OVA版【ヴァンパイヤー戦争】破天荒でハードボイルドな主人公・九鬼鴻三郎がかっこいい!
2021年2月24日 更新

OVA版【ヴァンパイヤー戦争】破天荒でハードボイルドな主人公・九鬼鴻三郎がかっこいい!

現在は”ヴァンパイア”という表記が一般的なので、”ヴァンパイヤー”の表記から懐かしさを感じる『ヴァンパイヤー戦争』。1980年代に発売された長編小説シリーズが1991年にOVAコンテンツとして制作されました。今回の記事では、そんなOVA版の本編動画やストーリー・魅力をご紹介させていただきます。

158 view

『ヴァンパイヤー戦争』とは?

『ヴァンパイヤー戦争』

『ヴァンパイヤー戦争』

作者:笠井潔
分類:SFホラーアクション
出版:角川書店
発売:1982年~1988年
巻数:全11巻
『ヴァンパイヤー戦争』(ヴァンパイヤーウォーズ)は、笠井潔による日本の長編小説シリーズ。1991年1月25日にOVA化されている。

OVA版『ヴァンパイヤー戦争』

原作:笠井潔
制作:東映動画
   東映ビデオ
   プロミス
発売:1991年
巻数:全1話
   →約50分
今回はこちらのOVA版『ヴァンパイヤー戦争』について、その内容を振り返っていきます。

OVA版『ヴァンパイヤー戦争』の本編動画・ストーリー

スパイ機関として有名なロシアのKGB、その養成学校を首席で卒業し、テロリストだった経歴をもつ主人公・九鬼鴻三朗。非合法なミッションをこなす工作員として生計を立てており、仕事以外では自堕落な生活を送っていました。
ある日、謎の暴漢たちから襲撃を受ける鴻三朗。彼が気にかけていた娼婦も騒動に巻き込まれ、その顔には原型を留めないほどの暴力を振るわれてしまいます。激高した鴻三朗は脅威的な戦闘力を発揮し、たちまち暴漢を倒していきますが、麻酔銃による狙撃を受けて意識を失ない、そのまま捕らわれの身になってしまいます。
麻酔が覚めて意識を取り戻すと、鴻三朗は全身を雁字がらめに拘束されていました。鴻三朗の身柄を捕らえてくるように指示を出したのは、フランスの対外治安総局の第二部長ということが明らかになり、鴻三朗に拷問をかけて自らの命令に従わせようとします。
鴻三朗は暴力に屈したふりをして油断を誘い、その隙をついて逃走に成功。しかし、このような目に合わせたフランスの対外治安総局が許せず、報復のため、自ら第二部長の自宅に乗り込んでいきます…
今回の騒動の背後には、太古の昔から受け継がれるヴァンパイヤーの血筋が関わっており、その不死性を巡って各国の諜報機関による熾烈な争いが幕を開けます。こうして鴻三朗は謀略の中に巻き込まれていくのでした…

OVA版『ヴァンパイヤー戦争』の魅力とは?

悲惨な末路を辿る女性キャラクターたち

https://www.irasutoya.com/2016/01/blog-post_503.html (2259729)

物語冒頭では、登場する女性キャラクターが辿る悲惨な末路が衝撃的です。全裸でなぶり殺しにされたマリアンヌ、彼女が受けた苦痛は想像を絶するものがあって、バイオレンスな描写が苦手なユーザーには厳しい場面といえるでしょう。
鴻三朗に好意を寄せていたであろう娼婦も顔面を潰されてしまい、その後は自殺してしまっています。映像・画像としてもインパクトがあって、その手の描写を好むユーザーには堪らない演出といえるかもしれません。
あまりに酷い末路に、ついついストーリーに惹きつけられてしまいます。この後に登場する女性キャラクターの未来も気になってしまい、物語が迎える結末が楽しみになる構成が憎いですね。

豪華な声優陣も見逃せない

主人公の鴻三朗やメインヒロインであるキキも去ることながら、その脇を固める声優陣が豪華なところもOVA版『ヴァンパイヤー戦争』の魅力的な要素です。
吸血鬼一族の頭領であるミルチャの演じているのは、
シャア・アズナブル /『機動戦士ガンダム』

シャア・アズナブル /『機動戦士ガンダム』

こちらのキャラクターでお馴染みの池田秀一さんです。

そして、鴻三朗の親友として登場したムラキを演じているのは、
南斗水鳥拳レイ /『北斗の拳』

南斗水鳥拳レイ /『北斗の拳』

こちらのキャラクターでお馴染みの塩沢兼人さん。

さらにはボーイ役として、
41 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト