【松井康子】別名義・牧和子!ピンク映画の女王として男性ファンを魅了!かつての美貌や豊満ボディーを官能作品とともに振り返る!
2022年8月20日 更新

【松井康子】別名義・牧和子!ピンク映画の女王として男性ファンを魅了!かつての美貌や豊満ボディーを官能作品とともに振り返る!

1960年代から70年代にかけ、ピンク映画の女王として名を馳せた松井康子さん。牧和子さんの名義でも映画出演されていましたね。その美貌や官能シーンで披露した豊満ボディーは多くの男性ファンを画面に釘付けにしました。今回の記事では、そんな松井康子さんにスポットを当てて、その活躍ぶりを振り返っていきたいと思います。

1,241 view

ピンク映画の女王・松井康子さん

本名  :松井康子
別名義 :牧和子
生年月日:1939年10月3日
出生地 :東京都世田谷区
職業  :女優
活動期間:1958年~1979年

松井康子さんの経歴

1939年、東京都世田谷区に生まれた松井康子さん。彼女の母親は華族のご出身で、松井康子さんご自身も名門と名高い私立校・学習院に通い、幼少期から英才教育を受けました。
1958年、学習院大学・文学部に入学。
しかし、その年の秋ごろ、松井康子さんが通院していた歯科医が松竹の嘱託医だった縁もあり、松竹の社長・城戸四郎さんからスカウトされます。その言葉を受け、彼女は大学を中退して松竹に入社しました。
1959年公開の映画『パイナップル部隊』

1959年公開の映画『パイナップル部隊』

こちらの映画で女優デビュー。
当初は大部屋女優で、映画『パイナップル部隊』も端役のご出演でした。
その後も脇役での出演を重ね、彼女は女優としてのキャリアを積み上げていきます。
この時期の出演作品といえば…
1960年公開の映画『江戸の顔役』

1960年公開の映画『江戸の顔役』

1961年公開の映画『背徳のメス』

1961年公開の映画『背徳のメス』

1963年公開の映画『港に消えたあいつ』

1963年公開の映画『港に消えたあいつ』

などの映画が挙げられるでしょうか。
1963年、テレビドラマの出演を機にお知り合いになった若松孝二さん。当時、彼は助監督という立場でしたが、自分が監督になったら出てくれと国英映画への出演を請われます。
同年公開の映画『おいろけ作戦 第一部 プレイガール』

同年公開の映画『おいろけ作戦 第一部 プレイガール』

松井康子さんはこちらのピンク映画に”牧和子”の名義で初出演。
若松孝二さんが監督を務めた作品だったこともあり、彼女は彼との約束を果たしたことになります。
1964年公開の映画『妾』 (2427051)

続いて彼女はこちらのピンク映画にも出演しています。
その美貌と官能シーンで披露した豊満ボディーは男性ファンを大いに魅了しましたね。
当時は五社協定による規制下にあった映画業界。
松竹は他社映画に出演してヒットを飛ばす松井康子さんを問題視し、結果的に彼女は松竹を退社します。
52 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • SPV322 2022/11/18 21:24

    松井康子さんの記事を読ませていただき、ありがとうございました。
    今後も彼女のことをフォローしてください。

    すべてのコメントを見る (1)

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト