100人に質問し、得られた答えが問題です。関口宏の司会が冴える『クイズ100人に聞きました』
2016年2月9日 更新

100人に質問し、得られた答えが問題です。関口宏の司会が冴える『クイズ100人に聞きました』

お馴染み関口宏の司会で、今ではすっかり見なくなった視聴者参加番組。100人に聞いた答えを問題にして、解答するって、文字にすると何だかわからなくなってしまいますが、見れば単純明快。お茶の間でみんな楽しんだものです。

9,611 view
『クイズ100人に聞きました』の初期のころは、他にも視聴者参加番組が目白押し。
やっぱり、日本人はハワイが大好きで夢のハワイを目指し、この番組に参加したくてハガキを書きまくったものでした。

クイズ100人に聞きました

放映期間:1979年4月2日 - 1992年9月28日
放映日:毎週月曜日19:00 - 19:30(1979年4月 - 1984年9月、1987年10月 - 1992年9月)、19:20 - 20:00(1984年10月 - 1987年9月)。全て日本時間。
 ※1984年10月 - 1987年9月は『JNNニュースコープ』の延長の関係で19:20 - 20:00になっていた)
司会・進行役:関口宏[1](放送期間中は無遅刻無欠勤ですべての回に登場。『家族対抗クイズ合戦』時代から通算して14年半。関口はこの番組を機に俳優から本格的な司会業となる)。
ナレーター:橋本テツヤ(通称「屋根裏のアナウンサー」。関口はこれを「屋根裏の中年男」などと揶揄することもあった)。
調査協力:一般社団法人輿論科学協会
最高視聴率:30.7%(1979年10月22日放送分)

ルール

司会はお馴染みの関口宏。今は、ほとんどない視聴者参加番組である。
1家族5人でチームを組み、2組がクイズで対戦する。
あらかじめ100人にお題を出し、返ってきた回答を当てていく。
最初に2チームの代表で対戦し、回答数の多いものを当てたチームが先行でクイズの解答権を獲得する。3問、間違えると解答権が相手チームに移ってしまう。
もし、相手チームが回答できないと得点が先行チームに戻る。
これで、2人目、3人目と問題を解いていき5人目が終わった時点で得点の多いチームがハワイ旅行をかけたクイズにチャレンジできる。
この動画は芸能人、アスリートが出演していますが、基本的に一般人が参加していました。

2000年12月30日。
トラベルチャンス。5人でハワイにいけるチャンス問題。1問1答、5人の合計点で何人ハワイに行けるかが決まる。120点以上だと5人全員で、59点以下だと誰も行くことができない。(屋根裏のアナウンサー、橋本テツヤのアナウンス参考)
 (1571845)

2000年12月30日。

パネル

『クイズ100人に聞きました』に聞きましたのトレードマーク的存在が、あの回答パネルです。
あの大きなパネルを使うことによって、クイズの趣旨がより理解しやすくなりますね。
 (1571946)

彼の名は

 (1571813)

『クイズ100人に聞きました』のマスコット。彼は百太郎くんといい、なんと!キツネなのです。

オリジナル番組がアメリカで放送されていた

アメリカABCのクイズ番組『Family Feud』(フリーマントルメディア制作、1976年開始、2011年現在も放送中)がベースとなる。

クイズ100人に聞きましたの元ネタ番組 - YouTube

このクイズフォーマットを購入して、「クイズ100人に聞きました」が制作されました。問題を読むときに肘を付く格好も、この番組のスタイルを真似しました。
出典 youtu.be
関口宏も肘をつく

関口宏も肘をつく

これまでのクイズ番組の司会者は司会者席に座っての方式が多かったが、関口は司会者席には座らずタイピンマイクを付けてスタジオを回ったりする方式の司会をしていた(その後のクイズ番組やバラエティー番組にも影響を与える)。一時期、関口が出題中に行うひじを付く姿勢が視聴者からクレームを浴びたが、逆にある視聴者からは司会者にも気楽な姿勢でやっている、別にひじを付いても悪くないという声もあったことから、その後定番としてすっかりお馴染みになった。
30 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

高得点を目指せ!【中森明菜】イントロクイズ

高得点を目指せ!【中森明菜】イントロクイズ

類まれなる歌唱力と、曲ごとに印象をガラッと変える個性的なビジュアルでファンを魅了。 音楽業界の名だたる賞を総ナメした歌姫・中森明菜のヒット曲をアナタはどれだけ覚えていますか?
高得点を目指せ!【ザ・ブルーハーツ】イントロクイズ

高得点を目指せ!【ザ・ブルーハーツ】イントロクイズ

1985年に甲本ヒロトと真島昌利を中心に結成したパンク・ロックバンド『ザ・ブルーハーツ』。 激しいライヴパフォーマンスとメッセージ性の高い歌詞で多くの若者を熱中させたブルハの名曲たちをアナタはどれだけ覚えていますか?
からくりTV「ご長寿早押しクイズ」が年末に14年ぶり復活!相変わらずの珍回答続出に鈴木アナも笑顔!

からくりTV「ご長寿早押しクイズ」が年末に14年ぶり復活!相変わらずの珍回答続出に鈴木アナも笑顔!

1992年から2014年9月まで、日曜日の夜に放送され、人気を博したTBS系バラエティ『さんまのスーパーからくりTV』。その名物コーナーだった「ご長寿早押しクイズ」が年末に14年ぶりに復活することが分かった。名司会の鈴木アナウンサーも登場する。
新年、関口宏の東京フレンドパークが6年ぶりに放送!ホンジャマカと対戦する恒例のハイパーホッケーも復活!

新年、関口宏の東京フレンドパークが6年ぶりに放送!ホンジャマカと対戦する恒例のハイパーホッケーも復活!

テーマパーク型バラエティとして人気を博した『関口宏の東京フレンドパーク』(TBS)。来年1月9日に『関口宏の東京フレンドパーク2017新春ドラマ大集合SP!!』として約6年ぶりに復活することがわかった。
「この木なんの木」のフレーズが印象的なCM 「日立の樹」に莫大な維持費が!草野仁が明かす!!

「この木なんの木」のフレーズが印象的なCM 「日立の樹」に莫大な維持費が!草野仁が明かす!!

クイズ番組「日立 世界ふしぎ発見!」(TBS系)で司会を務める草野仁が、同番組でお馴染みの日立グループのCM「日立の樹」に莫大な維持費がかかっている事を明かした。「日立の樹」は、30年以上も同番組のCMに登場し続けている。
red | 3,242 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト