2017年10月11日 更新

【波乱万丈の人生】フィリピン出身の大女優【ルビー・モレノさん】

映画「月はどっちに出ている」などで1990年代に大活躍した女優、ルビー・モレノさん。当時の活躍と今を調べてみました。

930 view
ルビー・モレノ(Ruby Moreno、1965年9月22日 - )は、フィリピン出身の女優。

「女優」として成功した数少ない外国人のひとり。

今も昔も「タレント」として活躍した外国人女性は多いですが、映画をはじめとする「女優」として成功した外国人女性は数少ないと思われます。
最近ですと、NHK「マッサン」で活躍した、シャーロット・ケイト・フォックスさんが思い浮かぶくらいです。

デビュー作「あふれる熱い涙」。

『あふれる熱い涙』(あふれるあついなみだ)は、1992年3月28日に公開された日本映画。配給はシネバレエ。
東南アジアからの在日外国人妻問題をテーマに、東北の農村地帯、東京、そしてフィリピンを舞台に心と身体に傷を負ったあるフィリピン人妻の悲劇と再生を描いた感動の社会派ヒューマンドラマ。主演は『ずっとあなたが好きだった』、『誰にも言えない』の佐野史郎。ヒロイン役を『月はどっちに出ている』で知られるルビー・モレノが演じた。田代廣孝初監督作品。
デビュー作「あふれる熱い涙」。

デビュー作「あふれる熱い涙」。

「冬彦さん」のイメージが強烈な佐野史郎さんと共演。豪華なキャストです。

「愛という名のもとに」

浜田省吾の「悲しみは雪のように」のテーマソングが今でも耳に残る1992年の大ヒットドラマ「愛という名のもとに」で、一躍その名が日本中に知れ渡ります。

そして、「月はどっちに出ている」に出演。
映画は詳しくない私でも、この映画のタイトルは知っています。

人気商売の宿命。売れると叩かれる。

当時のことを振り返った番組があります。
その中で、ルビー・モレノさんは、「確かにあの頃はテングになっていた」と語っています。
そうした人を襲うのが、「アンチ」という存在。
女優挑戦わずか2年足らずで、名声を欲しいままにしたモレノ。突如スターになったこの謎多き外国人を、マスコミが放っておくはずありません。実はこれまで元ホステス・結婚歴あり・子持ちなどの事実は伏せられていたのですが、それらの秘密が一部週刊誌の報道により、次々と暴かれていったのです。

またメディアは、彼女の素行の悪さにもフォーカスしました。酷かったのが金遣い。値札を見ずに洋服を買い漁り、港区内で年に何度も引越しをし、フィリピンに思いつきで家を建てたりと、常軌を逸した散財を繰り返したとのこと。借金の額は1,000万円以上。稲川素子事務所には連日、借金取りが押しかけたといいます。
実力があっても、人気が爆発して、お金が入ってくると、周囲にチヤホヤしてくる人が増えてきます。
その誘惑に、彼女も逆らえなかったようです。
元ホステスなどという肩書は、その女優さんの実力とは何の関係もないことだと思いますが、お金の力に負けてしまったのは、彼女だけでなくいろいろな有名人が陥る「ワナ」のようなものですね。

今までに経験したことのない額の収入が突然入ってくると、使い方をマスターしていない人は上手にお金を使えずに、浪費などで壊れていく場合が多いようです。

当時の公式プロフィール。

当時の公式プロフィールは、「フィリピンの旅行会社のOLで、日本を旅していた時に、スカウトされた。」というものだったようです。
男性ファンに向けてももちろん「結婚歴なし」と公言。
確かにその美貌からすれば、納得のいくプロフィール。

ところが・・・。

実際は、18歳の頃から東京都内のフィリピンパブで働いていた元ホステスで、デビュー前にすでに2回の結婚と、お子さんもいるということがマスコミに暴露されました。
先ほども言ったように、その事実自体は、彼女の女優としての才能を阻害するものでは決してないと思います。
しかし「清純」というイメージは、確かに損なわれてしまうでしょうね。

今の時代であれば違っていたかも、とも述べている。

彼女は、「経歴を”詐称”するつもりはなかった。」と述べています。
「だって、せっかく人気が出たのに、わざわざ結婚歴や子供がいるなんて言わないわよ。」と。
極めて正当なことだと思います。
「今だったら、フェイスブックやブログなど、情報発信する手段が多様化しているので、自然なかたちで公表したかもしれない。」と。
インターネットがない時代だからこその、スキャンダルだったのかもしれません。

起死回生を狙った写真集を出すも、一過的に。

人気が急激に上がった分、バッシングによる人気凋落の落差も激しいものでした。
そこで、起死回生を狙って、写真集を出します。
しかし、既にバッシングを受けて、人々の目から姿を消していたルビー・モレノという人物にまた人気を呼び戻すには、タイミングが遅かったのでしょう。話題は一過性に終わりました。
写真集。

写真集。

日本に居場所を失い、祖国に戻る。

1995年9月、日本に居場所を失った彼女は、逃げるように、家族のいるフィリピンへ戻ります。
その日は彼女の映画の代表作「月はどっちに出ている」のイベントが大阪であったのですが、それをドタキャンしてまでフィリピンに戻ってしまう道を選びました。

さらなる悲劇が。

なぜそこまでしてフィリピンに戻ったかというと、母国に預けていたお子さん・リズちゃんに会いに行くためだったようです。
リズちゃんは、重度の障害を負う身だったようです。
会えたのもつかの間、リズちゃんはほどなくしてこの世を去ってしまいました。
お子さんを亡くすということは、母親にとってどんなにつらいことか、想像ができます。

4度目の結婚をし、今は日本に住んでいるそうです。

2000年に、日本の商社マンと4度目の結婚をし、東京で、身寄りのない子供たちへ、演技や歌などを教える生活を送っているというルビー・モレノさん。

母国から離れて日本でホステス、そして女優として大成功、しかし慢心により凋落、お子さんとの早すぎる別れ、そして今、日本でようやく穏やかな暮らしを手に入れたであろうと思います。

お子さんに演技や歌を教えているという今。
そこから、第二のルビー・モレノが登場する日を期待したいと思います。
著書:「悲しい国、ニッポン」ルビー・モレノ著。

著書:「悲しい国、ニッポン」ルビー・モレノ著。

2017年10月11日時点で、6,800円のプレミアものとなっています。
今でも人々の関心が高い方だということがうかがえます。
33 件

思い出を語ろう

あなたにおすすめ

   

20世紀交歓所実家の押入れに眠ってる宝物、引っ張り出して来ませんか?

関連する記事こんな記事も人気です♪

【98年】カンヌ国際映画祭特別招待作品「今村昌平」監督『カンゾー先生』のヒロイン(麻生久美子)をふりかえる

【98年】カンヌ国際映画祭特別招待作品「今村昌平」監督『カンゾー先生』のヒロイン(麻生久美子)をふりかえる

今では民放ドラマやNHK、映画や舞台に引っ張りダコ、綺麗なルックスと清楚なイメージからは乖離した厳しい生活を乗り越えた人間の鑑、麻生久美子が熱演した「カンゾー先生」のヒロイン「万波ソノ子」をふりかえります。
たまさん | 1,268 view
「第2の後藤久美子」ついに発見!ゴクミの娘「エレナ」が芸能界デビュー!

「第2の後藤久美子」ついに発見!ゴクミの娘「エレナ」が芸能界デビュー!

後藤久美子・ジャン・アレジ夫妻の長女「エレナ」が芸能界デビューすることが発表されました。早速ゴクミとのツーショットで雑誌に登場しますよ!
隣人速報 | 2,738 view
【平成】「ゴジラ(GODZILLA)」が現れた『観光地・名所』をまとめてみたPART2

【平成】「ゴジラ(GODZILLA)」が現れた『観光地・名所』をまとめてみたPART2

幼少期にハマっておりましたゴジラで、楽しみなシーンといえば、ゴジラが何処に現れたかも楽しみのひとつでした。今回は現れた場所まとめの2回目です。
たまさん | 253 view
【平成】「ゴジラ(GODZILLA)」が現れた『観光地・名所』をまとめてみたPART1

【平成】「ゴジラ(GODZILLA)」が現れた『観光地・名所』をまとめてみたPART1

幼少期にハマっておりましたゴジラで、楽しみなシーンといえば、ゴジラが何処に現れたかも楽しみのひとつでした。今回は現れた場所をまとめます。
たまさん | 541 view
奈良・吉野の過疎村を描いた映画『萌の朱雀』尾野真千子の淡い恋が切ない

奈良・吉野の過疎村を描いた映画『萌の朱雀』尾野真千子の淡い恋が切ない

1997年11月に公開された映画『萌の朱雀』。河瀬直美の初商業作品であり、女優・尾野真千子のデビュー作でもある。奈良県の過疎化が進む村のある家族の物語。俳優・國村隼がふるさとを想う父親役を好演している。
ひで語録 | 6,095 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト