消えゆく昭和の映画館『さよなら日劇ラストショウ』と題して限定グラスが発売。有楽町の映画館の歴史にも触れてみます
2018年1月22日 更新

消えゆく昭和の映画館『さよなら日劇ラストショウ』と題して限定グラスが発売。有楽町の映画館の歴史にも触れてみます

約85年の歴史に幕が降ろされる「TOHOシネマズ 日劇」。東京・有楽町を代表する映画館でしたが、今回『さよなら日劇ラストショウ』と題して、限定グッズであるメモリアルグラスが発売されています。本稿では有楽町にある他の映画館にも触れています。

254 view

TOHOシネマズ 日劇『さよなら日劇ラストショウ』と題して、期間限定生産メモリアルグラスを発売

2月4日に閉館する事が決まっているTOHOシネマズ 日劇。
フィナーレイベントとして、Answer,inc. (アンサー株式会社)による『さよなら日劇ラストショウ』のメモリアルグラス企画が行われています。
『さよなら日劇ラストショウ』のメモリアルグラス

『さよなら日劇ラストショウ』のメモリアルグラス

1933年に「日本劇場」として開館し、有楽町センタービルの開業時に1984年「日本劇場」「日劇東宝」「日劇プラザ」の3館の劇場として再度開館しました。
2009年に「TOHOシネマズ 日劇」と館名を変えながら約85年間お客様に愛された劇場が惜しまれつつも、その役目を終える時がやってきました。

有楽町には他にも、1934年開館の「日比谷映画劇場」(現在は跡地でTOHOシネマズシャンテが営業中)や同年開館の「丸の内松竹」(現在の丸の内ピカデリー)、1946年開館の「本邦初のロードショー劇場」(現在の有楽町スバル座)、1987年開館の「シネスイッチ銀座」(元の銀座文化劇場)など実に多くの映画館が立ち並んでいます。

現在は六本木などが開発され、都内にはオシャレなスポットが乱立していますが、かつては”銀ブラがてらの映画鑑賞”が盛んで、より贅沢な雰囲気があったかと思います。そうした街の記憶がまたひとつ消えゆく寂しさを抱えながら時代は移り変わります。
日比谷映画があった東宝本社ビル(2005年3月撮影)

日比谷映画があった東宝本社ビル(2005年3月撮影)

初代スバル座時代の1947年にロードショー上映された『...

初代スバル座時代の1947年にロードショー上映された『ガス燈』(監督ジョージ・キューカー、1944年制作)

今回、その長い歴史とたくさんの思い出をお客様に何らかの形で残したいとの考えでAnswer,inc. (アンサー株式会社)からTOHOシネマズ株式会社に打診したそうです。

日常的に使用も出来、かつ眺めるだけで「日劇」が蘇ってくるようなモノ・・・。そんな日劇の長い歴史にふさわしいグッズを考えた時に同じく、代々江戸時代より長く東京の伝統工芸である江戸切子の職人の方々に協力を仰ぎ、「日劇」の文字をグラスに込めています。

本商品の制作は、硝子加工業として江戸切子、サンドブラスト、硝子の切断、研磨、穴あけ、接着といった特殊な技術を基に様々な硝子製品を展開するガラス加工専門の企画会社「GLASS-LAB」、東京の文化発信地である清澄白河で長年印刷加工、デザインを続ける「今井印刷」が手掛けています。

日本最大級のキャパシティを誇る“日劇1”の場内を、世界レベルの繊細さを誇るサンドブラストの技術を用いてグラスに刻んでいます。

商品ラインナップ

お客様視点でスクリーンを模した「客座銀幕」とスクリーンから客席を模した「銀幕望客」の二種類がご用意されています。
二度と味わう事の出来ない思い出をご自宅でご堪能下さい。
「客座銀幕」

「客座銀幕」

12,800円(消費税込み)
※送料無料
※ドリパスのシステム利用料&決済手数料が含まれた金額となります。
※限定200個。売り切れ次第終了となります。
「銀幕望客」

「銀幕望客」

12,800円(消費税込み)
※送料無料
※ドリパスのシステム利用料&決済手数料が含まれた金額となります。
※限定200個。売り切れ次第終了となります。

発売期間

2018年2月8日(木)23:59まで。

この期間のみしか生産されない完全受注生産で一つ一つ「シリアルナンバー」を刻みます。
開館以来約85年となります“日劇”の思い出を少しでも記憶に残せるように、現在の劇場内をそのまま投影したグラスに仕上がっています。

本商品に関するお問合せ先

Answer,inc. (アンサー株式会社)
担当:伊佐
電話:03-5875-9292 メールアドレス:info@kotae.tokyo FAX:03-3440-0866
WEB:http://kotae.tokyo/
15 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

『りぼんのふろく「カワイイ」のひみつ』コラボカフェが開催決定!「ちびまる子ちゃん」コースターも登場!!

『りぼんのふろく「カワイイ」のひみつ』コラボカフェが開催決定!「ちびまる子ちゃん」コースターも登場!!

集英社の少女まんが誌『りぼん』の「ふろく」にスポットをあてたムック『りぼんのふろく「カワイイ」のひみつ』をフィーチャーしたコラボカフェ「『りぼんのふろく「カワイイ」のひみつ』コラボカフェwith honto」が現在開催中です。
隣人速報 | 979 view
松田優作ファン感涙!「蘇える金狼」「野獣死すべし」とコラボしたファッションアイテムが登場!!

松田優作ファン感涙!「蘇える金狼」「野獣死すべし」とコラボしたファッションアイテムが登場!!

有限会社ハードコアチョコレートは、有限会社OFFICE作とのコラボ商品として、松田優作の主演映画「野獣死すべし」「蘇える金狼」のファッションアイテム全4種を現在発売中です。
隣人速報 | 655 view
《東京・青梅に残る昭和を探しに》昭和レトロ商品博物館 取材レポート

《東京・青梅に残る昭和を探しに》昭和レトロ商品博物館 取材レポート

この記事では、東京の青梅にある昭和レトロ商品博物館の特集記事を書きたいと思います。昭和の懐かしいあのモノこのモノが盛り沢山ですよ~(^^)/
土方アラン | 1,456 view
消えた街角をとらえた『加藤嶺夫写真全集 昭和の東京』第1期完結記念で、川本三郎と泉麻人がトークイベント!

消えた街角をとらえた『加藤嶺夫写真全集 昭和の東京』第1期完結記念で、川本三郎と泉麻人がトークイベント!

写真家・加藤嶺夫さんによる写真全集『昭和の東京』が『5 中央区』をもって完結し、11月25日には『加藤嶺夫写真全集 昭和の東京』第1期5冊BOXセットが発売となる事を記念してのトークイベントが開催される。川本三郎さんと泉麻人さんが登壇する。
昭和の風景が残る街・アメ横で売りと会話、粋を体験するイベント「横丁ワンダー」が本日から開催!

昭和の風景が残る街・アメ横で売りと会話、粋を体験するイベント「横丁ワンダー」が本日から開催!

アメ横プラザ商店街協同組合は、地蔵通り商店街振興組合およびアメ横センタービル協同組合と連携した企画「横丁ワンダー」を本日10月19日から10月29日まで開催している。鰹まつりや横丁宝探しなどが開催される。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト