2016年6月6日 更新

90年代、関西で人気があった深夜のお色気バラエティ番組『おとなのえほん』

1980年代~2009年まで続いたサンテレビの土曜深夜枠のバラエティ番組の一つで、1992年10月~1996年9月に放送されていた『おとなのえほん』。規制の緩かった時代からか、この枠の番組の中でも、特に露出度、お色気度が高い番組でした。

72,791 view

『おとなのえほん』とは?!

おとなのえほんは、かつてサンテレビが制作していた深夜番組、お色気バラエティ番組である。放送時期は1980年代後半から1990年代半ばで、番組名は何度かマイナーチェンジしている。

ビデオテープの整理をしていたら出てきました。
関西のお笑い芸人、落語家、AV女優が多数出演し、主にエッチを題材としたコーナーが放送された。また、『もしもしピエロ』など関西のラブホテルチェーンでのロケも多く行われた。

規制の厳しい今では考えられないような内容ですが、当時は23時台というガッツリ深夜でもない時間帯に放送されていました。

司会者は浪速の人気芸人たち

ぼんちおさむ(1992年10月 - 1993年3月)
村上ショージ(1992年10月 - 1994年3月)
ティーアップ(1993年4月 - 1994年9月)
若井小づえ(1994年4月 - 1994年9月)
桂きん枝(1994年10月 - 1996年9月)
桂きん枝

桂きん枝

1994年10月~1996年9月に司会を務めた桂きん枝師匠。やはり一番長くやられていたのでので、一番印象が強いです。
出典 1080.plus

長きに渡りサンテレビの土曜深夜枠はエロバラエティ枠だった!

アダルトビデオの紹介やヌード写真の撮影など女性の体の露出が多い番組内容であることから、女性蔑視であるまたは倫理的な問題があるとのクレームが多いことで知られている。
基本的なコーナーはそのままに、出演者や番組名、放送時間を変える形でリニューアルすることで、1983年から2009年6月の一時枠廃止を経てその半年後に土曜日枠として移行、2013年10月現在に至るまで放送が続けられている。

1989年 深夜帯に流れていたCM
番組一覧
・おとなの子守唄(1stシーズン、1983年10月 - 1986年3月)
・おとこのララバイ(1986年4月 - 1990年3月)
・おとこのララバイ2(1990年4月 - 1990年9月)
・おとなの絵本(1990年10月 - 1991年3月)
・満月テレビ(1991年4月 - 1991年9月)
・週刊おとなの絵本(1991年10月 - 1992年9月)
・おとなのえほん(1992年10月 - 1996年9月。サブタイトルにkansaiPプロジェクト・関西スケベファクトリー・もんもんナスビとうまうまピーチ・EROERO PARADISEなどがある)。
・のりノリ天国(1996年10月 - 2003年3月)
CM前にはのり天GO GO HEAVENと表記。なお、この番組だけは関東には放送されていなかった。
・夜美女(2003年4月 - 2007年3月)
・インリンのM時ですョ!→ドM時デスョ!(2007年4月 - 2008年3月)
・今夜もハッスル(2008年4月 - 2009年6月)

1988年 「おとこのララバイ」より 「不適切」な部分はカット致しました。 しかしこれじゃ何も面白く無いけど・・・

のりノリ天国 - YouTube

菊池直子

「今夜もハッスル」2008.09.06 - YouTube

サンテレビ伝統の土曜深夜枠の大人気お色気番組よりエロエロいいとこ取り

2009年サンテレビの土曜深夜アダルト枠が打ち切り!

2009年06月28日 スポニチ

2009年06月28日 スポニチ

「放送倫理・番組向上機構」(BPO)の青少年委員会からの質問書などを受け27日放送分で打ちきられることになった。同局では「手直しするのは厳しい。放送倫理にも低触していると判断した。」と理由を説明。関西では、1980年代から続いたお色気枠がなくなることにさみしい思いをする少年も多そうだ。
深夜番組「今夜もハッスル」 最終回

深夜番組「今夜もハッスル」 最終回

予告されていた次回企画も放送されませんでした。
深夜番組「今夜もハッスル」 最終回

深夜番組「今夜もハッスル」 最終回

かなりキワドい企画が満載だったため、いつかはこうなるとは思っていましたが、突然すぎる打ち切りでした。

曜日をかえて復活!

土曜枠での反省を踏まえ、更には対策を経て、2009年10月1日より開始の「オナゴコロ」より、アダルトバラエティ枠を金曜深夜に枠移動したうえで復活した。その後、「夜は美女バナ」を経て2010年10月からは「おとなの子守唄」(第2期)制作・放送している。
番組一覧
・オナゴコロ(2009年10月 - 2010年3月)
・夜は美女バナ(2010年4月 - 9月)
・おとなの子守唄(2ndシーズン、2010年10月 - 2013年9月)
・ケンコバのバコバコテレビ(2013年10月 - )

緊張かちこち。興奮汗びっちょり。はじめてだから優しくし・て・ね。今宵、がんばるあなたにイヤシをプレゼント!さぁいろんな具をご覧あれ!笑福亭 鶴光,明日花 キララ,加藤 リナ,北野 リン,春香 ルリを中心に繰り広げられる。未体験新感覚バラエティー!みなさん、応援してくださ~い!!

Like and Subscribe. どうもありがとうございます。 Website: http://bakobako.tv/ 出演者[編集] MC ケンドーコバヤシ 佐々木実季(フリーアナウンサー) 太陽系の旅: https://www.youtube.com/watch?v=6XIsEvi4jy0&list=...
1980年代90年代のようなダイレクトなエロシーンはなくなったものの、地上波ギリギリのエロさで放送されています。根強い男性ファンに支えられている番組枠です。
28 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

20世紀交歓所20世紀しばりのフリマサイト

関連する記事こんな記事も人気です♪

【悲報】ミニスカポリス、ついに解散。

【悲報】ミニスカポリス、ついに解散。

90年代後半の大人気深夜番組のひとつ「出動!ミニスカポリス」。「時にはパンチ!時にはキック!タイホしちゃうぞ!」の決めゼリフが印象的でしたよね。番組終了後も幾多の代替わりが行われ、現行の「新生!ミニスカポリス」は初代から数えて実質18代目。そんな彼女たちが、このたび解散を発表!
隣人速報 | 4,475 view
うわっ懐かし!深夜番組『吉本超合金』の名シーンを特集!テレビ大阪の開局35周年の特別番組内で!

うわっ懐かし!深夜番組『吉本超合金』の名シーンを特集!テレビ大阪の開局35周年の特別番組内で!

テレビ大阪の開局35周年を記念する特別番組「それ、テレビ大阪やろ。春祭り」の夜の部で、深夜番組『吉本超合金』の名シーンを特集する。番組の出演者は司会が陣内智則、他にFUJIWARA、2丁拳銃など。
知的な小ネタが楽しかった深夜の人気番組「カノッサの屈辱」!始まりは”教授”仲谷昇の「やぁ皆さん、私の研究室へようこそ」。

知的な小ネタが楽しかった深夜の人気番組「カノッサの屈辱」!始まりは”教授”仲谷昇の「やぁ皆さん、私の研究室へようこそ」。

教授に扮した仲谷昇の「やぁ皆さん、私の研究室へようこそ」で始まったフジテレビの人気深夜番組「カノッサの屈辱」。知的な小ネタを楽しめる、一風変わった深夜の教育番組でした。日本の消費文化史を歴史上の出来事になぞらえたカノッサの屈辱のユニークな切り口を、講義(テーマ)一覧とともに振り返ります。
青春の握り拳 | 12,154 view
Tバックの進化系?過激なコスチュームTフロントで衝撃を与えた『ピンクサターン』

Tバックの進化系?過激なコスチュームTフロントで衝撃を与えた『ピンクサターン』

飯島愛などによって流行したTバックを超えるTフロントを着用した『ピンクサターン』について紹介。
きちんとチキン | 79,441 view
出演ゲストが赤裸々トークを繰り広げていた深夜のトークバラエティ☆司会はヒロミ「ろみひー」はご存知ですか?

出演ゲストが赤裸々トークを繰り広げていた深夜のトークバラエティ☆司会はヒロミ「ろみひー」はご存知ですか?

1998年4月1日から2003年3月31日まで放送された中京テレビ製作トークバラエティ番組でした。メインパーソナリティにヒロミを迎え、出演ゲストが履歴書形式でこれまでの自分を赤裸々に語るトークが人気でした。惜しくも終わってしまった番組の内容や過去のゲスト出演者を紹介します。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト