏金を要求され、それに従って支払い、ソープランドなどにも何度も連れていかされたと主張する話が記載されている。さらに、水野雄仁投手や、他選手に関することも書かれている。

同著はまず、スポーツ用品メーカーが、宣伝効果を目的として自社の製品を使ってもらうために、高校球児に自社の商品を無料で支給したり監督を接待したりしている実情について語ることから始まる。投手の場合は、テレビに映る時間が特に長いため、自社のグラブを使ってもらうことは特に重要であるとのことである。

著者「中牧昭二」

中牧昭二

中牧昭二

中牧 昭二(なかまき しょうじ、1956年3月6日 - )は、日本の衆議院議員秘書、元プロレスラー。長野県上田市出身。

拓殖大学ではアメフト部に所属し、1979年、運動用具メーカーのカドヤスポーツに入社。以後、販売促進課に勤務した。

1990年に出版した『さらば桑田真澄、さらばプロ野球』はベストセラーとなり、1990年の単行本・ノンフィクション部門で年間売上8位を記録した。
なんとこの後、スポーツ用品メーカーを退職して、プロレスラーの道へ。
後にプロレスラーに転向するためSWSの入団テストを受けたが不合格となり、大仁田厚率いるFMWに入団。1992年5月31日に、ターザン後藤戦でデビュー。その後はW★ING→IWAジャパン→大日本プロレスとインディー団体を転々とし、画鋲デスマッチ等の流血の多い激しい試合を展開した。
現在は大仁田厚の議員時代の秘書を経て、、自由民主党静岡8区選出塩谷立の公設第一秘書(2007年10月~2008年1月の間に就任。現在に至る)となっている模様。

この人自身もこの著作によって人生を大きく変えることとなった。

ワールドペガサス社のグローブ

問題となったスポーツ用品メーカーは「ワールドペガサス社」
http://auctions.c.yimg.jp/images.auctions.yahoo.co.jp/image/ra074/users/6/8/0/6/takakoba12-img600x470-1426778450brnltg10737.jpg (855742)

だが、この著作が書店に並んだ後も桑田はずっとワールドペガサスを使い続けた。
大リーグに挑戦した桑田

大リーグに挑戦した桑田

現役晩年に大リーグ挑戦した際もワールドペガサスのグローブだった。
結局はずっと同じメーカーのグローブを使い続けた桑田。
暴露された内容はほとんど真実との見方が強い(書籍内容については訴訟となっていない、野球賭博の件のみが訴訟となった)があなたはどう思われただろうか。

是非、一度読んでみて頂きたい。
23 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

プロ野球、オフシーズンの注目はドラフト!5球団以上からドラフト1位指名を受けた歴代の注目選手たち!!

プロ野球、オフシーズンの注目はドラフト!5球団以上からドラフト1位指名を受けた歴代の注目選手たち!!

レギュラーシーズンを終えて日本シリーズを戦うと、プロ野球は来春までのオフに突入します。オフシーズンで注目されることといえばドラフト、年俸更改、移籍(FA)ですよね。なかでも選手補強の重要イベントであるドラフトは、夏の甲子園の興奮なども蘇って大いに注目されます。そんなドラフトでも注目を浴びた歴代の選手たち。
青春の握り拳 | 9,771 view
プロ野球オールスターゲーム、記憶に残る名場面といえば?【名シーン10選】

プロ野球オールスターゲーム、記憶に残る名場面といえば?【名シーン10選】

プロ野球の夏の風物詩といえば「オールスターゲーム」。真剣勝負とエンターテインメントがミックスされる舞台では、これまで多くの印象的な名勝負やプレーが生まれてきました。その中から、特に記憶に残る名場面「10選」を振り返ります。
鼻から牛乳 | 29,049 view
桑田真澄 桑田ロード、すなわち野球道 小さな体をした真のエース

桑田真澄 桑田ロード、すなわち野球道 小さな体をした真のエース

本来、「すみませんでした」という謝罪は「澄みませんでした」 ということ。そういう意味で桑田真澄はほんとうに澄んだ男なのかもしれない。数字や勝ち負けなどの結果や巨額の年俸がクローズアップされやすいプロ野球において、「結果はクソ」とプロセス主義を貫き、「試練や困難は自分を磨くための砥石」「努力している自分が好き 」と自分を磨くこと「人間力」を上げることを人生の価値とした。そしてライバル清原和博同様、スケールの大きな、そして好対照な野球道を歩んだ。
RAOH | 2,486 view
清原和博 オリックス時代 想い続けた「あと1本、ホームランが打ちたい」そして引退!!

清原和博 オリックス時代 想い続けた「あと1本、ホームランが打ちたい」そして引退!!

清原和博の最後の戦い。大手術後、パワーを失ってしまった肉体。でも想い続けた「あと1本、ホームランが打ちたい」引退試合で、王貞治から贈られた花束と言葉!
RAOH | 977 view
清原和博  愛と笑いと涙の巨人時代

清原和博 愛と笑いと涙の巨人時代

ドラフト会議で裏切られたと感じた巨人への移籍。 合理的でクールな関東の最強球団を関西系の番長が盛り上げた。
RAOH | 2,098 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト