お笑いと音楽をミックスした最高の音楽バラエティ番組『新橋ミュージックホール』
2016年3月3日 更新

お笑いと音楽をミックスした最高の音楽バラエティ番組『新橋ミュージックホール』

ビートたけし、トータス松本、ユースケ・サンタマリアがMCを務める音楽バラエティーです。番組では3人が”ぢ・大黒堂”というユニットを作り、制作に山崎まさよしや小田和正も参加しました。

2,766 view

新橋ミュージックホール

音楽バラエティ番組『新橋ミュージックホール 』

音楽バラエティ番組『新橋ミュージックホール 』

1997年10月1日~1999年3月27日まで放送。

深夜番組枠『ZZZ』で放送されていた音楽バラエティ。

週替わりで色々なゲストを呼んでいたトーク番組。
客が減ったミュージックホールを復興させよう、という設定で様々なゲストを呼んで企画を考えたり、出演者のオーディションをしたりする番組。
新橋にある架空の潰れかけたミュージックホールを舞台に、...

新橋にある架空の潰れかけたミュージックホールを舞台に、立て直そうと新たな出し物を探し求める若社長の松本亀吉(トータス松本)と企画部長の中山裕介(ユースケ・サンタマリア)が、謎の男おっちゃん(ビートたけし)と共に、様々なパフォーマーを発掘していくバラエティ

かつてスペースシャワーTVで放送されていた『夕陽のドラゴン』でコンビを組んでいたユースケとトータス松本にビートたけしを加えたスタイルの番組。
サブメンバーには、番組の途中から加わった蛭子 能収。

サブメンバーには、番組の途中から加わった蛭子 能収。

蛭子さんは、ゲスト紹介時にご本人登場の前にゲストの扮装をして登場し、本物のゲストが出る前の笑いを取る役としてほぼ毎回登場しました。

毎回ゲストが来ていました

当初は音楽番組的な体裁を取り様々なジャンルのミュージシャンを取り上げてきたが、次第にゲストを招いてのトークや若手芸人のオーディションなど、エンターテイメント全般を色々な形で取り上げる様になった。基本的には「ミュージックホール」の舞台に呼べるパフォーマーをゲストに呼ぶスタイルだが、AV男優を呼んでの裏話特集や芸者遊びの仕方などで盛り上がる事もあった。

「こんな夜に」 忌野清志郎、ユウスケ・サンタマリア&つれれこ社中 - YouTube

番組内容 「忌野清志郎が登場。最新シングルの『サンシャイン・ラブ』をはじめ、RCサクセション時代の『トランジスタ・ラジオ』『雨あがりの夜空に』『スローバラード』などを、スタジオライブで披露。画家としての姿にも触れる」
出典 youtu.be
山崎まさよし

山崎まさよし

 「総集編をおくる。これまで放送した映像をユースケ(ユースケ・サンタマリア)のナビゲートで振り返る。サンプラザ中野、野口五郎、三宅裕司など豪華ゲストの出演シーンが続々登場。ぢ大黒堂に曲を提供してくれた山崎まさよしが登場しました」
多彩なゲストが登場してもう何でもあり?!みたいな感じで、爆笑トークと歌のセッションがあり面白かったです。

オーディションコーナー

番組に出演させたいかを○×で判定をしていました。そして色々なジャンルのオーディションを開催していました。
下記の動画は、マジックオーディションです。

ビートたけし ユースケ・サンタマリア トータス松本 新橋ミュージックホール - YouTube

 「『手品』をテーマにおくる。手品部長として新たに手力一郎(Mrマリック)が加入。オーディションには、ミュージシャンでありながらカードを鮮やかな手さばきで操る“カードコントローラー”の佐藤秀光、十一歳ながらアメリカでの舞台経験を持つ西尾まうなど五組が登場。マリックがミカンを使ったマジックを伝授」
出典 youtu.be

今ブレイクしている芸人もこの番組を出ていた時は、まだ若手でした!!

「契約社員募集」ということで若手芸人が続々登場。
ブレイク前のバナナマンや劇団ひとりやダンディ坂野が出演...

ブレイク前のバナナマンや劇団ひとりやダンディ坂野が出演をしていました。

6人(スープレックス 、バナナマン、 アンラッキー後藤 、ラーメンズ 、ダンディ坂野)の芸人がお笑い面接をしました。

ダンディ坂野を全国ネットで取り上げた初めての番組。後のブレイクの数年前だったが「ゲッツ!」等の芸風は確立されており、たけしから好意的に評価されていた。

この写真は、若きバナナマンです。わかりましたか?バナナマンは番組のアシスタントを務めました。

ダンディ坂野 TV初出演 スープレックス 他若い頃の映像 - YouTube

出典 youtu.be
駆け出しの若手芸人だったダンディ坂野は、今じゃあすっか...

駆け出しの若手芸人だったダンディ坂野は、今じゃあすっかり有名です。

あの頃は、番組に出ていた若手芸人がこんなに有名になるとは思っていませんでした。

番組で結成されたバンド『ぢ・大黒堂』

37 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

笑いっぱなしの30分。お茶の間の人気者のタモリさんが司会のバラエティー番組『今夜は最高』

笑いっぱなしの30分。お茶の間の人気者のタモリさんが司会のバラエティー番組『今夜は最高』

コントあり、トークあり、音楽ありの豪華ゲストや出演者が登場した番組です。こんな凄いバラエティー番組はもう二度と作れないでしょう。
星ゾラ | 16,711 view
電気グルーヴの石野卓球がビートたけしの名曲「俺は絶対テクニシャン」をまさかのカバー!!

電気グルーヴの石野卓球がビートたけしの名曲「俺は絶対テクニシャン」をまさかのカバー!!

電気グルーヴとしての活躍が著名なテクノミュージシャン・石野卓球がこのたび、ビートたけし「俺は絶対テクニシャン」をカバーし、自身のYouTubeチャンネル及びsoundcloudにて公開しました。
隣人速報 | 531 view
オフコースと言えば何人組を思い浮かべますか?初期の「3人時代のオフコース」の魅力!!

オフコースと言えば何人組を思い浮かべますか?初期の「3人時代のオフコース」の魅力!!

「さよなら」「言葉にできない」「愛を止めないで」などのヒット曲で有名なオフコース。ミドルエッジ世代の皆さんが彼らを思い出すとき、「5人編成」もしくは「4人編成」の姿を思い浮かべると思いますが、実はデビュー時は3人編成でした。
台風は突然に!?日本列島縦断中の「台風12号」が小田和正に似ていると話題に!!

台風は突然に!?日本列島縦断中の「台風12号」が小田和正に似ていると話題に!!

日本各地に大雨をもたらしている台風12号。例年、日本に襲来する台風とは異なる進路を取っていることでも話題となっています。そんな台風12号ですが、その進路が小田和正の「ラブ・ストーリーは突然に」のジャケットにそっくりだとネットで話題になっています。
隣人速報 | 2,590 view
安室奈美恵が引退!アムラーを生み出したカリスマ歌姫の伝説をまとめてみました!

安室奈美恵が引退!アムラーを生み出したカリスマ歌姫の伝説をまとめてみました!

あの安室奈美恵が、公式HPにて2018年9月16日をもって引退することを電撃発表しました。今年デビュー25周年を迎え、地元・沖縄で凱旋公演を行ったばかりでの今回の発表。日本中が衝撃に包まれています。
隣人速報 | 11,008 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト