お宝エロ映画・実は若い頃に脱いでいた女優の濡れ場
2021年2月14日 更新

お宝エロ映画・実は若い頃に脱いでいた女優の濡れ場

現在は熟女の女優が若い頃に演じた濡れ場、ヌードを披露した映画を短く解説。 家族に鑑賞バレしても安心な、文芸作品で見るお宝エロ映像。映画の濡れ場や見どころを紹介していく。

11,358 view

蘇える金狼

松田優作と風吹ジュンのハードなラブシーン

平成元年に亡くなった松田優作の代表的な映画作品「蘇える金狼」。
原作は、大藪春彦が1964年に発表したハードボイルド小説。1964年といえば東京オリンピックが開催された年であり、時は高度経済成長期の真っ只中。ハードボイルド小説の全盛期であった。
そして、15年後の1979年に村川透監督が制作した角川映画『蘇える金狼』が公開された。
Amazon | 蘇える金狼 角川映画 THE BEST [Blu-ray] | 映画 (2248087)

蘇える金狼 角川映画 THE BEST [Blu-ray]
松田優作演じる朝倉哲也は、経理課に勤める29歳のサラリーマン。いつか会社を乗っ取ることを夢見て野心に燃えている。
風吹ジュンが演じる永井京子は、東和油脂経理部長小泉の小泉(成田三樹夫)の愛人。

上司の愛人を自身の野望を実現するために麻薬とセックスを使って虜にする。
とにかく悪い人がたくさん出てくる映画だが、濡れ場と女優のヌードに目が話せない。

濡れ場のエロさの度合いは、女優のヌードプラス、ラブシーン、いわゆる「からみ」が、いかにリアルに見えるかで決まるのではないか。「蘇える金狼」の中での松田優作と風吹ジュンのラブシーンは、演技とはいえ、濃厚でリアルだ。
当時20代だった風吹ジュンは、前職がホステスという経歴からの芸能界入りした。1974年に発生した拉致誘拐事件にスキャンダルの暴露が重なった。清純派のイメージから転落していたが、他のアイドルにはない色香が漂っていた。そんな彼女とワイルドな松田優作との背後からの濡れ場シーンは圧巻だ。

松田が社長令嬢と婚約するシーンでは、役の真行寺君枝と松田の妻の美由紀がどことなく似ている妙なリアル感がある。

映画「蘇える金狼」では、バーのマダム役の結城しのぶ・受付嬢役の吉岡ひとみもヌードを披露している。

「鍵 THE KEY」

「鍵 THE KEY」1997年公開の東映映画。
原作は谷崎潤一郎が晩年に発表した小説「鍵」。映画化4度目の作品。

川島なお美は、同年に出演したテレビドラマ「失楽園」で、ヌードとラブシーンを披露している。カラミでは前張りを使用しないなど過激な発言が話題になった。しかし、川島の濡れ場は過激だが、なぜか、あまりエロさを感じなかった。たぶん演技として濡れ場を演じきった女優の川島なお美の姿を垣間見たからだろう。

その後に発表された映画「鍵 THE KEY」は、初老の大学教授(柄本明)と、その妻(川島なお美)の関係が描かれている。前作では、女性の奔放な性を演じていたが、今回のセックスにのめり込んでいく妻の役のほうが川島には合っている。エロに関しては物足りなさを感じるが、これが年寄のエロスなのだろう。過激なシーンは無いが、スケベジジイになったつもりで美しい川島なお美を堪能したい。
Amazon.co.jp: 鍵 THE KEYを観る | Prime Video (2248170)

鍵 THE KEY1時間35分 2005年
川島なお美は、2009年にパティシエの塚俊彦と結婚、2015年にがんため亡くなった。
「鍵 THE KEY」出演当時は、37歳だった。披露したフルヌードは、いたって普通、だが美しかった。

さまよえる脳髄

1993年12月公開の映画「さまよえる脳髄」は、高島礼子の幻の衝撃映画デビュー作と言われている。
映画のストーリーは、医学的知見を題材にしたミステリーであるが、内容は、素人目には医学的に「ああ。そうなんですか~」という感じ、だがベッドシーンには大満足。
まだ無名だった高島礼子は可愛いくて綺麗。当初は秋吉久美子が主役を演じていたが、撮影途中に降板。急遽、高島が主役に抜擢された。

激しい絡みのお宝映像がある伝説的な存在の映画なのだ。濡れ場の相手俳優は、撮影当時は、松田聖子と結婚していた神田正輝。

元ヤンキーでレースクイーンだった高島は、ヌードになりバストトップを披露。その胸元に手を入れる神田だが、借りてきた猫のようというか、そもそも、さわやか系の神田に濡れ場は似合わない。神田正輝に感情移入しながら、高島礼子との激しいセックスシーンを堪能したい。
Amazon.co.jp: さまよえる脳髄を観る | Prime Video (2248105)

さまよえる脳髄 1時間42分 2015年
Amazon Prime Video

1981年版「青春の門」

菅原文太の演技と松坂慶子のヌードが素晴らしい。

五木寛之が1969年から断続的に『週刊現代』に連載した大河小説が、1981年に映画「青春の門」第一作とし公開された。制作は、蔵原惟繕と深作欣二の共同監督。

舞台は昭和の戦争時代の炭鉱、炭鉱事故で母をなくした伊吹信介少年は、義母のタエ (松坂慶子)に育てられている。タエの夫は、伊吹重蔵(菅原文太)、背中に刺青を入た男気のある役を演じている。

映画の中では、布団の中で息子をあやしている松坂慶子の後ろから、菅原文太が抱きつき、強引に服を脱がし、唇を奪う。女は、「子供が起きる」と拒むが、胸をつかまれ愛撫を受けるうち、その気になってくる。欲情した刺青の文太の行為に感じる裸身の慶子。側位による夫婦の営みが実にリアルだ。
Amazon.co.jp: 青春の門を観る | Prime Video (2248189)

青春の門 2時間20分 1981年
松坂慶子は、この映画のあとに多くの深作欣二監督の作品に出演している。
そして、松坂は妻子ある深作監督と不倫関係にあると噂された。もし、男女の関係が本当にあったのであれば、深作監督との性愛が松坂を女として、女優として開花させたのだろう。監督とのあんなことやそんなこと。想像力を刺激する妖艶なラブシーンが見ものだ。

「丑三つの村」

3人の女優のヌードが楽しめる作品。

映画「丑三つの村」は、西村望のノンフィクション小説を原作としたサスペンス映画で、
日活ロマンポルノのエースと言われた田中登監督が手がけた作品。

1983年1月15日に松竹富士の配給により洋画系劇場にて公開されたが、映倫の「全編が非道で残虐的」として、R-18(成人映画)になった。

時は戦前の日本、舞台は岡山の寒村。主人公の秀才青年犬丸継男(古尾谷雅人)が、夜に女性宅に侵入し交合する「夜這い」を経験して、しだいにはまっていく。やがて、青年は結核を患い村八分にされる。そして、思いつめた青年は大量殺人事件をおこす。
Amazon | あの頃映画 the BEST 松竹ブルーレイ・コレクション 丑三つの村 [Blu-ray] | 映画 (2248202)

あの頃映画 the BEST 松竹ブルーレイ・コレクション 丑三つの村 [Blu-ray]
27 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

1990年代以降の映画女優の作品別ヌード:南野陽子・清水美沙・夏川結衣・鈴木砂羽・飯島直子・宮本真希・市川由衣・水野美紀・真木よう子ほか合計36名・37作品

1990年代以降の映画女優の作品別ヌード:南野陽子・清水美沙・夏川結衣・鈴木砂羽・飯島直子・宮本真希・市川由衣・水野美紀・真木よう子ほか合計36名・37作品

90年代以降の映画女優ヌードのまとめ。掲載女優は、宮地真緒・芳賀優里亜・吉高由里子・真木よう子・奥貫薫・宝生舞・笛木優子・遠野なぎこ・細川ふみえ・高島優子・井上晴美・若林志穂・吉本多香美・麻生久美子・南果歩・山本未來・高橋かおり・鈴木保奈美・緒川たまき・広田レオナ・高岡早紀・中村映里子ほか合計36名、37作品の濡れ場・ヌードシーンのまとめです。
ガンモ | 5,601,163 view
80年代の映画女優の作品別ヌード:樋口可南子・浅野温子・田中美佐子・藤谷美和子・黒木瞳・原田貴和子・吉川十和子・萬田久子・高樹沙耶他合計20名・29作品

80年代の映画女優の作品別ヌード:樋口可南子・浅野温子・田中美佐子・藤谷美和子・黒木瞳・原田貴和子・吉川十和子・萬田久子・高樹沙耶他合計20名・29作品

80年代の映画女優ヌードのまとめ。掲載作品:戒厳令の夜(樋口可南子)・スローなブギにしてくれ(浅野温子)・なんとなく、クリスタル(かとうかず子)・夏の別れ(萬田久子)ダイヤモンドは傷つかない(田中美佐子)・海燕ジョーの奇跡(藤谷美和子)・白蛇抄(小柳ルミ子)・化身(黒木瞳)・彼のオートバイ、彼女の島(原田貴和子)・極道の妻たち 三代目姐(吉川十和子)・チンピラ(高樹沙耶)ほか合計29作品
ガンモ | 2,467,941 view
懐かしい!美人女優・お酒のCMに出演している美女たち

懐かしい!美人女優・お酒のCMに出演している美女たち

昭和からバブルを経て平成のはじめ頃に見かけた美人女優が登場するCMをおぼえていますか。お酒のCMに出演していた美女の当時の活動や年齢を調べてみました。そして、懐かしい青春時代や昭和の男のロマンを思い出してみました。
中年男との情事に溺れる田中美佐子のヌードが美しい映画『ダイアモンドは傷つかない』(1982年)

中年男との情事に溺れる田中美佐子のヌードが美しい映画『ダイアモンドは傷つかない』(1982年)

映画『ダイアモンドは傷つかない』。主演は新人・田中美佐子。ヌードシーンはスレンダーな肢体を露わに、山崎努演じる中年男との情事をエロティックに描いた。同作で田中美佐子は第6回日本アカデミー賞(1983年)の新人俳優賞を獲得した。
ひで語録 | 34,059 view
濡れ場の巨乳は必見!飼育女優は小島聖!愛憎映画・完全なる飼育

濡れ場の巨乳は必見!飼育女優は小島聖!愛憎映画・完全なる飼育

小島聖の豊満なヌード姿が惜しげもなく披露される映画「完全なる飼育」。変態・竹中直人と巨乳・小島聖の濃厚な絡みも見所だが、和田勉が監督、脚本を新藤兼人が務めた映画として非常に見応えのある「完全なる飼育」。女子高生と誘拐犯の愛憎劇をご紹介する。
ひで語録 | 281,797 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト