濡れ場の神!俳優「津川雅彦」が映画で抱いた女優たち。
2017年1月13日 更新

濡れ場の神!俳優「津川雅彦」が映画で抱いた女優たち。

【烏丸せつ子】映画『マノン』(1981年、東宝)、【墨田ユキ】映画『墨東綺譚』(1992年、ATG)、【吉永小百合】映画『天国の駅 HEAVEN STATION』(1984年、東映)、【秋吉久美子】映画『ひとひらの雪』(1985年、東映)、【三田佳子】映画『別れぬ理由』(1986年、東映)、【南條玲子】映画『別れぬ理由』(1986年、東映)、【七瀬なつみ】映画『桜の樹の下で』(1989年、東映)、【岩下志麻】映画『桜の樹の下で』(1989年、東映)、【かたせ梨乃】映画『東雲楼・女の乱』(1994年、東映)

272,651 view

【烏丸せつ子】映画『マノン』(1981年、東宝)

烏丸 せつこ(からすま せつこ、1955年2月3日)

烏丸 せつこ(からすま せつこ、1955年2月3日)

1979年に6代目(1980年度)クラリオンガールに選出され、芸能界デビュー、デビュー直後にCF、ポスター等でセミヌードを披露する。日本人離れしたプロポーションで、当時のグラビアを席捲した。
『海潮音』に出演し、女優としてのスタートを切る。同時期には五木寛之のベストセラー『四季・奈津子』の主役・奈津子役にも抜擢され、いきなり初主演を果たす。ヌードも辞さない大胆な演技で騒がれた(ファッション史研究の川本恵子は「裸が最高、ファッション不要。肉体そのものが完璧で、それだけで圧倒的に存在感があるから、ファッションなんて必要ない。あのヌード以上に魅力的な衣装なんてない」などと評した)。
歯に衣着せぬ言動も話題を呼び、ラジオDJとしても活躍。『サウンドストリート』では、吉田拓郎、松田優作、泉谷しげる、ビートたけし、浜田省吾ら、自らの好みの男性をゲストに呼んでおり、中でもたけしや浜田との仲は芸能週刊誌で騒がれる事態となった。

(引用:wikipedia)
 (1630197)

監督 東陽一
脚本 東陽一 、 田中晶子

■主なキャスト
みつこ 烏丸せつこ
滝沢 津川雅彦
至 佐藤浩市

フランスの小説家、アベ・プレヴォーの『マノン・レスコー』が原作。脚本は東陽一と田中晶子の共同執筆。監督も東陽一が務め、撮影は川上皓市による。女に翻弄される男たちを描いた作品。  劇団研究生のみつこは吉野という教師と同棲中。アルバイト先の馴染み客・滝沢と一夜を共にしてしまい、吉野と諍いを起こして家を出てしまう。みつこを金づるとしている兄のしのぶは、滝沢に狙いをつける。ある日、滝沢は信州で亡くなった友人の葬式にみつこを誘う。みつこは信州で大学生の至と知り合い、一夜を過ごす。翌日、東京へ帰る滝沢とみつこの後をつけて至が列車に乗り込むのだが…。みつこを巡る男たちの運命やいかに。

(引用:allcinema ONLINE)
映画『マノン』 烏丸せつことの濡れ場。

映画『マノン』 烏丸せつことの濡れ場。

映画「マノン」2013年限定上映 予告 - YouTube

【吉永小百合】映画『天国の駅 HEAVEN STATION』(1984年、東映)

吉永 小百合(よしなが さゆり 1945年3月13日)

吉永 小百合(よしなが さゆり 1945年3月13日)

日本の女優、歌手である。本名、岡田 小百合(おかだ さゆり)。東京都渋谷区代々木西原町(当時)出身。そのファンは、「サユリスト」と呼称される。1960年代を代表する人気映画女優で10年間で70本以上の映画に出演した。吉田正(作曲家)の門下生として、数多くのレコードを世に送り出している。早稲田大学第二文学部西洋史学専修卒業、学位は文学士(早稲田大学)。夫はフジテレビディレクター、共同テレビ社長、会長、取締役相談役を歴任した岡田太郎。

(引用:wikipedia)
映画『天国の駅 HEAVEN STATION』(198...

映画『天国の駅 HEAVEN STATION』(1984年、東映)

監督 出目昌伸
脚本 早坂暁

■主なキャスト
林葉かよ 吉永小百合
田川一雄 西田敏行
橋本浩一 三浦友和
福見康治 津川雅彦

昭和30年春。美人で結城紬の織女の林葉かよは32歳の女盛り。夫は下半身マヒの傷痍軍人。初夜を迎えないままに出征したため嫉妬の塊となって、かよに辛くあたる。巡査の橋本が親切にし、深い仲になる。浮気を見た夫は狂ったように折檻し、かよは夫をパラチオンで毒殺。脳内出血で処理される。かよの世話で東京の大学へ通うようになった橋本は幸子という女を連れ帰る。かよとの噂を打ち消すために、幸子と仮の夫婦になるのだと言い訳をするが、二人は騙されていたことを知り、橋本に手切金を渡す。妙な連帯意識で姉妹と呼び合う二人は錦谷温泉郷にたどり着き、かよは土産物店、幸子は芸者で働く。昔からかよが好きだった知的な障害をもつ雑用係の一雄・ターボも来る。大和閣の主人・福見がかよを大事にし、橋本が金をせびりに来た時、200万円で念書を書かせて帰す。福見には精神病院に入院している妻・辰江がいた。かよに危害がかかるとターボをそそのかし、辰江を殺害させる。二人は雪の中で婚礼を挙げ、全てを話す。幸子も芸者を辞める。手切金を使い果たして再び舞い戻った橋本が許せず、幸子は登山列車からつき落とそうとするが、逆に殺される。復讐のために橋本と会おうとするが許してもらえない。福見もターボが邪魔になり、一度だけ抱かせると連れてきたが、抵抗され、手助けを求めるが、かよは逆に福見を殺す。「神様よりも雪よりもきれいだよ」というターボこそ本当の愛だと知り、二人で逃走。ずっと事件を追ってきた五十沢刑事たちが駅で待ち構えていた。
「何で二人も夫を殺した」と五十沢に聞かれ、「愛がほしかったんだと思います」と答える。
昭和45年6月11日、小菅拘置所で一人の女がこの世に別れを告げ、天国への階段を上っていった。47歳だった。

(引用:wikipedia)
映画『天国の駅 HEAVEN STATION』 吉永小...

映画『天国の駅 HEAVEN STATION』 吉永小百合との濡れ場。

さすがに脱いではいませんが、かなりハードな内容です。

天国の駅(プレビュー) - YouTube

【秋吉久美子】映画『ひとひらの雪』(1985年、東映)

秋吉 久美子(あきよし くみこ 1954年7月29日)

秋吉 久美子(あきよし くみこ 1954年7月29日)

『旅の重さ』の主役オーディションで、高橋洋子についで次点となり、自殺する文学少女に扮して本名で映画初出演。翌1973年、大学受験に失敗し、いわき市で予備校通いをしていたとき、感銘を受けたアングラ演劇、はみだし劇場の劇作家・内田栄一の夫人・内田ゆきに身柄をあずけ上京。同年、斎藤耕一監督の『花心中』に一シーンだけ顔を出したのち、芸名を「秋吉久美子」として松本俊夫監督の『十六歳の戦争』に主演して本格的に映画デビュー。しかしこの作品は難解だという理由で1976年まで公開されなかった。1974年、藤田敏八監督の青春映画『赤ちょうちん』、『妹』、『バージンブルース』(日活)に立て続けに主演し人気が急上昇した。
1979年、青い三角定規のメンバーで作曲家の岩久茂と結婚。男児を産み、およそ2年ほど芸能活動を休止した。復帰後、ソープ嬢を演じた『の・ようなもの』 (1981年)、冷めているが可愛げのあるヒロインに扮した『冒険者カミカゼ -ADVENTURER KAMIKAZE-』 (1981年)を始め、『さらば愛しき大地』 (1982年)、『夜汽車』 (1987年)、『異人たちとの夏』 (1988年)、『誘惑者』 (1989年)、『レッスン』 (1994年)、『深い河』 (1995年)などがある。2004年、『透光の樹』では、深遠な性愛シーンを披露した。

(引用:wikipedia)
映画『ひとひらの雪』(1985年、東映)

映画『ひとひらの雪』(1985年、東映)

渡辺淳一の同名ベストセラー小説を、荒井晴彦が脚色し根岸吉太郎が監督した。  原宿に事務所を持つ建築家の伊織祥一郎は、妻と娘と別居中の身でありながら、秘書の相沢笙子と不倫関係にあった。祥一郎はある日、かつて教え子だった高村霞と再会し、やがて愛し合うようになっていく。だが霞には、年の離れた夫とその連れ子がいたのだった。祥一郎の変化に気づいた笙子は、同じ事務所の宮津と浮気をするが、祥一郎はますます霞におぼれていく。やがて祥一郎と妻との離婚が成立、笙子は宮津と結婚することになった。祥一郎は霞とスペインへ行く約束を交わし空港で待つが、霞は姿を現さなかった。霞の義理の娘であるかおりが祥一郎のもとを訪れ、二人の関係が霞の夫に知られたことを告げた。

(引用:allcinema ONLINE)
映画『ひとひらの雪』 秋吉久美子との濡れ場。

映画『ひとひらの雪』 秋吉久美子との濡れ場。

【三田佳子】映画『別れぬ理由』(1986年、東映)

53 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

関連する記事こんな記事も人気です♪

1990年代以降の映画女優の作品別ヌード:南野陽子・清水美沙・夏川結衣・鈴木砂羽・飯島直子・宮本真希・市川由衣・水野美紀・真木よう子ほか合計36名・37作品

1990年代以降の映画女優の作品別ヌード:南野陽子・清水美沙・夏川結衣・鈴木砂羽・飯島直子・宮本真希・市川由衣・水野美紀・真木よう子ほか合計36名・37作品

90年代以降の映画女優ヌードのまとめ。掲載女優は、宮地真緒・芳賀優里亜・吉高由里子・真木よう子・奥貫薫・宝生舞・笛木優子・遠野なぎこ・細川ふみえ・高島優子・井上晴美・若林志穂・吉本多香美・麻生久美子・南果歩・山本未來・高橋かおり・鈴木保奈美・緒川たまき・広田レオナ・高岡早紀・中村映里子ほか合計36名、37作品の濡れ場・ヌードシーンのまとめです。
ガンモ | 4,543,901 view
鬼才・近田春夫のカルトムービー「星くず兄弟の伝説」がワールドプレミア上映決定!パッケージ版もリリース!!

鬼才・近田春夫のカルトムービー「星くず兄弟の伝説」がワールドプレミア上映決定!パッケージ版もリリース!!

1980年代サブカルチャーを代表する伝説のカルト・ムービー「星くず兄弟の伝説」が、2018年10月5日よりスペインにて開催される第51回シッチェス・カタロニア国際映画祭で正式上映されることが決定しました。
隣人速報 | 408 view
映画『愛しのアイリーン』が大ヒット公開中!原作者・新井英樹からの描き下ろしイラストが到着!

映画『愛しのアイリーン』が大ヒット公開中!原作者・新井英樹からの描き下ろしイラストが到着!

幸せを買った男と、シアワセを夢見たフィリピーナ。二人で歩む、地獄のバージン・ロード――。9月14日より全国公開中の映画『愛しのアイリーン』の原作者・新井英樹から、映画『愛しのアイリーン』描き下ろしイラストが到着しました。
隣人速報 | 465 view
NHK「まんてん」で主演を務めた宮地真緒の映画『夜明けまで離さない』のセル用DVDがR18版で発売決定!!

NHK「まんてん」で主演を務めた宮地真緒の映画『夜明けまで離さない』のセル用DVDがR18版で発売決定!!

10月27日(土)~11月2日(金)まで池袋シネマ・ロサにて公開予定の宮地真緒主演作品『夜明けまで離さない』のDVDが、11月7日にR18版として発売されることが決定しました。
隣人速報 | 2,250 view
【訃報】俳優の菅井きんさん92歳で死去。「必殺仕置人」の姑役、「家なき子」のババア役、「太陽にほえろ!」「砂の器」「功名が辻」など。

【訃報】俳優の菅井きんさん92歳で死去。「必殺仕置人」の姑役、「家なき子」のババア役、「太陽にほえろ!」「砂の器」「功名が辻」など。

俳優、名脇役で知られる菅井きんさんが8月10日に亡くなっていたことが公表された。心不全だった。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト