熱血主人公や戦士がお得意!声優・草尾毅さんのお仕事まとめ
2021年11月29日 更新

熱血主人公や戦士がお得意!声優・草尾毅さんのお仕事まとめ

スラムダンクの桜木花道や、ドラゴンボールシリーズのトランクスなど熱血タイプの主人公や戦士の役が多い草尾毅さん。草尾毅さんのお仕事をまとめてみました。

328 view

声優デビューまで

草尾毅さんは埼玉県出身。県内屈指の進学校に進学するのですが、高校時代はあまり勉強に集中できなかったそうです。大学受験は、記念受験で東大を受けたのですが不合格でした。

就職しようかと考えたのですが、元々テレビの世界に興味があったので芸能界を目指そうと思いました。ですが、演技経験もないので難しいかなと考えていたところ声優の養成所の存在を知ったそうです。

そして青二プロダクションの主催する「青二塾」の東京校6期生となり1年間声優としての基礎を学びました。初めての仕事は押井守監督の初作品「紅い眼鏡/The Red Spectacles」のしたい役でした。そのほか、OVAでありながら主役も演じました。

TVアニメデビューしたのは1987年で「ビックリマン」と「ボスコアドベンチャー」に出演しました。

鎧伝サムライトルーパーで人気声優の仲間入り!

 (2315394)

デビューしてから始めはモブ役が多かったですが。「鎧伝サムライトルーパー」では主役の真田 遼 / 烈火のリョウを演じています。人づきあいが苦手だったのですが、仲間意識が強く感情的な性格です。この頃から熱血ヒーローを演じていたのですね。

1986年に聖闘士星矢のアニメが放送され大ヒットしたことから"バトルスーツもの"・"装着もの"と呼ばれるアニメが増えてきました。この作品もその1つ。

甲冑型のバトルスーツ"鎧擬亜"(よろいギア)を持つ5人の少年が妖邪帝王・阿羅醐が率いる"妖邪"の軍勢と戦うという物語です。

「鎧伝サムライトルーパー」は人気作品となり、主要の5人の声優(草尾さん、佐々木望さん、武村拓さん、中村大樹さん、西村智博 さん)でNG5という声優ユニットを結成しました。今では声優ユニットというのは当たり前でたくさんありますが、当時は珍しかったんですよ。NG5は先駆け的なグループでした。ユニット名の由来は5人ともよくNGを出していたから、なんだとか。

TVアニメ終了後は、3つのエピソードがOVA化もされています。

「ドラゴンボールZ」でトランクスを演じることは予言していた?!

 (2315398)

1989年からは「ドラゴンボールZ」、その後のドラゴンボールシリーズでもトランクス役を演じています。

じつは草尾さんはトランクスが初登場した「ドラゴンボール」が掲載されている週刊少年ジャンプを読んだとき「このトランクス役は俺がやる!」といっていたそうです。それが実現したなんてすごいですよね。

トランクスは1人ですが幼少期のトランクス、青年期のトランクス、未来から来たトランクス、さらに悟天とフュージョンしたゴテンクスもいます。すべて草尾さんが担当されていますよ。

はじめは幼少期のトランクスを演じることに不安があったそうですが、悟空役の野沢雅子さんが悟空、悟飯、悟天の三役を演じていることがとても勉強になったのだとか。そして、野沢さんがやっているのだから自分だけ別の人に、というわけにはいかなそうですよね。

悟天とフュージョンしてゴテンクスになる時は野沢さんと息を合わせるのにとても苦労したのだとか。大先輩ですし、緊張もありますよね。「野沢さんが合わせてくれていたのかもしれない」と話しています。

また、トランクスの演技は父親のベジータ役の堀川りょうさんの演技を意識しして演じることもあるそうです。

ちなみにドラゴンボールシリーズではトランクス関係以外に、元祖ドラゴンボールでモブの青年役、Zでピゲロ役でも出演していました。

NG騎士ラムネ&40でも主演!

 (2315399)

1990年に放送スタートした「NG騎士ラムネ&40」では主人公の勇者ラムネス〈馬場ラムネ〉を演じています。こちらは元々4クール放送される予定だったのですが、人気が伸びず3クールになってしまいました。ですが、その後OVAが発売されたり、ラジオドラマも放送。1996年には「VS騎士ラムネ&40炎」という新シリーズも放送されました。あとからじわじわ人気が出てきたんですね。

主人公の馬場ラムネは、ごく普通の小学生だったのですが、とあるゲームソフトをクリアしたことから勇者の血を引く「勇者ラムネス」として異世界に召喚されます。そして「妖神ゴブーリキ」を倒すための旅に出るのでした。

ラムネはおちゃらけていて猪突猛進な性格なのですが、頭の回転が速く策士という一面もある少年です。こちらも熱血系ヒーローですね。

他には「RPG伝説ヘポイ」のリュート、「ゲッターロボ號」の一文字號、「あしたへフリーキック」の伍代隼など主人公を演じることが多いですね。

代表作の1つ「SLAM DUNK」の桜木花道

 (2315400)

1993年からは「SLAM DUNK」の主人公、桜木花道を演じています。こちらも草尾さんの代表作の1つですね。

桜木花道は元々中学時代は不良だったのですが、高校に入って赤木晴子に一目ぼれしたことからバスケ部に入部、次第にバスケの面白さに気づき、成長していくという物語ですね。

まじめなパートとギャグパートがあるのでなかなか大変でしょうね。熱血というか、テンションの高い役なので毎回相当苦労されていたのだとか。3回に1回は体調を崩していたとも話されています。時々、「今でも花道の声が出せるのか?」と演じるたびに不安になるのだとか。当時の声を聞くとやはり若いな、と感じるそうです。

花道自身が若さが前面に出ているようなキャラクターですからね。

草尾さんは青年役と10歳前後の少年役が多かったですが、最近は人間以外を演じることも増えてきました。1作品の中で2役演じ分けられていることもあるのですごいですよね。

他には特撮作品に出演されていることもあるんですよ。

今後の草尾さんの作品も楽しみですね。
14 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

父親も声優!大塚明夫さんのお仕事まとめ

父親も声優!大塚明夫さんのお仕事まとめ

アニメや洋画の吹き替えで活躍されている声優の大塚明夫さん。父親は同じく声優の大塚周夫さんです。二世声優というのはまだ珍しいですよね。大塚明夫さんのお仕事や父親との関係まとめてみました。
saiko | 202 view
OVA版【超機動伝説ダイナギガ】人気声優バラエティ番組『渋谷でチュッ!』から誕生した巨大ロボット&美少女ものアニメ!

OVA版【超機動伝説ダイナギガ】人気声優バラエティ番組『渋谷でチュッ!』から誕生した巨大ロボット&美少女ものアニメ!

全2話の完全オリジナルアニメとして制作された『超機動伝説ダイナギガ』。当時、人気の声優が出演していたバラエティー番組『渋谷でチュッ!』から企画が生まれ、具現化されたコンテンツです。アニメ制作に先行してラジオドラマも制作されています。今回の記事では、OVA版『超機動伝説ダイナギガ』について、本編動画やストーリー・魅力など振り返っていきます。
tsukumo2403 | 168 view
晩年も数々のアニメ作品に出演!声優・石塚運昇さんのお仕事まとめ

晩年も数々のアニメ作品に出演!声優・石塚運昇さんのお仕事まとめ

2018年に67歳で亡くなった石塚運昇さん。人気声優でも年を重ねるとアニメの出演本数が減っていくものですが、石塚さんは晩年までたくさんのアニメ作品に出演されていました。石塚運昇さんの出演作品とその魅力を振り返ってみましょう。
saiko | 178 view
実は子役出身!声優・岩田光央さんのお仕事まとめ

実は子役出身!声優・岩田光央さんのお仕事まとめ

映画版「AKIRA」の主人公で知名度を上げた声優の岩田光央さん。声優デビューしたのは16歳とかなり若いのですが、その前に子役としても活動されていました。岩田光央さんの俳優のお仕事、声優のお仕事をまとめてみました。
saiko | 184 view
【訃報】声優・八奈見乗児さん死去。ボヤッキー、伴宙太、一反木綿、「ドラゴンボール」ナレーションなど

【訃報】声優・八奈見乗児さん死去。ボヤッキー、伴宙太、一反木綿、「ドラゴンボール」ナレーションなど

「ドラゴンボール」のナレーションなど、昭和から平成にかけて多数のアニメ作品に出演した声優・八奈見乗児(やなみ じょうじ)さんが3日、老衰のため亡くなっていたことが明らかとなりました。90歳でした。
隣人速報 | 14,899 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト