松田聖子さんや奥菜恵さんも!演じた役を芸名にした芸能人!
2022年1月21日 更新

松田聖子さんや奥菜恵さんも!演じた役を芸名にした芸能人!

芸能界では時々、演じた役を芸名に改名される方がいますよね。役名を芸名にした芸能人は昔から見てみると意外と多いです。代表的な方々を見ていきましょう。

5,902 view

三國連太郎さん

 (2327020)

個性派俳優として日本映画界を牽引した、日本を代表する俳優・三國連太郎さんも実は役名を芸名にしています。

三國さんは戦後、1950年ごろ闇商売を始めて上京。最初は儲かっていたのですが結果的に失敗し、東銀座を歩いていたところ松竹のプロデューサーにスカウトされました。「大船のスタジオに来てくれないか」という誘いに「電車代と飯代を出してくれるなら行く」と答えたそうです。芸能界に興味があったというより、それだけお金に困っていたのでしょうね。

実はこのスカウトは偶然ではなく、「あなたの推薦するスター募集」という企画に知り合いが写真を送っていたのだとか。

1951年に木下恵介さんの監督映画『善魔』に岡田英次さんの代役として出演し映画デビューしました。この時の役名が三國連太郎で、その後役名に改名しました。

本名は佐藤 政雄(さとう まさお)さんです。

松田聖子さん

 (2327017)

松田聖子さんの本名は蒲池 法子(かまち のりこ)といいます。

松田聖子さんは高校時代から歌手に憧れていていくつかのオーディションを受けていたそうです。ですが、両親が厳しく特に父親に反対されていました。また、学校も厳しく芸能活動ができない環境だったのです。

「ミス・セブンティーンコンテスト」の九州大会で優勝したこともあったのですが、全国大会は辞退しました。ですがその九州大会のビデオを見た事務所の人に、別件でスカウトされました。

半年以上父親に反対されていたのですが、歌手になりたいという信念が強く「3年で芽が出なかったら帰ってくる」という条件でようやく歌手を目指して事務所に入ることになりました。

プロダクションが「新田明子」と「松田聖子」という2つの芸名を用意して、「松田聖子」を選びました。

その後「おだいじに」というドラマに出演することになり、名前を覚えてもらうために「松田聖子」という役で出演しました。

厳密にいうと役名を芸名にしたわけではなく、芸名が役名だったということですね。

早乙女愛さん

 (2327032)

早乙女愛さんの本名は瀬戸口 さとみさん。

中学を卒業した年に『週刊少年マガジン』に連載されていた、梶原一騎さんの漫画 『愛と誠』が映画化されることになりそのオーディションを受け、見事合格して芸能界入りしました。

主演は西城秀樹さん。「タダで東京へ行けて、西城秀樹さんにも会える」という理由でオーディションを受けたのだとか。映画はシリーズされるほどのヒット作となり、西城秀樹さんの相手役ということもあり一気に注目を集めました。

この役名が早乙女愛でそのまま役名にしたのでした。その後2000年に芸能界を引退されています。

浅香唯さん

 (2327023)

浅香唯さんの本名は川崎 亜紀さん(現在は結婚して西川姓)です。

浅香唯さんは1984年に少女コミック主催の「ザ・スカウトオーディション'84」に応募。当時「少女コミック」に連載されていた大山和栄さんの「シューティングスター」のヒロイン、浅香唯賞を受賞。これによって芸名が浅香唯になったのです。

実はご本人は芸能界に興味があった訳ではなく、受賞者に贈られる副賞の赤いラジカセが欲しくて応募したのだとか。それで賞を取ってしまうのですからすごいですよね。

漫画の作者である大山さんは「浅香唯はこの子しかいない!」と思ったそうですよ。

この企画はこれで終わりだったのですが、数々のプロダクションからスカウトが来るようになり、中学卒業後に芸能界デビューしました。

翌年の1986年に「スケバン刑事III 少女忍法帖伝奇」に出演し、大ブレイクしました。

河合美智子さん

 (2327026)

河合美智子さんの本名は鈴木 一栄(すずきかずえ)さん。

1983年に映画「ションベンライダー」に出演し映画デビュー。この時の役名が愛称はブルースなのですが本名が河合美智子だったのです。そしてこの役名を芸名にされました。

ちなみに、この映画で永瀬正敏さんもデビューしていますよ。いつもガキ大将にいじめられている3人の中学生が、暴力団に誘拐されたガキ大将を救出するというストーリー。

「ションベンライダー」では主題歌も担当し、歌手デビューも果たしました。

その後、1996年に連続テレビ小説「ふたりっ子」に出演。この時に演じた役が通天閣の歌姫、オーロラ輝子(叶麗子さん)。

河合さんはオーロラ輝子名義で「夫婦みち」を発売すると85万枚のヒットに。その後、オーロラ輝子名義でも活動することになります。

芸名が2つあり、両方とも役名から来ているというのはかなり珍しいケースですね。

奥菜恵さん

 (2327029)

奥菜恵さんは、1992年に13歳で『パ★テ★オ』で宝田明さんの娘役でドラマデビューしました。芸名は最初から奥菜恵だったのですが、珍しいということでそのまま役名として使われました。松田聖子さんと同じで、役名が芸名になったわけではなく、芸名が役名になったパターンですね。

本名は非公開です。1995年には歌手デビューもされていますが音楽活動は1998年まで。現在も女優として活躍されています。
18 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

とんでもなくカワイイ!90年代アイドルの若い頃の美女っぷり!

とんでもなくカワイイ!90年代アイドルの若い頃の美女っぷり!

女性アイドル好きな方必見!90年代に人気絶頂だった女性アイドルの美女っぷりをご紹介!!宮沢りえや牧瀬里穂、内田有紀、広末涼子らの魅力をとくとご覧あれ!!
1987年の松田聖子ベスト「Snow Garden」が最新技術で蘇る!当時の活動は?

1987年の松田聖子ベスト「Snow Garden」が最新技術で蘇る!当時の活動は?

ソニー・ミュージックダイレクトより、1987年11月にリリースされた松田聖子のベストアルバム「Snow Garden」を最新のデジタル・リマスタリングしたBlu-spec CD2『Snow Garden』が発売されます。
隣人速報 | 407 view
 離婚歴がバツ3以上ある女性芸能人、3回結婚した女性有名人

離婚歴がバツ3以上ある女性芸能人、3回結婚した女性有名人

3回結婚して3回離婚した、バツ3以上の離婚歴がある芸能人。3度目の結婚!「再々婚」している芸能人のお相手や職業。子供の有無を調べてみました。2度あることは3度ある、 三度目の正直でお幸せに!
原田真二の現在!天才と評されたデビューから松田聖子との関係、息子についても!

原田真二の現在!天才と評されたデビューから松田聖子との関係、息子についても!

伝説の天才シンガーソングライターと呼ばれる”原田真二”さんのデビューの頃を知っていますか?1977年10月 18歳で"吉田拓郎"さんプロデュース「てぃーんず ぶるーす」でデビューすると、翌11月に2ndシングル「キャンディ」、12月に3rdシングル「シャドー・ボクサー」と3ヶ月連続でシングルをリリースして、3曲が同時にオリコンベスト20入りするという日本音楽史上初の快挙を達成します。洋楽のロックの世界を目指し「アーティスト」としてデビューしたもののその可愛いルックスに人気が集まります。ミドルエッジ世代は勿論、今の若い世代が聴いても十分に魅了されるであろう”原田真二”さんのデビューから現在までをお届けします。
いろは | 9,493 view
BRUTUSの今号は 「#全世代に捧げる歌謡曲特集」秀樹、明菜…時代を超える 「歌謡曲」300

BRUTUSの今号は 「#全世代に捧げる歌謡曲特集」秀樹、明菜…時代を超える 「歌謡曲」300

株式会社マガジンハウスが発行するカルチャー誌『BRUTUS(ブルータス)』は、3月1日(火)に「全世代に捧げる歌謡曲特集」号を発売。懐かしの歌謡曲が特集されています。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト