20年以上続いたテレ東の長寿音楽番組「JAPAN COUNTDOWN」
2022年7月5日 更新

20年以上続いたテレ東の長寿音楽番組「JAPAN COUNTDOWN」

テレビ東京の音楽番組「JAPAN COUNTDOWN」を見ていましたか?カウントダウンがメインですがそれだけでなく、アーティストの素顔が分かるような番組でした。

661 view

「JAPAN COUNTDOWN」の放送時間

「JAPAN COUNTDOWN」は1998年10月に放送スタートし、放送時間を変更しながらも2020年まで放送されました。22年間も放送されていた人気番組ですね。前身は「TOWER COUNTDOWN」という番組で1996年から1998年9月まで放送されていました。

放送開始当初は土曜 23:45 - 翌0:15に放送されていました。2000年からは時間が少し遅くな土曜の深夜0:20 - 0:50に。2003年からはさらに5分遅くなり0:25 - 0:55に放送されていました。ミドルエッジ世代にとっては土曜の深夜の番組というイメージになっていると思いますが、2011年からは日曜の朝に引っ越しし、日曜 9:30 - 9:55に放送されていました。さらに2020年4月から9月の最後の半年間は土曜 10:30 - 11:00になっていました。

朝から音楽番組が放送されていたというのはなんだか違和感がありますが、この世代の人にとってはこれが普通だったんですね。

番組の概要

基本的には売上チャートのカウントダウンの番組ですが、それだけではありませんでした。

まずは最新情報の紹介。その後アルバムのトップ10が紹介され、1位のアーティストの特集。人気アーティストのインタビューをはさみ、シングルトップ10と1位のアーティストの特集と続きます。2000年までのナレーターはアラン Jさん。2004年から番組終了までは鮎貝健さんでした。ナレーションだけで進行していくスタイルもなんだかおしゃれに感じました。

オープニングでは今秋誕生日のアーティストが紹介されたり、音楽ニュースや音楽クイズも入っていて、音楽が好きな人のための番組という感じでした。土曜深夜の間のキャッチフレーズは
「音楽ファンによる、音楽ファンのためのミュージック・プログラム、JAPAN COUNTDOWN」でした。スタッフも音楽好きだったということが分かりますよね。

日曜朝になってからは「音楽シーンの今を伝えるミュージック・プログラム、JAPAN COUNTDOWN」というフレーズに変わりました。

2002年以降は「ROCK IN JAPAN FES.」や「COUNTDOWN JAPAN」の出演者を紹介するコーナーもありました。「COUNTDOWN JAPAN」とは名前が似ていますが、番組とは関係なく、「ROCK IN JAPAN FES.」同様、ロッキンオンジャパンの主催する大晦日に行われるロックフェスです。

ランキングはどうやって作られていた?

タイトルの通り、基本的には売上チャートのカウントダウンです。

カウントダウン番組といえば1993年から放送されていたTBS系列の「カウントダウンTV」が最も有名だと思います。カウントダウンTVのチャートはオリコンのシングルCDランキングにHMV等のCD売上と有線放送(CANSYSTEM)のリクエストデータも加えたオリジナルチャートでした。ですが元がオリコンチャートなのでオリコンチャートに近い、安心感のあるようなランキングでしたね。

対して「JAPAN COUNTDOWN」のチャートはプラネット社の最新データとHMV、TOWER RECORDSなどの外資系CDショップのランキングを加味したもので、カウントダウンTVのランキングとはまた一味違いました。アイドルやお笑い系の楽曲はオリコンチャートよりも下になっていることが多く、真の音楽好きが見るのはこちら、というような感じがしましたね。

2004年頃からは過去のチャートを振り返ったり、1ヶ月のDVD売上チャート、DVDチャートTOP10、資系CDショップや都内大型CDショップのシングルTOP10などが増え、インタビューのコーナーなどは減っていきました。

ちなみに前身の「TOWER COUNTDOWN」の時はタワーレコードの一社提供でした。JAPAN COUNTDOWNになってからはSONYとの二社提供でしたが、2004年以降はSony Music、EMI ミュージック・ジャパン、TOY'S FACTORY、Being GIZAなど複数のレコード会社が提供していました。競合する複数のレコード会社がスポンサーになっている番組は2020年時点でこの番組だけでした。

それだけみんなで協力して作っている音楽番組、という感じがしますよね。

チケットの先行発売やプレゼント企画も!

「JAPAN COUNTDOWN」では『ROCKIN'ON JAPAN』『bridge』『H』『Cut』などの音楽雑誌のプレゼントも毎週行われていました。雑誌のプレゼントも他ではなかなかないですよね。

また、チケットの先行予約のお知らせが放送されることも!見逃せない情報いっぱいの番組でしたね。今ではサブスクなどで簡単に音楽を聴くことができるようになったので音楽番組、特にチャート番組の需要はなくなってしまったのか番組は終了してしまいましたが、深夜に最新の音楽をチェックしていた時代が懐かしいですね。
10 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

『おはスタ』25周年目でリニューアル!歴代のおはガール出身美女を振り返る!

『おはスタ』25周年目でリニューアル!歴代のおはガール出身美女を振り返る!

テレビ東京系で放送中の子供向けバラエティ番組「おはスタ」が放送開始25周年目に突入したのを記念し、10月4日(月)放送分より、全世代が朝から楽しめる番組へとリニューアルされることが明らかとなりました。
隣人速報 | 19,498 view
80年代前半にテレ東で放送された!ロボットアニメ『銀河旋風ブライガー』の可動式フィギュアが登場!!

80年代前半にテレ東で放送された!ロボットアニメ『銀河旋風ブライガー』の可動式フィギュアが登場!!

アート・ストーム(ART STORM)より、1981年から1982年にかけてテレビ東京系列で放送されたロボットアニメ「銀河旋風ブライガー」の可動式フィギュア『POSE+メタルシリーズ 銀河旋風ブライガー』の発売が決定しました。
隣人速報 | 322 view
【たけしの誰でもピカソ】アンジャッシュや山崎まさよしが出演!

【たけしの誰でもピカソ】アンジャッシュや山崎まさよしが出演!

芸術を身近に感じられるバラエティ番組「たけしの誰でもピカソ」 アンジャッシュやおぎやはぎ、山崎まさよしや忌野清志郎など、豪華なゲストが出演していました。12年間の長寿番組でしたので覚えている人も多いと思います。アートバトルやお笑い居酒屋などの名物コーナーや他の出演者は誰なんでしょうか?一緒に見ていきましょう!
ike | 418 view
【レイナ剣狼伝説】マシンロボシリーズの続編にしてレイナを主人公に据えたスピンオフ!

【レイナ剣狼伝説】マシンロボシリーズの続編にしてレイナを主人公に据えたスピンオフ!

ロボットアニメに格闘といった要素を盛り込んだパイオニア的な存在の『マシンロボ』シリーズ。主人公ロムが登場するときの口上も、アニメファンの間では伝説となっています。今回の記事では、その続編として制作されたOVA作品『レイナ剣狼伝説』をフォーカスして、その本編動画やストーリー・魅力などを紹介していきます。
tsukumo2403 | 566 view
重大事件・災害を横目にテレ東が放送していた番組【テレ東の歴代最高視聴率も紹介】

重大事件・災害を横目にテレ東が放送していた番組【テレ東の歴代最高視聴率も紹介】

世の中を騒然とさせている重大な事件や事故、災害が起こってもブレずに通常放送を行うことが多いテレビ東京。それは「テレ東伝説」と呼ばれ、独自路線の番組編成は時代を超えて注目され続けています。
ひで語録 | 5,284 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト