“胸キュン”が止まらない!「ウンナンのホントコ!」人気企画【未来日記】はやらせ?
2019年5月9日 更新

“胸キュン”が止まらない!「ウンナンのホントコ!」人気企画【未来日記】はやらせ?

1998年10月から放送のTBS系バラエティ番組「ウンナンのホントコ!」内の企画「未来日記」は、恋愛をテーマにした「胸キュン」ストーリーが反響を呼びました。多くの感動とヒット曲が誕生した“未来日記”を過去に戻って懐かしんでみましょう。

2,668 view

ディレクターがやらせ演出を認める!?

未来日記は、ウッチャンナンチャンが司会を務めるバラエティ番組「ウンナンのホントコ!」から誕生した、恋愛をテーマにした企画。

「ホントコ!」は1989年10月から2002年3月まで、約2年半続きました。

未来日記の脚本を番組出演者が手がけ、監督をいとうせいこうさんが担当。

スタッフから手渡された日記の通り「初対面の男女」が行動していく中で、本当に恋愛感情が生まれるか?を検証。

それまでの番組にはなかった「斬新な企画」が反響を呼び、特に若い世代に大人気となりました。
 (2103031)

90%が脚本通りのストーリー。

これって「やらせ」を公言しているようなものでしたね。

当時の番組ディレクターも「やらせ企画」と称しているので、ほぼ「フィクションだった」と言うことでしょう!

“やらせ”と気付いていたものの「胸キュン」ストーリーに引き込まれ、出演者に感情移入しながら、「恋の行方」を見守っていましたね。

人気に火がつき、後楽園で未来日記が体験できるイベントが開催されました。
 (2103033)

未来日記の内容


1.未来日記Ⅰ「ラブリング」
◎構成:全3話
◎脚本:いとうせいこう

2.未来日記Ⅱ「どぶねずみ」
◎構成:全4話
◎脚本:東野幸治
◎主題歌:THE BLUE HEARTS「リンダリンダ」

3.未来日記Ⅲ「3人のクリスマス」
◎構成:6話
◎脚本:内村光良
◎主題歌:サザンオールスターズ「TSUNAMI」(オリジナル楽曲)

4.未来日記Ⅳ「恋はミラクル」
◎構成:全4話
◎脚本:原千晶
◎主題歌サザンオールスターズ「TSUNAMI」

5.未来日記Ⅴ「スケッチブック」
◎構成:全8話
◎脚本:南原清隆
◎主題歌:福山雅治「桜坂」(オリジナル楽曲)

6.未来日記Ⅵ「虹になりたい」
◎構成:全5話
◎脚本:いとうせいこう
◎主題歌:TUBE「虹になりたい」(オリジナル楽曲)

7.未来日記Ⅶ「Summer Days」」
◎構成:全8話
◎脚本:優香
◎主題歌:GLAY「とまどい」(オリジナル楽曲)

8.未来日記Ⅷ「choice」
◎構成:全8話(第一部5話・第二部3話)
◎脚本:南原清隆
◎主題歌:松任谷由実「幸せになるために」

9.未来日記Ⅸ「Secret Love」
◎構成:全5話
◎脚本:内村光良
◎主題歌:Noyori/李浩「Secret Love〜秘密的恋情〜」

10.未来日記(映画版)「The Future Diary On The Film」
◎主題歌:GLAY「SPECIAL THANKS」(オリジナル楽曲)

未来日記のルール

脚本を担当した出演者が「オーディション」に立ち会い、未来日記のキャストを選出。

基本的には男性1名、女性1名のストーリーでしたが、脚本によってそれぞれの人数が変わることもありました。

キャストは収録以外に「一切会わない」ルール。

エピソード毎に日記が渡され、そこに記された内容通りに進め、もしも自分の本心と違った内容でも指示通り行動することに。
 (2103047)

収録の前夜に渡される日記には、その回のエピソードの「最初と最後」だけが記されているだけで、途中の展開は伏せられています。

エピソードの初回で出会い、最後に別れることが殆どですが、別れたのちキャスト本人が再会を決める「白紙日記」が手渡され、最終的な判断が委ねられることに。

再会して「ハッピーエンド」で終わることもあれば、会わずに終わる「悲しい結末」もありましたね。

未来日記 スケッチブック その後 前編

キャストたちは本当に素人?

オーディションに選ばれる「キャスト」は、一般人と紹介されていましたが、ビジュアル的に「本当に素人?」と疑ってしまう美男美女ばかりでした。

素人が「テレビカメラ」の前で、ナチュラルな演技ができることも不思議ですよね。
 (2103062)


番組終了から数年たって、衝撃的な事実が発覚!

親友男子2人の間で揺れ動くエピソードが反響だった、未来日記Ⅲ「3人のクリスマス」に出演した女性「ももちゃん」こと青谷桃子さんは、広島東洋カープの外野手:廣瀬純さんと2003年に結婚されていました。

2人の馴れ初めは伏せられていますが、ももちゃんは「素人」ではないなぁ!?
と勘ぐってしまいました。

台湾人女性(イーロン)と日本人男性(よし君)の遠距離恋愛を描いた、未来日記Ⅴ「スケッチブック」では、女性がOLと紹介されていましたが、実はイーロンはモデルだったようです。

スタイル抜群でしたから、素人には見えなかったですよね?

 (2103070)

また、未来日記VIII「choice」で新しい彼の役を演じた、蓮見孝之さんは、2004年TBSに入社されて、現在もアナウンサーとして活躍しています。

未来日記は「TBS系」ですから、キャストに選ばれた理由は「出来レース」かな?

蓮見さん自身、新人アナを紹介する催しで「恋は実りませんでしたが、アナウンサーになる夢は叶いました」と発言して、観客をフリーズさせたとか。

もうネタにしていますね。
23 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト