29歳にして35億円の借金を抱えた…さだまさし監督の映画『長江』
2021年5月27日 更新

29歳にして35億円の借金を抱えた…さだまさし監督の映画『長江』

さだまさしが初監督を務めたドキュメンタリー映画『長江』。1年半もの撮影期間をかけて完成した同作は、配給収入は約5億円とまずまずのヒットを記録したものの、撮影スケジュールの超過などにより制作費がかさみ、結果として、さだは35億円もの借金を背負うこととなってしまいました。 本稿では、そんな映画『長江』がつくられた経緯やその内容、そして、さだが借金をどのように完済していったかについて取り上げました。

7,997 view

35億円の借金を背負ってしまった、さだまさし

35億…。今では、ブルゾンちえみの代名詞となっていますが、かつて、この数字といえば、さだまさしでした。もちろん、地球上にいる男の数云々ではありません。彼がこしらえた借金の総額が35億円だったのです。サラリーマンの生涯賃金が2億円あまりと言われている中で、なんという途方もない金額でしょうか。さだがこれほどの負債を抱えてしまったすべての原因…。それは自身が監督・主演を務めたドキュメンタリー映画『長江』にありました。
さだまさし

さだまさし

今年で65歳を迎えたさだまさし。『長江』撮影時は、まだ20代だった。

祖父、父母が暮らした中国への憧れが、さだを突き動かす

なぜ、さだが長江を題材としたのかというと、彼自身のルーツに関係があります。さだの祖父はもともと中国駐在の諜報員として活動していた人物であり、父と母の出会いも同国において。そのため、さだはかねてより、この家族の思い出が眠る地へ憧れを抱いていたといいます。
かくして1980年、さだの個人事務所『さだ企画』と中国中央電視台(CCTV)との共同制作というかたちをとり、この壮大なるプロジェクトは動き出したのでした。
祖父や父母が暮らした大陸に、さだは昔から強く惹かれていた

祖父や父母が暮らした大陸に、さだは昔から強く惹かれていた

実父たっての希望もあって映画化は実現した

なお、この映画はさだというよりも、さだの父・佐田雅人氏が熱望したために実現したといいます。さだ曰く、雅人氏常には大きいビジョンを持ち、その実現のためには金に糸目はつけない、勝負師気質な人物だったのだとか。その父を映画『長江』における「製作総指揮」という重要なポジションにおいたこともあり、息子・さだの苦難は始まったのです。
『かすていら』さだまさし著

『かすていら』さだまさし著

ハチャメチャな実父につぃて書いた、さだの著書

撮影は難航し、当初の予定を大幅に超過する

長江(揚子江)の最初の一滴を見たい…。そんなコンセプトのもと、ドキュメンタリー映画『長江』の撮影はスタートしました。河口から源流へ向かう中で、さだは周囲の街並み、名所、そしてこの地で生きる人々の姿を丁寧にフィルムへ収めていきます。

当初はテレビ用ビデオカメラを使用しての撮影でしたが、途中から映像の劣化を防ぐために、35ミリ映画フィルムにチェンジ。時には、立ち入り禁止区域である源流地域への撮影を行うべく、中国当局にかけあったりもしたために、撮影スケジュールは当初の予定より大幅に超過(結局、源流地域への立ち入りは叶わなかった)。結果、1980年のはじめから1981年7月にかけて、約1年半もの期間を費やすこととなったのでした。
撮影に立ち会う若き日のさだまさし

撮影に立ち会う若き日のさだまさし

国交もあやしかった当時の中国での撮影は過酷を極めた

全国120の映画館で上映され、配給収入は約5億円のヒットを記録

過酷な撮影の後に完成した『長江』は、市川崑総監修のもと、約148分にも及ぶ大作へと仕上がりました。1981年11月7日から全国120もの映画館で公開され、配給収入は約5億円。ドキュメンタリー映画としては上々のヒットといえるでしょう。
総監修を務めた市川崑

総監修を務めた市川崑

名監督の力も借りて、『長江』はまずまずの結果を残した

製作費の膨張によって、天文学的な借金をこしらえる

しかし、さだのもとには、28億円もの膨大過ぎる借金が残ってしまいました。利息も含めると、総額35億円。理由は、先述したように、撮影スケジュールがあまりにも超過したことや、空撮用に中国軍ヘリをチャーターしたことなどによる、制作費の膨張に他なりません。

しっかりとお金を管理すれば良かったのですが、さだが資金面にノータッチだったこと、実父が予算度外視でバンバンお金をつぎ込んでいったことが、これほどまで負債が大きくなってしまった原因だったようです。
膨大な借金をまえに、さだは途方に暮れたという

膨大な借金をまえに、さだは途方に暮れたという

出典 映画「長江」パンフレットより

年間100回以上のコンサート開催により、借金返済を試みる

しかし、さだはこの壮絶な借金苦を、とてつもないバイタリティで弾き返していきます。もっとも力を入れたのは、コンサートの開催。公演数は、年間にして100回以上。多いときで、162回を記録しています(1982年実績)。
こうした多忙な公演日程をこなすために、体調管理を徹底することはもちろん、喉を傷めぬよう、トークの割合多めの公演スタイルへとシフト。その結果、ステージトークのみを収録したCDが定期的に発売されるほど、話芸が磨かれていったのです。
25 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

アメリカの事件や犯罪を題材にしたドキュメンタリー映画『アメリカン・バイオレンス』衝撃を受ける事間違いなし!!

アメリカの事件や犯罪を題材にしたドキュメンタリー映画『アメリカン・バイオレンス』衝撃を受ける事間違いなし!!

アメリカでは銃を持っているなんて珍しくもありません。20分に1人は殺人を犯していた時代もあるくらい。この映画は、アメリカで起きた様々な事件をまとめています。
星ゾラ | 9,006 view
「氷の微笑」以来のセクシーショット!?シャロン・ストーン(63)が若々しいビキニ姿を披露!!

「氷の微笑」以来のセクシーショット!?シャロン・ストーン(63)が若々しいビキニ姿を披露!!

映画「氷の微笑」などのヒットで知られる女優のシャロン・ストーン(63)が、自身のインスタグラムにて黄色いビキニを着用した写真を投稿、その若々しさ溢れる姿が大きな話題となっています。
隣人速報 | 18,569 view
0課の女、女番長、温泉スッポン芸者…70年代に活躍したセクシー女優・杉本美樹の出演作のサントラが登場!!

0課の女、女番長、温泉スッポン芸者…70年代に活躍したセクシー女優・杉本美樹の出演作のサントラが登場!!

SOLIDより、70年代に東映映画で活躍したセクシー女優・杉本美樹の出演作品の音源を集めたサウンドトラック『0課の女 赤い手錠 [名盤1000円]』の発売が決定しました。
隣人速報 | 3,796 view
80年代初期の佐野元春を収めたドキュメンタリー「Film No Damage」が再上映!40周年記念BOXも発売!

80年代初期の佐野元春を収めたドキュメンタリー「Film No Damage」が再上映!40周年記念BOXも発売!

80年代初期に撮影された佐野元春のドキュメンタリー映画「Film No Damage」が、6月26日(土)より立川シネマシティにて限定再上映されることが決定しました。
隣人速報 | 179 view
【普通の人々】第53回(1981年度)アカデミー賞を振り返る!【ロバート・デ・ニーロ 】

【普通の人々】第53回(1981年度)アカデミー賞を振り返る!【ロバート・デ・ニーロ 】

1981年と言えば、ダイアナ妃がチャールズ王子と結婚した年。初のスペースシャトル、コロンビアが打ち上げされた年でもあった。そんな1981年のアカデミー賞を振り返ってみよう。
もこ | 248 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト