『Art ALIVE』よりも懐かしい。セガの周辺機器は、もはや発明レベル!
2017年1月24日 更新

『Art ALIVE』よりも懐かしい。セガの周辺機器は、もはや発明レベル!

テレビ画面で"お絵かき"ができるソフト『Art ALIVE』。ありそうで無かった画期的なソフトでしたよね!しかし、もっと前からテレビで"お絵かき"ができた画期的な商品『テレビ おえかき』を、アナタはご存じですか?

1,420 view

1992年3月27日「セガ」からリリースされた

 (1605526)

開発は、セガのアメリカ法人「Sega of America」が行っている本作品。
メガドライブ専用ソフトの「ソニック・スピンボール」や「トージャム&アール」をプレイした事のある人なら、『Art ALIVE』の画面から漂う"メガドライブ的洋ゲー臭"に「やっぱり!」と感じた事でしょう。メガドライブで"お絵かき"ができる必要性があったかはさて置いて(※日本よりは、アメリカの方で需要があったのかも知れません)

それでは『Art ALIVE』を使って"お絵かき"してみます

タイトル画面

タイトル画面

タイトル画面を何回もリピートして見ていると
「男の子」→「女の子」→「犬」→「カモメ」→「カモ」→「ソニック」→「トージャム」→「アール」→「戦闘機」の順番で画面に現れます(※ゲーム内で使用できるアニメーションツールのキャラクター達です)

試しに"メガドライブ本体"を描いてみますね!

アートツールの"ペンシル"で線を描きます

アートツールの"ペンシル"で線を描きます

『方向ボタン』はカーソルの移動に使用します。
『Aボタン』は主にツ-ルのON-OFF(※ペン等)に使用します。
『Bボタン』はツールの決定等に使用します。
『Cボタン』はツールの移動スピード変更に使用します。
『スタートボタン』はキャンパスの切り替えに使用します。
『スタートボタン』でキャンパスに切り替え

『スタートボタン』でキャンパスに切り替え

"ペンシル"は『Aボタン』を一度押すとONになり線を描くことができます。もう一度押すとOFFとなり、ペン先は移動するが線を描けなくなります(※"消しゴム"ツール等もON-OFFは同じです)

『Cボタン』でペン先の移動速度を下げてやると、思ったラインをトレースできます。
次は"バケツ"ツールで塗りつぶします

次は"バケツ"ツールで塗りつぶします

『Art ALIVE』には「筆」「マジック」等、一般的なペイントツールにある部分塗りのツールは存在しません。手軽な"お絵かき"は塗りつぶしだけで十分満足です。
色が着く工程は、見ていて楽しいですよ!

色が着く工程は、見ていて楽しいですよ!

色が着く工程は、耳からも楽しさが伝わってきます。
『ド』『レ』『ミ』『ファ』『ソ』『ラ』『シ』『ド』~塗りつぶしが終わるまで鳴り響きます!
"テキスト"ツールで文字を貼り付けます

"テキスト"ツールで文字を貼り付けます

現在選択している「色」でテキスト(文字)が表示されます。その状態で『Bボタン』を押すと「A~Z」「0~9」の順番で文字が変化します。
『方向ボタン』でテキスト(文字)を移動して『Aボタン』で貼り付けます。
メガドライブといったら『16-BIT』ですね

メガドライブといったら『16-BIT』ですね

テキスト(文字)のサイズは変更できません。文字どうしを重ねることはできます。

『UNDO』は取消です。一番最後に描いた物を取り消すことができます(※一度取り消すと元には戻りません)
"スタンプ"ツールで遊んでみます!

"スタンプ"ツールで遊んでみます!

スタンプツールを選択すると、いろんなキャラクターが表示されます。今回は"ソニック"を選んでみました。
メガドライブの完成です

メガドライブの完成です

ソニック(スタンプ)の色は、パレットの色を変更すると変える事ができます。

ただし、パレットの色が変わると、メガドライブの色も同時に変わってしまいます。
『Art ALIVE』には"レイヤー"という概念が存在しません。描いた絵は、上へ上へ塗り重ねられていきます。
何種類かの"テンプレート"は用意されているので、それを使って"塗り絵"を楽しむのもいいかも知れませんね。
「セーブ」機能はついてないので、電源を切ったら描いた絵が消えてしまうのが残念です。

『Art ALIVE』は、こんなゲーム(ペイントツール)です

[Full GamePlay] Art Alive! [Sega Megadrive/Genesis] - YouTube

¡¡¡Si te gustó, pulsa Like , suscribete, comparte y comenta.!!! Player 1: JackNolddor Longplay Game: Art Alive! Plataforma: Sega Megadrive / Genesis Emulador...

『Art ALIVE』でも、極めるとココまで表現できる。スゴイ!

MEGADRIVE/GENESIS [ArtAlive!] Makingmovie#01 SONIC THE HEDGEHOG - YouTube

ソニックをメガドライブソフト「アートアライブ」でなんとか再現しました。すでにプリセットのスタンプあるのに。ノーカットですが15倍速です。 / Sonic the Hedgehog in SEGA ArtAlive!

MEGADRIVE/GENESIS [ArtAlive!] Makingmovie#04 Magicalgirl MADOKA*MAGICA - YouTube

魔法少女まどか☆マギカの鹿目まどかをメガドライブソフト「アートアライブ」で描いたって 言い張ることにしました。ノーカットですが15倍速です。 / Magicalgirl MADOKA*MAGICA in SEGA ArtAlive!

残念ながら『Art ALIVE』には未対応だった"セガマウス"

31 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

「メガドライブミニ」で世間を沸かせているセガが、なんと“任天堂”と手を組んで過去の名作ゲームを復刻!!

「メガドライブミニ」で世間を沸かせているセガが、なんと“任天堂”と手を組んで過去の名作ゲームを復刻!!

株式会社セガゲームスは、2018年4月14日~15日に開催されたイベント「セガフェス2018」において、名作ゲームを現代に復刻するシリーズ「SEGA AGES(セガエイジス)」をリブートし 、Nintendo Switch™向けに新展開することを発表しました。
隣人速報 | 8,046 view
ソニック誕生から1年"パワーアップ"して帰ってきた『ソニック・ザ・ヘッジホッグ2』はセガの最強キラーソフトです

ソニック誕生から1年"パワーアップ"して帰ってきた『ソニック・ザ・ヘッジホッグ2』はセガの最強キラーソフトです

全世界累計で1,500万本(本体同梱版を含む)以上を出荷した、前作「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」から1年後に発売された『ソニック・ザ・ヘッジホッグ2』は、新たなアクションに"スピンダッシュ"が加わり「遊びやすさ」と「スピード感」を両立させたモンスター級のヒット作品。全世界累計での販売本数は603万本のメガヒットを記録しました。
ソニックシリーズの原点『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』にまつわるお話

ソニックシリーズの原点『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』にまつわるお話

メガドライブで発売されたシリーズ1作目『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』はセガの看板キャラクターとして知らない人がいないくらい有名になりました。当時の記憶をたどり記事をまとめましたので、懐かしいと感じる人もいるかも…セガの意気込みを感じずにはいられません。
復刻も噂される往年の名機・メガドライブがなんと「抱き枕カバー」になって登場!?

復刻も噂される往年の名機・メガドライブがなんと「抱き枕カバー」になって登場!?

現在セガファンの間でにわかに注目を集めている「セガ・ハード・ガールズ」抱き枕カバーシリーズから、第2弾として「メガドライブ」抱き枕カバーの発売が決定しました。発売予定日は2018年6月。
隣人速報 | 1,283 view
一番使いやすかったのは?20世紀を彩った家庭用ゲームマシンのコントローラーを振り返る。

一番使いやすかったのは?20世紀を彩った家庭用ゲームマシンのコントローラーを振り返る。

私たちの多くがお世話になった家庭用ゲーム機。「一日1時間まで!」なんてルールを遵守しつつ、私たちは必死でテレビの画面と戦っていましたね。テレビがあってゲーム機本体があって。そこからコードで繋がれた「コントローラー」を握りしめてゲームに耽ったあの頃。私たちが握りしめていてコントローラー、どんな形状が使いやすかった??

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト