84年の『いいとも』で繰り広げられた、タモリvs小田和正
2017年8月30日 更新

84年の『いいとも』で繰り広げられた、タモリvs小田和正

昔、フォークソング嫌いを公言して憚らなかったタモリ。特にオフコースを名指しで批判していたために、『笑っていいとも!』の「テレフォンショッキング」に、小田和正が来たときは、とんでもなく、険悪なムードになっていました。

6,055 view

音楽について造詣が深いタモリ

ミュージックステーションで、B'zが来ようが、ミスチルが来ようが、海外の大物アーティストが来ようが、一切、ポーカーフェイスを崩さず、ルーティンワークに徹する男・タモリ。しかし、その無関心っぷりは仮の姿。本当はジャズをこよなく愛する、筋金入りの音楽フリークであり、自身もマイルス・デイビスを敬愛してやまないトランペット奏者としての顔を持ち合わせています。
昔のタモリ

昔のタモリ

小沢健二の曲を「生命最大の肯定」と賞賛

ジャズに関してある程度雄弁になるタモリも、J‐popに関して言及することはほとんどと言って良いほどありません。唯一明確に評価した日本人アーティストといえば、小沢健二くらいなものでしょう。

タモリは小沢10枚目のシングル『さよならなんて云えないよ』に出てくる「左へカーブを曲がると光る海が見えてくる 僕は思う! この瞬間は続くと!いつまでも」という歌詞を挙げて、「生命最大の肯定」とまで賞賛しているのです。後にも先にも、タモリがオフィシャルな場でここまで絶賛したのは、オザケンを除いて存在しません。
さよならなんて云えないよ(小沢健二)

さよならなんて云えないよ(小沢健二)

1995年11月8日リリース

大のフォークソング嫌いで有名だった

逆にかつてタモリが毛嫌いしたミュージシャンと言えば、フォークソング系の歌手全般です。「友達なんかいらない」「やる気のある者は去れ」の名言から陰キャラ、ないし暗いものを全肯定する人なのかと思われがちなタモリですが、その思想はそう単純なものでもないらしく、フォークソングを「暗いから嫌い」とバッサリ切り捨てているのです。

そう言ったかと思えば、筑紫哲也との対談で「根が明るいやつは、もうオレは付き合う必要はない」と根明をくさしてみたりと、ちょっとこの人複雑。まぁ、おそらく、オザケンを肯定して、フォークを否定しているあたり、「歌くらいは希望が持てるものを」という思想が、タモリの音楽観を支配しているのでしょう。
プレミアム・ツイン・ベスト 青春のフォークソング・ベス...

プレミアム・ツイン・ベスト 青春のフォークソング・ベストVol.1

タモリ曰く「フォークを聞くやつは女々しい奴だ」とのこと

さだまさし、そして小田和正を名指しで批判

もちろん、音楽の好みが人それぞれである以上、「フォーク」というジャンル全般をタモリが嫌っていたとしても、何ら問題はありません。しかしながら、さだまさし、そして小田和正率いるオフコースを自身のラジオにおいて名指しで批判していたために、良からぬ禍根を生むことになったのです。

普通ならば、タモリが批判的な見解を示した以上、どのテレビ局関係者も小田との共演など考慮にも入れないはず。それどころか、今だったら、タレントクロークですれ違いさえしないよう、入念に互いのスケジュールを練り上げることでしょう。けれども、80年代の遊び心ある『いいとも!』において、そんな不文律がまかり通りことはなく、あえて、タモリと小田の共演という危険すぎるタブーに挑戦したのです。
防人の詩(さだまさし)

防人の詩(さだまさし)

昔、さだまさしを「海が死ぬわけないだろ!」と批判していたタモリ

そして始まった、タモリvs小田和正

決戦の火ぶたが切って落とされたのは、1984年2月13日。かねてより、タモリが自分を悪く言っていることを知っていた小田は、対決姿勢満々で登場。口元にはうっすらと不敵な笑みを浮かべていました。
いいとも共演時の2人

いいとも共演時の2人

対するタモリも一切、ひるむ様子はありません。小田はタモリの2年年下ですが、芸歴は小田のほうが5年先輩。芸能界では年齢関係なく、先に入ったほうが偉いという暗黙のルールなどお構いなしに小田へ真っ向勝負を挑みます。

タモリが「レコードをお出しになった?」と小田の新譜について話を振ると、「きっと気に入らないと思いますけど…」と先制パンチ。それにも臆することなく、タモリがいつものようにフォークがなぜ嫌いかという持論を展開すると、「専門的な話をしてもつまらないから」とまたしても、フックを仕掛けます。これには、タモリもカチンときたのか「バカにしてるんですか」と反論。観客はどこで笑っていいのかわからないといった様子で、困惑気味に乾いた苦笑を響かせており、終始、ピリついたムードがスタジオ全体に漂っていました。

2015年には30年ぶりの和解を果たす

この“戦い”以降、30年以上の長きに渡って、一度も共演することがなかったタモリと小田。しかし、2015年2月8日、歴史的瞬間が訪れます。それは、フジテレビの中村光宏&生野陽子両アナウンサーの結婚披露宴でのこと。たまたま会場に居合わせたタモリと小田が歩み寄って握手を交わし、ついに“和解”を果たしたというのです。『いいとも!』での確執を知る者にとっては何とも感慨深い邂逅。わだかまりもすっかり溶けたのであれば、また、テレビで2人そろってトークをしている姿を見てみたいものです。
(こじへい)
20 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

オフコースと言えば何人組を思い浮かべますか?初期の「3人時代のオフコース」の魅力!!

オフコースと言えば何人組を思い浮かべますか?初期の「3人時代のオフコース」の魅力!!

「さよなら」「言葉にできない」「愛を止めないで」などのヒット曲で有名なオフコース。ミドルエッジ世代の皆さんが彼らを思い出すとき、「5人編成」もしくは「4人編成」の姿を思い浮かべると思いますが、実はデビュー時は3人編成でした。
【週刊 20世紀Walker】Vol.20  第20号記念は!?「手塚治虫」「石森章太郎」「永井豪」「赤塚不二夫」「藤子不二雄」etc「レトロコミック」の世界!

【週刊 20世紀Walker】Vol.20 第20号記念は!?「手塚治虫」「石森章太郎」「永井豪」「赤塚不二夫」「藤子不二雄」etc「レトロコミック」の世界!

ミドルエッジがオススメする昭和の男子女子が泣いて喜ぶフリマサイト「20世紀交歓所」。その中の逸品を所長の「山本圭亮」と編集部アルバイト「富田葵」がナウくキャッチーに紹介するコーナーです!
タモリ唯一の女性スキャンダル「ひとみちゃん事件」とは?

タモリ唯一の女性スキャンダル「ひとみちゃん事件」とは?

料理がうまくて、愛妻家…。そんな良き家庭人的なイメージで語られることの多いタモリ。しかし、過去に一度だけ、不倫疑惑を報じられたことがあります。今回はそんなタモリ唯一のスキャンダル“ひとみちゃん事件”について調べてみました。
こじへい | 7,469 view
オフコース『YES-YES-YES』。コンサートで起こった感動のエピソードとは?

オフコース『YES-YES-YES』。コンサートで起こった感動のエピソードとは?

オフコースの『YES-YES-YES』は、コンサートでメンバーも驚く、ある感動のエピソードがありました!誰が?どんな出来事があったのでしょうか。
モンステラ | 3,503 view
国民的長寿番組【笑っていいとも!】定番コーナーの【テレフォンショッキング】の出演最多ランキング!

国民的長寿番組【笑っていいとも!】定番コーナーの【テレフォンショッキング】の出演最多ランキング!

「笑っていいとも!」はフジテレビ系列で1982年10月~2014年3月までの32年間、毎週月曜から金曜日のお昼に生放送されていました。まさに国民的長寿番組だった番組のなかでも、定番コーナーの「テレフォンショッキング」にゲストとして出演した回数が多かった芸能人をランキングにしてみました。
ローズリー | 16,136 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト