2017年1月11日 更新

tohko、普通の女子大生が小室プロデュースによるデビュー曲のヒットで勘違い!当時の天狗っぷりをTV番組で告白!

1998年に小室哲哉プロデュースで歌手デビューしたtohkoが、テレビ朝日系『あるある議事堂SP』に出演。デビュー曲がヒットし、天狗になっていた90年代当時を赤裸々に語った。現在は家賃9万円、1Kのマンションで自費出版でCDをリリースしている。

1,885 view

tohko、デビュー曲のヒットで勘違い!年上にもタメ口だった!!

1998年に小室哲哉プロデュースで歌手デビューしたtohkoが、テレビ朝日系『あるある議事堂SP』に出演。大学在学中にデビュー曲がヒットした頃を振り返り、「本当にシンデレラになった気分になりました」と語り、「勘違いしちゃいましたね」などと天狗だったことを素直に認め、当時を回想した。
tohko

tohko

番組では「最近見ないヒット歌手 一体今何してる?」と題してヒット曲はあるが、最近テレビで見る機会の減った歌手が集合した。

tohkoのデビュー曲「BAD LUCK ON LOVE」は32.8万枚のヒットとなった。コーナー中、tohkoは「1曲でもヒットすると扱いが急にハリウッドスターのようになり勘違いする」と説明。
tohkoは「ふつうの女子大生だったんですけど、小室さんが初めて女子大生をプロデュースするっていう」と自身のデビューの経緯を説明していく。幸運にも小室に出会ったtohkoは、デモテープを送り続けていると、「大学の授業中に事務所関係の人から電話がきて、『2日後にロスに行くから』って言われた」と唐突な形で米ロサンゼルスでデビュー曲のレコーディングにのぞんだという。

また、PV撮影も100人体制だったと話すtohkoは「スゴイ所にいきなり来ちゃったなって、そのせいで勘違いしちゃいましたね」とコメント。今田耕司に勘違いしていたときの振る舞いについて聞かれると「周りの大人にちょっとタメ口だったなとか、あと『私なんでグリーン車じゃないんですか?』みたいな」と勘違いしていたことを吐露した。
1998年1月14日発売 「BAD LUCK ON L...

1998年1月14日発売 「BAD LUCK ON LOVE -BLUES ON LIFE」

番組では、現在の自宅を公開、1K、家賃9万円のマンションでゲームの歌を歌ったり、歌詞を書くなど、今も音楽活動を行っていることを明かした。レコーディングも自宅で行い、昨年出したCD「無限のチカラ」は自費出版で、「(CDの)在庫管理も自分なんで、お家にまだいっぱいあるんですよね」と語っていた。

tohko プロフィール

1977年5月25日生まれ。東京都出身。
青山学院大学文学部卒。

1998年1月14日、小室哲哉・日向大介共同プロデュースの下、「BAD LUCK ON LOVE-BLUES ON LIFE-」で鮮烈なデビュー。3rdシングル「ふわふわ ふるる」では日本レコード大賞新人賞を受賞。

2001年3月7日リリースの「tohko BEST ALBUM 10+5」以降は籐子に改名。
以降、ライブ、ミュージカル、声優、コンピレーションアルバムに参加するなどして活動。

2009年の事務所移籍の際に再びtohko名義となった。
tohko

tohko

小室ファミリーに関する特集記事

【日本レコード大賞新人賞】トーコ→tohko→籐子→tohkoって小室プロデュースだったの覚えてます?? - Middle Edge(ミドルエッジ)

【日本レコード大賞新人賞】トーコ→tohko→籐子→tohkoって小室プロデュースだったの覚えてます?? - Middle Edge(ミドルエッジ)
ブサカワの元祖とも言われていた歌手のtohkoさんって覚えていますか?今年はバラエティ番組でチラホラ見かけることも。小室プロデュースの元、なんと日本レコード大賞新人賞だったんです。

『Kiss Destination』は、R&Bに興味を持った小室哲哉が「dos」の「asami」と組んだユニットだった!! - Middle Edge(ミドルエッジ)

『Kiss Destination』は、R&Bに興味を持った小室哲哉が「dos」の「asami」と組んだユニットだった!! - Middle Edge(ミドルエッジ)
「Kiss Destination(キス ディスティネーション)」は、90年代後半に小室哲哉が元dosのダンサー「asami」と二人で組んだユニットでした。小室哲哉がこのユニットでヒップホップやR&Bの可能性を追及していきます。しかし、宇多田ヒカルなどのシンガーの登場で厳しい状況に追い込まれていきました。

カラオケで盛り上がった90年代TKプロデュース曲 - Middle Edge(ミドルエッジ)

カラオケで盛り上がった90年代TKプロデュース曲 - Middle Edge(ミドルエッジ)
90年代、若者たちの娯楽は今、以上にカラオケが中心だった。そんな時代の弔事となったのが小室哲哉プロデュース曲たち。そんな盛り上がる事間違いなしのTKプロデュース曲を思い出してみましょう!聴いたら絶対カラオケ行きたくなる名曲ばかりです。

小室ファミリー大集結!Tkpresentsこねっつ参加アーティストたち - Middle Edge(ミドルエッジ)

小室ファミリー大集結!Tkpresentsこねっつ参加アーティストたち - Middle Edge(ミドルエッジ)
TKpresentsこねっつ参加アーティストたちを振り返る。まさに小室ファミリー大集結の時代でした。
14 件

思い出を語ろう

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

globe・KEIKOが自身のツイッターで久々に元気な姿を公開!TKこと小室哲哉の誕生日での一コマをツイート!

globe・KEIKOが自身のツイッターで久々に元気な姿を公開!TKこと小室哲哉の誕生日での一コマをツイート!

くも膜下出血でリハビリ中のglobeのボーカル・KEIKOが27日、自身のツイッターアカウントに、夫で音楽プロデューサーの小室哲哉とのツーショット写真を掲載した。夜景が見える高層ビルの窓辺に座り、語り合う夫婦2ショットをアップした。
H Jungle With tの2ndシングルがまさかのアナログ化!RECORD STORE DAYの一環で

H Jungle With tの2ndシングルがまさかのアナログ化!RECORD STORE DAYの一環で

1995年7月19日に発売されたH Jungle With tの2ndシングル「GOING GOING HOME」が、RECORD STORE DAY(レコード・ストア・デイ)限定盤として4月22日にアナログ化される。
篠原涼子の「恋しさとせつなさと心強さと」に込められた【小室哲哉】の思いとは?!

篠原涼子の「恋しさとせつなさと心強さと」に込められた【小室哲哉】の思いとは?!

【小室哲哉プロデュース】94年に発売された篠原涼子の4枚目のシングル【愛しさとせつなさと心強さと】は、女性ソロ歌手の中で初めてシングル売り上げが200万枚を突破した曲だった。
globeの初期4作品がハイレゾリマスタリングされ配信中!小室哲哉はKEIKOの歌声を聴きなおしてとコメント!

globeの初期4作品がハイレゾリマスタリングされ配信中!小室哲哉はKEIKOの歌声を聴きなおしてとコメント!

globeのデビュー20周年を記念し、初期のアルバムから「globe」、「FACES PLACES」、「Love again」、「Relation」の4作品がハイレゾマスタリングされ、各音楽配信サービスでハイレゾ配信が開始された。
globeの5大ヒットシングルを収録したデビューアルバム『globe』その爆発的な売上推移をまとめる

globeの5大ヒットシングルを収録したデビューアルバム『globe』その爆発的な売上推移をまとめる

1996年3月31日に発売されたglobeのデビューアルバム『globe』(グローブ)。本作には「Feel Like dance」から、アルバムの先行シングル「FREEDOM」までの5曲の大ヒットシングルが収録されており、爆発的な売り上げを記録した。
ひで語録 | 5,566 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト

オススメ

おすすめ記事