映画『ロッキー2』エイドリアン!シリーズ最高作品!
2017年1月26日 更新

映画『ロッキー2』エイドリアン!シリーズ最高作品!

シルベスター・スタローンを一躍、スターダムにのし上げた「ロッキー」の続編。チャンピオンを倒したロッキー。エイドリアンとの結婚や妊娠など私生活にも大きな変化が起きる。前チャンピオンの再三のリターンマッチの挑発にも乗らなかったロッキーを動かしたものは…。

2,562 view

ロッキー2

『ロッキー2』(ロッキーツー、Rocky II)は、1979年のアメリカ映画。ジョン・G・アヴィルドセンが監督を務め、アカデミー賞各部門賞を受賞した『ロッキー』(1976年)の続編。
本作ではアヴィルドセンに代わりスタローンがメガホンを取り、監督・脚本・主演の三役を務めている。

ロッキー2 (字幕版)

出典 youtu.be

スタッフ

監督: シルヴェスター・スタローン
製作: ロバート・チャートフ
アーウィン・ウィンクラー
脚本: シルヴェスター・スタローン
撮影: ビル・バトラー
編集: スタンフォード・C・アレン
ジャニス・ハンプトン
音楽: ビル・コンティ

キャスト

ロッキー・バルボア(シルベスター・スタローン)

ロッキー・バルボア(シルベスター・スタローン)

アポロ・クリードを倒しチャンピオンになるが、その後の生活がなかなかうまくいかない。
アポロにリターンマッチを要求され、戦うことを決意するが。
エイドリアン(タリア・シャイア)

エイドリアン(タリア・シャイア)

ロッキーにプロポーズされ結婚する。誰よりもロッキーの事を心配している。妊娠し、ロッキーの子供を産む。
ミッキー(バージェス・メレディス)

ミッキー(バージェス・メレディス)

ロッキーのトレーナー。ロッキーのリターンマッチを反対していたが、アポロの再三の挑発と侮辱により、ロッキーと共に戦うことを決意する。
ポリー(バート・ヤング)

ポリー(バート・ヤング)

エイドリアンの兄。ゴロツキでどうしようもないが、ロッキーとエイドリアンをこよなく愛している。
アポロ・クリード(カール・ウェザース)

アポロ・クリード(カール・ウェザース)

前チャンピオン。ロッキーにタイトルを奪われたことに納得がいかず、あの手この手を使ってロッキーをリターンマッチに引きずり出そうと目論む。

ストーリー

 (1707896)

タイトルマッチ終了後傷だらけのロッキーは同じく傷だらけの対戦相手、アポロと同じ病院に向かっている。そしてアポロはロッキーにもう一度戦いを挑むが、ロッキーは断わる。
それは、ロッキーは網膜手術をするつもりだった。網膜手術は、盲目になる可能性がある、エイドリアンも心配する。しかし手術は成功する、ロッキーは家へ帰る。
無名だったロッキーだが一躍有名になる。ロッキーを支持する金融エージェントが現れる。
 (1707899)

エイドリアンにプロポーズするのに追い風になる。そしてロッキーはエイドリアンにプロポーズをする、彼女はOKし、小さな結婚式を挙げる。そしてエイドリアンは妊娠する。
 (1707903)

そのころ、タイトルマッチでアポロは名誉が傷ついた、とにかくロッキーを潰そうと考える。そしてロッキーは、再び戦かうことを決める。
しかし、戦うことにより視力が弱る、ロッキーの体を心配するエイドリアンは反対する。ロッキーのトレーナーのミッキーも、ロッキーが再試合をすることに反対だったが、相手がロッキーのことをインタビューで侮辱したことで、火がつき、ロッキーと練習を始める。そのころエイドリアンは過労から、昏睡状態に陥る。
 (1707910)

赤ちゃんがいるエイドリアンをロッキーは心配で、練習にも身が入らず、エイドリアンが治るまでずっと病室を離れない。するとエイドリアンが目をさましロッキーに「勝って」とささやく。
35 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【少林寺木人拳】ジャッキー・チェンが主演した最古の映画を振り返る

【少林寺木人拳】ジャッキー・チェンが主演した最古の映画を振り返る

少林寺木人拳はジャッキー・チェンが主演をした、日本で初めて劇場公開された最古の映画になります。その出来栄えは素晴らしく、ストーリーも重厚で、一撃でジャッキー・チェンのファンになりました(^^)/
つきねこ | 3,598 view
実際の銀行強盗事件を題材に、アル・パチーノが主演した映画『狼たちの午後』

実際の銀行強盗事件を題材に、アル・パチーノが主演した映画『狼たちの午後』

1975年製作のアメリカ映画で、日本では翌1976年に公開された映画『狼たちの午後』。監督はシドニー・ルメット。映画中で実在の銀行強盗犯を演じたアル・パチーノの演技が高く評価されている。実際の銀行強盗事件が題材となっている。
ひで語録 | 1,207 view
山崎豊子原作『不毛地帯』。政財界の汚職事件を辛辣に、そして赤裸々に描いた大作。

山崎豊子原作『不毛地帯』。政財界の汚職事件を辛辣に、そして赤裸々に描いた大作。

公開された1976年には、あのロッキード事件が勃発。その3年後の1979年にはダグラス・グラマン事件が明るみに出て話題になった作品。日本の政財界とアメリカの航空機メーカーとの癒着・贈賄等の汚職を描いた大作をご紹介しましょう。
ナベゲン | 4,241 view
映画【ロッキー】もう一つのエンディングがあったことを知っていますか!?

映画【ロッキー】もう一つのエンディングがあったことを知っていますか!?

シルヴェスタ・スタローンを一躍スターに押し上げた、1970年代の大ヒット映画【ロッキー】。スタローン自身と共通する、貧困の中から成功をつかむという「アメリカンドリーム」を体現したことで話題になり大反響を呼び、アカデミー賞作品賞を受賞しました。あの名シーンと感動をもう一度!!そしてもう一つのエンディングとは!?
【ロッキー】見たらマネしたくなる“トレーニング”シーン10選!

【ロッキー】見たらマネしたくなる“トレーニング”シーン10選!

シルベスター・スタローンの肉体美も見どころの映画『ロッキー』シリーズ。「生卵の一気飲み」「牛肉をサンドバッグ代わりに叩く」等、マッチョじゃないフツーの人でも思わずマネしたくなったロッキーのトレーニング“名物シーン”を振り返ります=3
ヤマダゴロー | 37,362 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト