1980年代後半から90年代アイドルのグラビアまとめ:田村英理子・伊藤美紀・城戸真亜子・本田美奈子・長山洋子・藤井一子・西田ひかるほか
2015年10月7日 更新

1980年代後半から90年代アイドルのグラビアまとめ:田村英理子・伊藤美紀・城戸真亜子・本田美奈子・長山洋子・藤井一子・西田ひかるほか

収録アイドル:田村英理子・本田美奈子.・伊藤美紀・長山洋子・城戸真亜子・小泉今日子(歌のみ)「迷宮のアンドローラ」「夜明けのMEW」・藤井一子・西田ひかる・渡辺満里奈。グラビアやお宝映像や代表曲などの音楽のまとめです。

76,696 view

1980年代後半から90年代アイドルグラビアまとめ

時代はハイレグ!食い込み過ぎ注意!! - YouTube

1990年代のアイドル水泳大会:恐怖の水上ブランコより

長山洋子・西田ひかる・伊藤美紀・藤井一子ほか90年代アイドルの活躍を確認できます。

田村英理子

田村 英里子(たむら えりこ)

田村 英里子(たむら えりこ)

田村 英里子(たむら えりこ、1973年1月16日 - )は女優、歌手。茨城県出身。 血液型はB型。T164 B82 W56 H85。 SAGのメンバー。E, Inc.代表取締役。アメリカでの代理人は「CAA」。ニコール・キッドマンと同じ弁護士を雇っている。

父親の仕事の都合で8歳から13歳までを旧西ドイツ、デュッセルドルフ市で過ごし、現地では日本人学校へ通っていた。14歳で日本に帰国し、受けたオーディション「決定!全日本歌謡選抜・スターは君だ」で「湾岸太陽族」を歌い[要出典]グランプリを受賞。大手プロダクション各社からスカウトされ、サンミュージックプロダクションに所属することを決める。中学3年の終わりに上京、東映映画『花の降る午後』(大森一樹監督)に古手川祐子と数シーンだが共演しスクリーンデビューを果たす。
1989年3月15日、東芝EMIから「ロコモーションドリーム」でアイドル歌手としてメジャーデビュー。オリコン週間チャート9位初登場を記録し、同年デビューの歌手の中でもトップを記録した。サンミュージックプロダクションと東芝EMIの強力なプロモーション作戦が大成功だった。 3枚目のシングル「真剣(ほんき)」(東芝EMI)では、1989年度の新人賞を総なめにした。特に同期デビューだったマルシアの「ふりむけばヨコハマ」と新人賞レースで、凄まじい激戦が繰り広げられた。
女優としての活動では、NHKに多く出演している。NHK総合テレビ『私が愛したウルトラセブン』(市川森一作)では、ウルトラセブンを作った人々の舞台裏を描いた作品で主人公のヒロインを、NHK大河ドラマ『秀吉』では、細川ガラシャ役を演じた。民放では、日本テレビ『愛さずにいられない』、読売テレビ朝の連続ドラマ『のんの結婚』(主演)などに出演した。

2000年より、かねてからの夢であったアメリカへ単身留学をし(著書・ハリウッド・ドリーム / 文芸春秋参照)、日本の芸能界からは一時姿を消した。(著書『ハリウッド・ドリーム』文芸春秋参照)この間、ロサンゼルスでは現地の日本人・日系人向けニュース番組『JATV News』のアンカーも務めていた。
2005年6月には、日本のテレビ番組には5年ぶりとなる、NHK総合テレビ『英語でしゃべらナイト』にゲスト出演し、ハリウッドでの経験を語った。その後同番組企画のセレブ・インタビューにも出演している。
2006年10月には、10月7日公開の主演映画『だからワタシを座らせて。通勤電車で座る技術!』の公開に向けての宣伝と試写会出演のため日本に一時帰国し、テレビや雑誌などのマスメディアに積極的に出演した。
(出典:Wikipedia)
http://livedoor.blogimg.jp/masashi44444444/imgs/d/a/dae3b81a-s.jpg (1211181)

下乳です。田村さんが、頑張って下乳出したら、宮沢りえさ...

下乳です。田村さんが、頑張って下乳出したら、宮沢りえさんが、その上を行くふんどしをやった・・・そういう競争があった。

http://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/tsta-shop/cabinet/tleka/03335066/img59953733.jpg (1211183)

http://www4.himitsukichi.info/up/80s/1323274202.jpg (1211184)

http://www4.himitsukichi.info/up/80s/1323322804.jpg (1211185)

田村英里子 (1992) - YouTube

田村英里子さんが水上騎馬戦で活躍・高飛び込み・丸太障害物競走の動画。田村英里子さんのファン必見のレア動画!

「ドキッ! 丸ごと水着! 女だらけの水泳大会8」より
http://www4.himitsukichi.info/up/80s/1323274297.jpg (1211187)

http://i.ytimg.com/vi/hZV1wqQ438Q/maxresdefault.jpg (1211188)

田村英里子 真剣 - YouTube

http://www4.himitsukichi.info/up/80s/1323322722.jpg (1211190)

かなり際どいセクシーハイレグビキニ

かなり際どいセクシーハイレグビキニ

有名な半ケツ

有名な半ケツ

http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-ed-fe/kaba311540/folder/488964/35/12874335/img_1?1398685830 (1211193)

おまけの懐かしい曲:1984年 SALLY バージンブルー

SALLY(サリー)

SALLY(サリー)

SALLY(サリー)は、日本のロックバンド。1984年7月1日、フィリップスよりシングル『バージンブルー』でデビュー。
同曲は、杉本哲太・南野陽子が出演したCM、キリンレモン2101とのタイアップ効果もあり、スマッシュヒット。
当初、デビュー曲は「愛しのマリア」になる予定であったが、作曲家の鈴木キサブローが「さらに良いものができた」と持ってきたのがバージンブルーのサビフレーズだった。そのキャッチーなサビ部分がCM起用に決定したため、急遽その前後のメロディーを制作した。
市松模様の衣装や髪型、バンド構成、曲調等、コンセプトがチェッカーズに似ており、「第二のチェッカーズ」と呼ばれることもしばしばあった(これについては徳光和夫が音楽番組ザ・トップテンでの発言など)。
1986年5月27日、解散。
(出典:Wikipedia)

SALLY バージンブルー - YouTube

当時は、チェッカーズが強かったので、なかなか競争が厳しかった。その中で生まれた、サリーの超名曲。

この曲が流行った頃、HONDA車の真っ赤なプレリュードXXを走らせカーステで何回もリピート再生してたあの頃に戻りたい・・・という方もいっぱいいるのでは。
85 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • I.O 2020/1/18 21:16

    田村英里子さんは、アイドルとしてデビューするや否や、ベストテン・トップテン・夜ヒット(いずれも長くは無かった)など多数の歌番組に出演し、バラエティでも水泳大会やかくし芸大会に出演しましたが、その後ドラマ・映画を中心に活躍し、2000年以降からは拠点を海外に移し、現在も活躍中です。

    すべてのコメントを見る (1)

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

懐かしのアイドル水泳大会リプレイ(早見優・松田聖子・河合奈保子・西田ひかる・田村英里子他多数のアイドル)お宝動画とお宝画像で振り返ります。

懐かしのアイドル水泳大会リプレイ(早見優・松田聖子・河合奈保子・西田ひかる・田村英里子他多数のアイドル)お宝動画とお宝画像で振り返ります。

懐かしい芸能人やアイドルの水泳大会を当時のお宝動画とお宝画像を中心に振り返っていきます。お色気いっぱい。水着シーンいっぱい。見てるだけで楽しくなりますよ!80年代は松田聖子さんや82年組みが盛り上げ、90年代は西田ひかるさんと田村英里子さんが活躍しました。
ガンモ | 139,766 view
女優・高岡早紀(47)、愛娘が選んだ水着を着用した「アラフィフビキニショット」を公開!!

女優・高岡早紀(47)、愛娘が選んだ水着を着用した「アラフィフビキニショット」を公開!!

80年代から90年代にかけてアイドルとして活動し、現在は女優として活躍する高岡早紀(47)が、自身のインスタグラムにてセクシーなビキニショットを披露し話題となっています。
隣人速報 | 46,574 view
奇跡のアラフィフ!かとうれいこ(51)が年齢を感じさせない美貌を公開!過去のグラビアと徹底比較!!

奇跡のアラフィフ!かとうれいこ(51)が年齢を感じさせない美貌を公開!過去のグラビアと徹底比較!!

90年代に巨乳グラビアアイドルとして活躍したタレント・かとうれいこ(51)が、自身のインスタグラムにて最新の自撮りを公開し、そのアラフィフらしからぬ若々しさ溢れる美貌に注目が集まっています。
隣人速報 | 5,664 view
ヤンマガの創刊40周年記念!最新号に雛形あきこ、熊田曜子、井上和香、紗綾の伝説のグラビアが再掲載されます!!

ヤンマガの創刊40周年記念!最新号に雛形あきこ、熊田曜子、井上和香、紗綾の伝説のグラビアが再掲載されます!!

漫画雑誌「週刊ヤングマガジン」がこのたび40周年を迎えたのを記念し、7月6日発売の最新号『週刊ヤングマガジン 32号』にて雛形あきこ、熊田曜子、井上和香、紗綾の伝説のグラビアが再掲載されています。
隣人速報 | 4,098 view
【週刊 20世紀Walker】Vol.12 「聖子」「明菜」もいいけれど覚えてますか?B級アイドル達の一瞬の輝きを!!アナログレコードの世界!

【週刊 20世紀Walker】Vol.12 「聖子」「明菜」もいいけれど覚えてますか?B級アイドル達の一瞬の輝きを!!アナログレコードの世界!

ミドルエッジがオススメする昭和の男子女子が泣いて喜ぶフリマサイト「20世紀交歓所」。その中の逸品を所長の「山本圭亮」と編集部アルバイト「富田葵」がナウくキャッチーに紹介するコーナーです!

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト