上野動物園でパンダの赤ちゃんが誕生!上野松坂屋でお祝いセール開催中!カンカン、ランランのフィーバーを思い出す!?
2017年6月13日 更新

上野動物園でパンダの赤ちゃんが誕生!上野松坂屋でお祝いセール開催中!カンカン、ランランのフィーバーを思い出す!?

上野動物園のメスのジャイアントパンダ「シンシン」が12日正午前に出産したと発表された。地元の松坂屋上野店では「おめでとう!ハッピーパンダウイーク」が開催されている。

679 view

上野動物園でパンダの赤ちゃんが誕生!上野松坂屋でお祝いセール開催中!

上野動物園のメスのジャイアントパンダ「シンシン」が12日正午前に出産したと発表され、ニュース番組やワイドショーで盛んに放送されている。

そのお祝いムードの中、さっそく地元の松坂屋上野店では「おめでとう!ハッピーパンダウイーク」が開催されている。
書籍「毎日パンダ 365日上野動物園に通っているよ日記」

書籍「毎日パンダ 365日上野動物園に通っているよ日記」

上野動物園のリーリーとシンシンを毎日見続ける著者による大人気ブログ「毎日パンダ」が本にもなっている。
出産発表の12日17時からは、来店されたお客様に、パンダ誕生記念として、パンダ柄の金太郎飴とパンダのお面が先着200名に配布された。

また、13日10時からは、子パンダつきのアドバルーンと、大丸・松坂屋の公式マスコット さくらパンダのアドバルーンの2種類が掲出されている(天候により中止の場合あり)。
さらに「赤ちゃんパンダ誕生おめでとう!」の垂れ幕も掲げられ、1972年に同園で初めて飼育されたカンカン、ランランのフィーバーぶりが思い起こされる。当時は年間入園者が700万人を超える年が続いたという。

80年代のホァンホァンやフェイフェイ、トントンなども懐かしく、上野と言えばパンダといったイメージがかつてはあり、今回の出産でパンダの人気が再燃するか注目されている。
イメージ

イメージ

店内ではハッピーパンダ=88の語呂合わせで、88円、880円、8,800円などのお買い得商品が用意されている。「ハッピーパンダセール」と銘打たれた同企画では、雨傘、パラソルが880円(※各50本限定)、食品フロア ハッピーパンダお楽しみ袋が880円で販売されている。

さらに食品フロアほっぺタウンでは現在、お弁当やお菓子を購入の際、記念掛け紙でのお渡しを行っている。
記念掛け紙

記念掛け紙

食品フロアほっぺタウンを中心に、パンダモチーフの商品も...

食品フロアほっぺタウンを中心に、パンダモチーフの商品も多数販売される。

8 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

ユニークな選手名や裏技で振り返る『初期のファミスタ』クイズ付き!!

ユニークな選手名や裏技で振り返る『初期のファミスタ』クイズ付き!!

1986年に発売され、現在に至るまで野球ゲームの傑作として認知されている「ファミスタ」シリーズについて振り返ってみましょう。
「還暦ビキニ」の再来なるか!?宮崎美子(62)がデビュー40周年を記念し自身初のカレンダーを発売!!

「還暦ビキニ」の再来なるか!?宮崎美子(62)がデビュー40周年を記念し自身初のカレンダーを発売!!

ハゴロモより、女優・タレントとして活躍する宮崎美子(62)のデビュー40周年を記念した『デビュー40周年記念カレンダー&フォトブック』の発売が決定しました。
隣人速報 | 17,196 view
篠山紀信が撮影!女優・水沢アキが65歳にしてヌード写真集に挑戦!!

篠山紀信が撮影!女優・水沢アキが65歳にしてヌード写真集に挑戦!!

小学館より、女優・水沢アキ(66)の45年間にわたるグラビアアイドルとしての軌跡をまとめた写真集『AKI MIZUSAWA 1975-2020』が現在好評発売中です。
隣人速報 | 11,485 view
ルナ先生、やるっきゃ騎士、みんなあげちゃうなども網羅!『ラブコメヒロイン大解剖 80´s 少年マンガ編』が好評発売中!

ルナ先生、やるっきゃ騎士、みんなあげちゃうなども網羅!『ラブコメヒロイン大解剖 80´s 少年マンガ編』が好評発売中!

三栄書房より、80年代に登場したラブコメ漫画のヒロインを特集したムック『ラブコメヒロイン大解剖 80´s 少年マンガ編』が現在好評発売中です。
隣人速報 | 1,837 view
皆勤賞が廃止の動き!?昭和の頃は当たり前だったのに姿を消したモノゴト

皆勤賞が廃止の動き!?昭和の頃は当たり前だったのに姿を消したモノゴト

学校を休まず毎日通い続けることで貰える「皆勤賞」。皆勤賞を目指して毎日頑張る子供たちも多くいるかと思いますが、このたびの新型コロナウイルスの感染拡大を受けて「皆勤賞って本当に必要か?」という疑問の声が各所から上がっています。
隣人速報 | 3,536 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト