【SIN THE MOVIE】人気PCゲームがアニメ化!ストーリーや魅力・類似作品まとめ
2020年11月12日 更新

【SIN THE MOVIE】人気PCゲームがアニメ化!ストーリーや魅力・類似作品まとめ

『SIN THE MOVIE』はPC向けのゲームタイトル『sin』を原作としたOVA作品で、アメリカからの輸入コンテンツとなります。今回はそんなOVA作品の『SIN THE MOVIE』を取り上げ、そのストーリーや魅力を振り返っていきたいと思います。類似作品も併せて紹介していきますので、ぜひ記事をご覧になってください。

157 view

『sin』とは?

『sin』

『sin』

発売:1998年
制作:Ritual Entertainment
OS :Windows98
アメリカのゲーム制作企業『Ritual Entertainment』が1998年に発売したFPSに分類されるPC向けコンテンツで、根っからのゲーム好きというユーザーにはお馴染みのタイトルです。

PC向けのゲームだった『sin』がアニメ化!

『SIN THE MOVIE』

『SIN THE MOVIE』

発売時期:2001年
メーカー:フェニックス
      エンターテイメント
話数  :全1話
本編時間:約60分
『sin THE MOVIE』(シン ザ・ムービー)は、PC用ゲーム『sin』を原作としたOVA。2000年にアメリカ、次いで2001年に日本で発売。キャッチコピーは「神は人を創り、人は悪魔を造った」。なお、タイトルは「Sin THE MOVIE」「SIN THE MOVIE」と表記される場合がある。
今回の記事では、こちらのOVA作品について紹介させていただきます。

『SIN THE MOVIE』の本編動画

『SIN THE MOVIE』のストーリー

舞台は、西暦2070年のニューヨーク。街は退廃の一途を辿り、警察も激化していく犯罪を取り締まれなくなっていました。このような状況下、蔓延する犯罪に対抗すべく、新たに設立されたのが私設警察機構ハードコープです。
その私設警察機構ハードコープで優秀な活躍ぶりをみせる警察官ジョン・ブレード。連続で発生している少女誘拐事件の捜査を進めていると、犯人追跡の最中、相棒のアーマックがミュータントに襲われ、その身体はミュータントに侵食されようとしていました。失なわれていく意識の中で、アーマックはブレードに自分もろともミュータントを射殺すよう訴え、この状況下ではアーマックを助けらないと判断したブレードは銃を構え、引き金にかけた指に力を込めるのでした。
アーマックの妹であり、宇宙軍に所属のクリスティーナは、結果的に兄を射殺したブレードに対して憎しみの感情を抱いていました。クリスティーナは事件に巻き込まれた被害者の少女エリスに事情を聞こうとしますが、ショックを受けた彼女から何も聞き出ないでいました。
街に再びミュータントが現れたため、ブレードたちがその対応に向かうと、その隙をついてハードコープ本拠地が別のミュータントからの襲撃を受け、エリスは連れ去られてしまいます。
現場に残されたミュータントの体組織を調査すると、ミュータントは遺伝子操作によって生み出されたものだと判明。その背景には、政府や軍に影響力をもち、生体兵器を開発している企業・シンテック産業が関わっているといった事実も。ブレードとクリスティーナは、エリスを救出するためにシンテック産業の本拠地があるビルに向かうのでした…

『SIN THE MOVIE』の魅力とは?

ジョン・ブレードのキャラクター性

https://www.amazon.co.jp/Sin-The-Movie-DVD-Import/dp/B00004VVOP (2238079)

主人公のジョン・ブレードは過去にマフィアからの襲撃を受け、瀕死の重傷を負ったため、全身をサイボーグと化して生き延びています。そういった事情もあり、常人離れした身体能力をもつ存在です。
性格的には、口数が少なく寡黙。感情を表に出すことは少ないですが、仲間の死には涙を流し、優しい一面を見せることも。外見と内面のギャップこそ、ジョン・ブレードというキャラクターの魅力といえるでしょう。
サイボーグというだけで格好良いのに、内面的にも好感をもてる主人公です。だからこそ、視聴していて惹きつけられてしまうような引力があります。

グロ描写を好むユーザーにはおすすめ

人間の頭や手足が飛び散ったり、人間の頭部をミュータントが踏みつぶしたり、見ていてグロい場面は多いです。グロ描写は好き嫌いが分かれるところだと思いますので、苦手な人は視聴しないほうがいいです。
しかし、好きなユーザーにとって、思わず「うわぁ~」といった声が漏れてしまう『SIN THE MOVIE』の描写は堪らないと思います。

テンポ良く展開されるストーリー

本編時間が約60分ということも大きいのだと思いますが、ムダな場面はなく、物語はテンポ良く進んでいきます。内容的にも充実していて、一般的な映画や劇場アニメと比べてみても見劣りしません。
詰め込んでいるといえばそうなのかもしれませんが、短時間でサッと楽しめるところも『SIN THE MOVIE』の大きな魅力です。
32 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

OVA版【影技-SHADOW SKILL】ファンタジー世界で繰り広げられる格闘ロマン!

OVA版【影技-SHADOW SKILL】ファンタジー世界で繰り広げられる格闘ロマン!

RPGにあるようなファンタジー世界観において、魔法・剣術といったものを否定し、敢えて格闘ロマンといった方向に舵を切った『影技-SHADOW SKILL』。クルダ流交殺法による格好良い技の数々や主人公・ガウの成長が面白いです。今回の記事では、OVA版の作品を中心に魅力を紹介していきたいと思います。
tsukumo2403 | 217 view
【ヘヴィ】名作ボクシング漫画がアニメ化!『あしたのジョー』『はじめの一歩』と比較も!

【ヘヴィ】名作ボクシング漫画がアニメ化!『あしたのジョー』『はじめの一歩』と比較も!

そもそもボクシングを題材としたアニメは希少ですが、その中でも異彩を放つ『ヘヴィ』。原作は、最高のボクシング漫画だと評価しているファンが多いです。今回はOVA版に焦点を当て、ストーリーや魅力を紹介していきたいと思います。『あしたのジョー』『はじめの一歩』といった人気タイトルとの比較もしていきますので、ぜひ記事をご覧になってください。
tsukumo2403 | 201 view
【リヨン伝説フレア】AVメーカーで有名な宇宙企画が制作したアダルトアニメ第一弾!

【リヨン伝説フレア】AVメーカーで有名な宇宙企画が制作したアダルトアニメ第一弾!

1980年代に発売されたアダルトアニメ『リヨン伝説フレア』について、そのストーリーや魅力などを振り返っていきたいと思います。当時のOVA作品には多く見られたグロ描画も凄くて、そういった趣向をもつユーザーには堪らない作品といえるでしょう。本編動画も併せて掲載していますので、ぜひ記事をご覧になってください。
tsukumo2403 | 691 view
OVA版【妖魔】1980年代の忍者もの良作アニメ!ストーリーや魅力・類似作品との比較!

OVA版【妖魔】1980年代の忍者もの良作アニメ!ストーリーや魅力・類似作品との比較!

妖魔との戦いや恋愛要素を描いた忍者ものアニメ『妖魔』。知る人ぞ知る作品ですが、時代に埋もれてしまった良作コンテンツとして取り上げたいと思います。ストーリー・魅力を紹介し、他の忍者ものアニメとの比較もしていきますので、ぜひ記事をご覧になってください。
tsukumo2403 | 265 view
【ブラックマジックM-66】同人出版からアニメ化を実現!魅力や関連商品などもご紹介!

【ブラックマジックM-66】同人出版からアニメ化を実現!魅力や関連商品などもご紹介!

1980年代後半のOVA全盛期。その中で、飛び抜けた個性を放つ作品『ブラックマジックM-66』を取り上げ、主題歌やストーリー・魅力・関連商品など紹介させていただきます。ぜひ記事をご覧になり、時代に埋もれてしまった良作アニメの魅力を知ってください。
tsukumo2403 | 391 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト