【伊東四朗】コメディアン・役者として現役で活躍!プロフィール・出演作品まとめ
2020年8月22日 更新

【伊東四朗】コメディアン・役者として現役で活躍!プロフィール・出演作品まとめ

人相が悪く、怖いという印象が先行する伊東四朗さん。しかし、コメディアン・役者としての活躍ぶりは目覚しく、数々のギャグや電線音頭の流行は社会現象にもなりましたね。そんな伊東四朗さんの半生や出演作品を紹介していきますので、ぜひ記事をご覧になってください。

1,341 view

幅広いジャンルで活躍されている伊東四朗さん

伊東四朗さんのプロフィール

伊東四朗さんのプロフィール

本名  :伊藤輝男
生年月日:1937年6月17日
出生地 :東京都台東区
血液側 :O型
職業  :コメディアン・俳優
活動期間:1958年~

伊東四朗さんの経歴

生い立ち

https://www.irasutoya.com/2020/07/blog-post_124.html (2218409)

服地商を営む両親の間に生まれた伊東四朗さん。兄2人、姉1人、妹1人といった兄弟構成で、4番目の三男として育ちました。当時は戦時中だったため、母親の実家がある掛川市に疎開していた時期もあります。
公立の商業高校を卒業すると就職するため、多くの企業・会社の面接を受けますが、人相の悪さが原因でなかなか就職先が決まらなかったそうです。1958年、ようやく早稲田大学の生協職員として採用されます。当時から観劇が好きだったようで、空いた時間ができると、様々な劇場に足を運んで舞台を楽しんでいました。

コメディアン・役者デビュー

伊東四朗さんは、新宿フランス座の座付き俳優だった石井均さんが旗揚げした劇団『笑う仲間』が気に入り、その舞台に通い詰めるようになります。一座の役者たちが伊東四朗さんの顔を覚えるほどの常連になると、演者として勧誘されるようになります。
劇団『笑う仲間』は仲違いが原因で、数ヵ月の活動で解散。新たに劇団『石井均一座』として再出発することになりました。このタイミングで伊東四朗さんや財津一郎さんも加わり、いよいよコメディアン・役者としての道を歩み始めるのでした。

てんぷくトリオの結成

とある芸能事務所からスカウトされた石井均さんは、役者仲間だった戸塚睦夫さんを誘い、コンビでキャバレーのステージ営業をするようになります。しかし、石井均さんは座長としての多忙さから、同じく役者仲間で元々はコンビだった三波伸介さんに相方の座を譲ることになります。
しかし、戸塚睦夫さんと三波伸介さんのスケジュールが合わず、ステージ営業ができないタイミングでは伊東四朗さんに代役を依頼して、三波伸介さんの偽者となって急場を凌いでいたそうです。
1960年代になると、三波伸介さんが失踪。伊東四朗さんは、偽者の三波伸介さんとしてステージに立ち続けなければならない状況に陥ります。失踪した三波伸介さんは一年程して戻ってきましたが、その代役をしていた期間に伊東四朗さんはキャバレーの従業員と仲良くなっており、ステージ営業も人気になっていました。
三波伸介さんの復帰に関して、伊東四朗さんとの交代というかたちは避け、芸能事務所にはトリオを結成したという話で通したと言います。お客様への説明も、「本当の三波伸介」「本当は伊東四朗」と話してユニークなものになりました。
改めてトリオとして活動するようになり、『三波戸塚伊東トリオ』『ぐうたらトリオ』など名称を変えながら、最終的には『てんぷくトリオ』に落ち着きます。トリオとしてテレビ出演するようにもなり、世間からも『てんぷくトリオ』が認知されるようになりました。
劇団『石井均一座』が解散したタイミングで、三波伸介さんは個人としても芸能活動するようになり、自然と伊東四朗さん・戸塚睦夫さんもピンで活動する機会が増えていきます。
1973年、戸塚睦夫さんが43歳の若さで死去。『てんぷくトリオ』としての活動は苦しくなりますが、伊東四朗さん・三波伸介さんのお二人は『てんぷく集団』を名乗り、『てんぷく』の名称を引き続き使用しました。ただ個人としての活動もしていたお二人は、次第に独立して活躍するようになります。

電線マンとしての活躍

個人として芸能活動するようになった伊東四朗さん。1970年代の後半に、小松政夫さんとの共演で注目されるようになります。親子コントや小松の親分ネタ、ベンジャミン伊東の『電線音頭』といったギャグは社会現象になるほどの人気ぶりでした。
『ずん』『ニン』『どーかひとつ』といったギャグを連発するも、いずれもヒット。当時は多くの子供たちがベンジャミン伊東のギャグを真似していました。子供が熱狂したことでPTAなどの保護者団体の反発も強くなり、ムーブメントは次第に収束に向かいます。
1982年、52歳の若さで三波伸介さんが死去。報道陣にマイクを向けられると、「温かいものだから死んだ気がしなくて…」と話し、葬儀では号泣する姿が見られました。

役者・タレントとしての活動

1980年代になると、活動の中心は役者にシフトされます。数々の名作ドラマで、重要な役どころを演じ、俳優としても高く評価されるようになりました。バラエティー番組の司会も担当し、1997年から日本テレビ系列で放送された『伊東家の食卓』は10年以上も続いた長寿番組として有名です。
コメディアンやタレントと並び、俳優として、シリアスな役も演じてきた伊東四朗さん。
しかし、自分自身をあくまで”喜劇役者”だと認識しているようで、お笑いといった要素にも強いこだわりを見せおり、テレビ番組への出演が多い伊東四朗さんですが、1990年代からは舞台役者に回帰するような活動もされています。
2004年には一度きりの予定で、『伊東四朗一座~旗揚げ解散公演』を上演しましたが、当日券を買い求めるユーザーは多く、その翌年にはリクエストに応えるかたちで『伊東四朗一座~急遽再結成公演』を上演しています。2006年・2007年は公演されなかったものの、2008年以降は年に一回の舞台公演が行なわれるようになりました。
その他にも舞台公演を積極的にしており、現在も伊東四朗さんは幅広く活躍されています。

伊東四朗さんの主な出演作品

テレビドラマ
50 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【矢崎滋】数々のドラマ・映画に出演した名俳優!プロフィール・代表作品まとめ!

【矢崎滋】数々のドラマ・映画に出演した名俳優!プロフィール・代表作品まとめ!

昭和から平成と時代をまたいで活躍した名俳優・矢崎滋さん。主演・主役といった作品には恵まれなかったものの、脇を固める存在として大いに活躍されました。そんな矢崎滋さんにスポットを当てて、その半生・代表作品や最近の暮らしぶりをまとめました。ぜひ記事をご覧になって、ご一緒に活躍ぶりを振り返っていきましょう。
tsukumo2403 | 465 view
『爆竜戦隊アバレンジャー』で樹らんる・アバレイエロー役を演じた『いとうあいこ』!!

『爆竜戦隊アバレンジャー』で樹らんる・アバレイエロー役を演じた『いとうあいこ』!!

特撮ヒーロドラマ「アバレンジャー」など数々のドラマや映画に活躍した女優いとうあいこさん。現在は結婚されて芸能界を引退されたそうです。気になり追ってみました。
ギャング | 2,485 view
加藤茶の若い頃は?イケメン?菅田将暉と激似画像をご覧下さい!

加藤茶の若い頃は?イケメン?菅田将暉と激似画像をご覧下さい!

加藤茶さんは言わずとしれた「ザ・ドリフターズ」のエース的存在で、誰もが観ていた”8時だョ!全員集合"では毎回大笑いさせてもらいました。 当時は面白くて笑っていただけなのですが、よく考えたら「加トちゃんってイケメン?」 加藤茶さんの若い頃を振り返り、俳優の「菅田将暉」さんと似ている説も検証してみます。 ご一緒にご覧ください!
いろは | 8,180 view
かつて合コンなどでも行われた「せんだみつおゲーム」とは?

かつて合コンなどでも行われた「せんだみつおゲーム」とは?

せんだみつおのギャグ「ナハナハッ」から生まれた、単純だがなぜか盛り上がったゲームを覚えていますか?
かわうそ | 274 view
植田まさし「かりあげクン」がついに40周年!“からあげクン”などとコラボした『カリアゲ40thプロジェクト』が始動!

植田まさし「かりあげクン」がついに40周年!“からあげクン”などとコラボした『カリアゲ40thプロジェクト』が始動!

今年で連載開始から40周年を迎えた国民的ロングセラーコミック『かりあげクン』。巨匠・植田まさし先生が描く元祖サラリーマンキャラクター・かりあげ正太の節目を祝って「カリアゲ40thプロジェクト」が始動します!
隣人速報 | 430 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト